本部スタッフブログ

GLホームの本部スタッフが綴るブログ

2017年01月22日(日)九星気学で見る2017年あなたの運勢は?(一白水星~四緑木星)

201701-02-01.jpg

   1月も下旬を迎えました。1ヶ月ほど前には年末だクリスマスだと盛り上がり、3週間前にはお正月休みだったはずですが、楽しかった日々はなんだかずっとずっと前のような気がするのは私だけでしょうか(笑)。

   ふと気づけば日暮れが随分遅くなっていますね。クリスマスの頃、東京地方では午後四時半と言えばもうほとんど真っ暗でしたが、今日はまだ太陽が顔を覗かせていました。寒さはまだまだ厳しいですが、大自然は着実に春への歩みを進めているようです。

   さて、今日は恒例の『九星気学で見る2017年の運勢』。
今年はどんな年になりそうかな?

 

あなたの本命星を見つけてください

   九星気学は、生まれ年によって本命星と呼ばれるご自身の星が決まります。この世に生を受けて一番最初に吸った大気の性質を九つの星に例えて表しているのだと師匠から教わりました。以下の表で確認してみてください。市販されている暦などでも、表紙の裏や一番最後などに一覧表が出ています。そちらをご利用頂いても構いません。

※気学では節分で新しい年が始まると考えます。このため、お誕生日が節分よりも前の方は、前年の生まれとなりますのでご注意下さい。 例:平成5年1月20日生まれの方は七赤金星の欄にありますが、節分前ですので平成4年生まれの方と同じ本命星八白土星となります。

   あなたの星は見つかりましたか?それでは各人の今年の運勢、鑑定結果をご紹介して参りましょう。でもごめんなさい。紙面(画面?)の都合上、一度に九つの星全部の運勢をご紹介するのはちょっと厳しいのです。なので今回は一白水星から四緑木星までの方の運勢をご紹介します。五黄土星から九紫火星までの皆さんは、次回にご紹介しますので、ちょっとだけ待っていて下さいね。気学では節分で年が変わると考えます。まだ暫くは丙申の年ですのでご安心ください!

 

一白水星の方

201701-02-02.jpg

   本年は本命星の一白水星が中央に回座し、9年をサイクルとする運気循環のうち、4年間にわたる陽運期の最後の年です。過去の成果の表現期に当たり、人により良い悪いの違いがはっきりと表れてきます。もちろん運期は強いのですが、トラブルが多く、周囲から厳しい批判を受けたり、体調を崩したりという人も出てきます。そのような時は立ち止まり過去を自省してみると良いでしょう。周囲からの視線が集まる(目立つ)環境にあります。これは良いことである反面、目立つからこそ用心すべきこともあります。ピークとは同時に下降への転換点でもあることから、古来『満は損を招く』と言って、魔が差したり隙が生じたりといったリスクに警戒を怠らないよう戒めています。ここ1~2年の陽運期に慣れ、『まだまだ行ける!』、『更に上を目指そう!』などと考えがちですが、運気の強い今のうちに手堅く足元を固め、来年からの衰運期に備えるようにしたいところです。本年は中央にて暴欲の作用を受けます。欲や争いごとに関わるとご自身の運気を大きく損ねます。運気の強い時期だからこそ、気を引き締め自制してお過ごしください。

 

二黒土星の方

201701-02-03.jpg

   本年は本命星の二黒土星が北西に回座し、9年をサイクルとする運気循環のうち、衰運期の1年目です。運期はまだ盛んなように見えますが、徐々に勢いを失ってゆきます。しかしそれは循環の中の一通過点であり、衰運期だからダメということではありません。運気の局面に応じた適切な対処をすることで、より良い環境を求めてゆきます。本年は事業の拡張、自宅や社屋の新築、増改築、工場や店舗の新設、グループや組織の結成など、長年の宿望を実現するべく東奔西走するといったことが出てきます。運気が下降局面に入ってきますので多少の困難を伴いますが、一応の完成を見ることができるでしょう。しかし実利を手にするのは少し先になります。 ここ数年来の陽運気に慣れ、あれもこれもと一人で空回りしたり、慢心から高慢な態度に出てしまったりしやすい時期です。周囲の評判を落とさないように、落ち着いて丁寧な対応を心掛けるようにします。指導者、資本家、上長など目上の方に縁があります。またご自身がそのような立場に就かれる方もあるでしょう。礼節を守り、気配りを怠らず、周囲に悪い印象を与えないように注意してお過ごしください。

 

三碧木星の方

201701-02-04.jpg

   本年は本命星の三碧木星が西に回座し、9年をサイクルとする運気循環のうち、衰運期の2年目です。西の象意は金銭、飲食、遊興であり、全て人の喜びに通じています。秋の田畑に収穫を見るが如く、運気衰沈の段にあって、陽運期の収穫を得る意味があります。本年は運気にこれまでの勢いが無くなりつつあることを実感するようになってきます。ご自身でも気力が落ちてきますから、集中力が続かない、やる気が無いといった状態に陥り易くなり、ついつい享楽的な方に興味が向かいます。適度なレジャーや息抜きは必要ですが、無気力から逃げて遊興に向かうことは避けねばなりません。日々の生活の中でON・OFFのけじめを付けるように意識してください。 金銭の出入りが多く出費が嵩みます。融通が付くのであれば、いずれ必要になるもの、仕事や学業に必要なものを購入するなど有効な使い方を考えるのが賢明です。但し既に衰運期であることを考え、支払能力を超えた過大な投資をしないよう十分に吟味してください。沈滞気分から精神的に不安定になり勝ちです。健全な心の状態を維持できるよう、適切なコントロールを心掛けてください。本年は大歳方となり事象が増幅され強く表出してきます。諸事想定外の事態に発展する可能性がありますので慎重にお過ごし下さい。

 

四緑木星の方

201701-02-05.jpg

   本年は本命星の四緑木製が北東の鬼門に回座し、9年をサイクルとする運気循環のうち、衰運期の3年目です。運気や周囲の状況に変化が現れます。これまで諸事振るわなかった方は、良い方向に変化して順調となることがあります。一方これまで良好だった方は、その安定が揺らぎ変化の兆候が現れて将来に不安を頂いたりする状況が出てきますので注意が必要です。組織の改編、営業内容の刷新、転職、勤務先を退社して独立する、業績の振るわない会社の清算など、ご自身でも改変、改革を求めるようになってきます。また事業の継承や相続問題を考えたり、家屋の売買、後継ぎ、子供に関する問題に接することが出てきます。これ等の事柄に接した際は事態が悪化しないように先手先手を打って慎重に対処してください。焦って熟慮を欠いた行動に出ると後に後悔します。迷った時は二度目(後)の方が良い結果となりそうです。転職、転業、独立、改変、改革などご自身で自ら行動を起こそうとする場合、三月、四月、五月が比較的順調に運び易いでしょう。親族、身内間でのトラブルは極力避け、何事にも冷静かつ柔軟・慎重に対応し、確実に足元を固めるように致しましょう。

 

   今年の運勢、如何でしたか?
   五黄土星~九紫火星の方については、次回のご案内となりますのでちょっとだけお待ちくださいね。
   気学では節分で新たな年が始まりますので、今はまだ丙申の年。今回ご案内の一白~四緑の方の運勢も、節分以降のお話です。ご了解ください。
   では次回もお楽しみに~!

Writed by S

2017年01月10日(火)2017年はどんな年?勝手に占断予測~!

2017年あけましておめでとうございます。
本年もこのコーナーをご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。

201701-01-01.jpg

   少々遅ればせのご挨拶となりました。既に松は落ちていますが、小正月前なのでお許しくださいm(_ _)m。
皆様どんなお正月を過ごされましたでしょうか? 今年はカレンダーの都合上仕事始めが早めで、なんだか年が明けたらあっという間に『お休みおしまい!』だったような気がします。そしてすぐにまた三連休。『だったら繋げてよ~っ!』って思ったのは私だけでしょうか?(笑)。

   さて、今年もこのコーナーの新春恒例、『今年はどんな年になる?』と各人の運勢を順次ご紹介して参ります。中身は占い師の顔を持つ某スタッフの『勝手に占断~!』なのですが、案外当たるので侮れません。当たるも八卦当たらぬも八卦でご参考にしていただければ幸いです。

 

2017年は丁酉=ひのと・とりの年です

201701-01-02.jpg

   【丁酉】読めましたか?(笑)。二文字目の酉は読めますね。とり年のchickです。最初の文字は一丁目の『丁』ですが、これは『ひのと』と読みます。甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸で構成される十干のうちの一つです。『丙午=ひのえうま歳の女子は気が強い』など古くから干支とセットで語られますね。

丁は火の象であり松明=たいまつを表します。研究、美術、学問、福祉、救済などなどの意味がありますので、これらの分野の事柄やそれを仕事としている人たちは、今年話題になる、注目されるなど、光が当たることが考えられます。また丁は夏を意味するところから、今年の夏は暑くなる確率が高そうですね。

   皆さんよくご存じの酉。このトリにも実はちゃんと意味があります。酉はお酒や飲食を象徴します。このことから本年は飲食を伴う会合、イベント、祭事、儀式などに絡んで良い縁を得る象意となります。或いはこのような事柄が何かと話題になることが考えられます。また酉は秋を意味し、これは収穫や熟した収穫物を表すことから、本年は逡巡していた物事の結論が出たり、機が熟す、或いは収穫物(農産物)に関する事柄が話題になるでしょう。

   酉年は飲食や接客に関する分野に関わる人々にとっては、活躍のチャンスを得やすい時期です。また習い事や新たな学習を始めるのにも良い年と言われています。

 

九星では一白水星中宮の年、どんな年になる?

   一白水星は九星の中の一つ。二黒土星、三碧木星、四緑木星etc. 暦に出ていますね。今年は一白水星が九星盤の中央に来る=一白水星の年ですので、今年生まれた赤ちゃんは、本命星一白水星と言うことになります。

201701-01-03.jpg

   本年は一白水星が中宮の年ですので、世の中全体に水気、一白水星の影響が生じると考えます。表面的には次から次へと動きや変化が起こりますが、根本的には水の冷気に依る停滞・収縮の機運に支配されて大きな成果には繋がらないと考えられます。急激に拡大したり注目を浴びることがあっても一時的となりやすく、本格的な拡大、発展に至るにはまだ少し時間が掛かります。『ヨシ!来た来た!』と早合点して本気になると『あれ~???down』と失速してしまった・・・などと言うことが起こりやすいものです。『来た来た!』と本気になる際は、短期間に起きる変化にも対応できる準備をして臨みたいところです。

   このような環境の中で本年は、これまでとは異なる考え方、新しい仕組みや技術、提携やコラボレーション、M&Aなど未来に向けた新たな視点や取り組みが生まれて来ます。それらは本年が始まりであって直ぐに大きな成果に繋がるとは限りません。今後の発展、展開の礎となるものです。

 

201701-01-04.jpg

   人々の生活一般においても、明るい期待や兆しはあるものの、現実にはなかなか停滞感を抜け出せないでしょう。格差が明確になり、困窮する人たちに社会の目が向けられて彼らのための施策が話題となるでしょう。また少子化や結婚を望まない若者たちの問題も話題になり対策が検討されますが、即効性は期待薄です。

   一白水星には『交わる』という意味もあります。外国人の流入など人的文化的にも『集まり・交わる』現象が広く見られ、良い意味での混とんとした状態が予想されます。現代風に言うとグローバル化というのでしょうか・・・(汗)。

 

 

201701-01-05.jpg

   自然現象に関しては過去100年を見渡してもとにかく一白水星の年は水害が多いです。雨だけではなく、豪雪の年もありました。水の気の影響を受けるわけですから、水害が多いことについては『さもありなん』と思いますね。しかし不思議なことに一白水星の年には猛暑、暖冬、異常高温などが水害と共に発生しています。さらに『観測史上初!』といった極端な気象現象の記録が多いのも一白水星の年です。ただでさえ近年激しい気象現象が増加していますから、今年はゲリラ雷雨、集中豪雨、長雨、台風、暖冬、異常高温に注意を払う必要がありそうです。特に本年は十干が丁=ひのとで火の象ですから、高温傾向になることが予想されます。侮らず早め早めに備えと対策を講じるようにしたいものです。

 

201701-01-06.jpg

過去の一白水星の年を振り返ってみると・・・

   1945年第二次世界大戦終戦、1972年沖縄返還、日中国交回復、1990年湾岸戦争勃発、東西ドイツ統一、1999年ユーロ運用開始、2008年リーマンショック、オバマ大統領就任などなど。大きな変化、新しい体制や仕組みの始まりとなった事件が多いですね。今年はすでにトランプ氏の大統領就任というインパクトのある出来事が決定済み。何が起きるかちょっぴり不安もありますが、多分これまでとは異なる新しい何かが始まるのでしょう。良い方向への変化であることを期待したいですね。

   次回は各人の本年の運勢をご案内します。どうぞお楽しみに!

Writed by Y

2016年12月19日(月)ダイエットの味方!米から炊くキヌア入りのお粥

201612-02-00.jpg

   いよいよ今年もあと残すところ十日ほどとなりました。もう11月に入った頃からあれよあれよという間にですね。近年秋が暖かいせいか『涼しくなったと思ったらすぐお正月!』みたいに感じます。皆さんはいかがでしょうか?

   さてこの時期、忘年会やクリスマス会など外でお食事をしたりお酒を飲んだりという機会が多くなりますね。飲み過ぎ食べ過ぎで胃腸が重かったり、体重計に乗って目を疑ったり!ということはありませんか?そんな時にお勧めなのがお粥です。お米から炊いてもほとんど手間は掛からず、上手に作ればお米の食感が残ってとても美味。今日は最近スーパーフードとして話題の雑穀"キヌア”を加えた我が家の定番お粥をご紹介します。

 

キヌアについて

201612-02-02.jpg

   キヌアはコロンビアからボリビアにかけてのアンデス山脈一帯を原産とするヒエの仲間で、現在もペルーやボリビア産のものが多く出回っています。穀物としてはタンパク質の含有量が13~14%と多く、その構成は牛乳に似ているといわれます。またキヌアは他の雑穀類に比べミネラルやビタミンB類、葉酸も多く含み、穀類としては(豆類には適いません!)とても栄養豊かです。また脂質についても含有量は8%前後と多くないものの、そのほとんどが健康増進に役立つといわれるオレイン酸、リノレン酸といった不飽和脂肪酸です。更に食物繊維も7%程度あり、確かにスーパーなフードなのかもしれません。健康に関心の高い人々やモデル、セレブたちがご愛用ということで、近年一躍注目されるようになった穀物です。

   雑穀ですから、私はご飯と一緒に炊いたり、お粥と一緒に炊いたり、またキヌアだけでリゾットを作ったり色々楽しんでいますが、調理するとほんの少しモヤシのような青臭い香りがあります。モヤシや豆苗のような青臭さが苦手な方には不向きかもしれません。

 

キヌア入りのお粥をお米から炊いてみましょう。

201612-02-03.jpg

材料は=お米0.5合、キヌア(洗浄品)20g、水1000cc(最大値)です。

これで二人分、お茶碗だとおよそ4杯分程度になります。

キヌアはサポニンという苦みの強い成分を含んでいるため、水で洗浄しサポニンを落として食用とします(サポニンは水溶性)。現在市販されているキヌアのほとんどは洗浄されそのまま使えるものですが、購入する際には洗浄済か否かを確認した方が良いでしょう。

 

201612-02-04.jpg

1)お米を研ぎます。こんな少量のお米って研ぎにくいですね。そんな時はマグカップに入れてお箸でガ~ッとかき回すと簡単に研ぐことができます。これは祖母から教わった生活の知恵です。

 

 

 

2)お鍋に洗ったお米を入れ、水500ccとキヌアを加えます。全体が均一になるように軽く混ぜ合わせます。ここでお水を全量入れないのは、手早く作るウラ技です。ざっと煮上がった後で更に水を加えて水分調整をしますので、残りのお水は取っておいてください。

201612-02-05.jpg

 

3)鍋を火にかけ、強火で沸騰させます。沸騰したら中火にして2~3分煮ます。蓋をすると吹きこぼれますので、蓋はしないでください。お米が鍋底にくっつかないように途中1~2回箸で軽く混ぜます。

201612-02-06.jpg

 

4)火を弱火にして8~10分煮ます。この時も蓋をしてはいけません。この間、鍋の中を何度も混ぜると粘性のあるお粥になります。サラッとしたお粥を作りたい場合には、一切触らずに煮ることです。弱火にしておけば焦げ付くことはありません

201612-02-070.jpg

 

5)8分程度で一度食べてみてください。このあと水分量の調整をしながらもうひと煮立ちさせますので、お米に芯がなければ『ちょっと硬めかな?』くらいでOKです。芯があるようでしたらもう2~3分そのまま煮ます。お粥は置いておくとすぐに水分を吸って煮飯のようになってしまいます。すぐに食べない場合はこのままにしておき、食べる直前に水分を加えた方が美味しく頂けます

201612-02-08.jpg

 

6)お粥が煮上がったら残り500ccの水で水分量の調整をします。水分量はお好みですので、適宜調整して加えてください。今回私は200cc加えました。お水を加えたら、ひと煮立ちさせて出来上がりです。水ではなく熱湯を加えても良いのですが、私はお米の食感が残っていた方が好きなので、あえてお水を加えて温度を下げ、一旦米を締めます。

201612-02-09.jpg

 

201612-02-101.jpg

   水分を吸ってしまったお粥は、更に水を加えればまたお粥になります。こうしてどんどん薄いお粥になってゆきます(笑)。もちろん水分を吸うほどにお米は柔らかく伸びてしまいますから、何度も水を加えていると五分粥、三分粥になって病人食のようになります。こうなると美味しいというものではなくなりますので注意してくださいね。

   写真でクリンクリンと白いリングのように見えるのがキヌアの胚芽部です。気持ち悪いという人もありますが、私はなんだか可愛くて好きです。特に白くて単調なお粥には可愛いアクセントになるかと・・・これは好みですね。

 

 

お粥はダイエットの強い味方

201612-02-01.jpg

   出来上がったお粥ですが、二人分=お茶碗に約4杯分あります。お腹が空いていても、2杯も食べれば満足できますが、お米の量を考えてみてください。4杯分で0.5合です。通常のご飯なら1合でざっとお茶碗2杯と計算しますから0.5合ならお茶碗1杯分ですね。お粥なら4倍の量に「水増し」できるというわけです。朝晩のご飯をお粥に変えるだけで、おそらくご飯分のカロリーは半減するはず。キヌアを加えてお粥の栄養をちょっぴり強化。『食べ過ぎた!ヤバい~!!』という時は、胃腸だけでなく体重計の数字にもやさしいキヌア入りのお粥で早めのお手当てを!

Writed by Y

 

今年も一年ご愛読頂きありがとうございました。また来年も引き続き身近な暮らしの話題をお届けして参ります。
皆様が素敵な2017年を迎えられますことをスタッフ一同心よりお祈り申し上げます。
ありがとうございました。

スタッフブログ編集グループ一同

2016年12月04日(日)簡単しっとり自家製ハンドクリームのすすめ

201612-01-01.jpg

   12月になりました。2016年も残すところ1ヶ月を切ったわけですが、私は何故かあまり実感がありません。関東地方は11月に記録破りの積雪があったものの、全体的には暖かい日が多く、師走の風の冷たさがまだ感じられないのです。道端には早春に咲くはずのホトケノザやペンペン草、オニタビラコといった花が細々ではありますが咲いていました。今頃咲いて来春にはちゃんと咲けるのかなぁ?と心配になってしまいます。

   近年、異常気象続きで『異常気象』という言葉も普通に聞こえるようになってしまいましたが、これも地球温暖化の影響なのでしょうか?

   本格的な寒さが足踏みしている今のうちに、障子の張替え、ガラス窓のお掃除など、年末に向けた水仕事や外仕事を片付けてしまうと良いかもしれません。もう12月ですものね。今年は暖かくてラッキー!と感謝しましょう(笑)。

   さて、今月の話題は自家製ハンドクリーム。『そんなもの自分で作れるの?』って思いますよね。これが意外に簡単。何より手作りプラス原料が全て見えている安心感は大きいです。さっそくご紹介しましょう。

 

蜜蝋=ミツロウと植物油で作るハンドクリーム

201612-01-02.jpg

   今回は東京郊外で活動されているハーバリストのSyaari さんにハンドクリームの作り方を教えて頂きました。手作りのハンドクリームはちょっとオイルっぽい感じ。でも手に摺り込んでマッサージしていると、すぐに馴染んでしっとりしてきます。お風呂上りにカサつく手足に塗ってマッサージしておくと、翌朝もしっとり。これはもうやめられません。私はこのクリームを作るようになって、市販のハンドクリームを買わなくなりました。

   植物オイルには、ビタミンやミネラル、各種脂肪酸が含まれていて、肌に浸透し、肌を保護する働きをしてくれます。もちろんオイルをそのまま肌に塗り込んでマッサージしても良いのですが、液状のオイルは持ち運びが不便ですし、日常にチョチョッと使うのにはクリームの方が扱いやすいですね。そこでオイルに蜜蝋を加えてクリームを作るのですが、蜜蝋はワックスなので、お肌をラッピングする効果もあって一石二鳥と言うわけです。

 

ハンドクリームを作ってみましょう

201612-01-03.jpg

clover自家製ハンドクリームの材料clover

植物オイル(今回はアボガド)・・・・・・・15ml(大匙1)
蜜蝋(精製 or 未精製)・・・・・・・・・・・・・ 2.0g
焼酎(今回は20度のハーブチンキ) ・・ 2.5ml(小匙1/2)
エッセンシャルオイル(ラベンダー)・・・・4滴

   植物オイルは一般に『キャリアオイル』と呼ばれる天然の植物油です。アボガドオイルの他にもマカデミアナッツ、グレープシード、アーモンド、ひまわり、ホホバなど色々な種類のオイルがあります。ハンドクリームはどれでも作ることができますが、それぞれに成分や色、性質が異なりますので、慣れて来たらお好みのものを選んで下さい。

   蜜蝋はミツバチの巣からとれるワックスです。白い精製タイプと黄色っぽい未精製タイプがあり、未精製タイプは少しプロポリスに似た匂いがあり、クリームの仕上がりも黄色っぽくなります。どちらを使っても大丈夫です。今回は養蜂家から分けてもらったナチュラルのものを使っています。

   焼酎は入れなくても良いのですが、親水性を高めるために使います。或いは使用する焼酎に予めカモミールなどのハーブを漬け込んでおいて(チンキ)、その成分も合わせて利用するという方法があります。今回はSyaari さんお手持ちのセントジョンズワートというハーブを浸け込んだ焼酎を使いました(生地の焼酎は無色透明で写真に写らないので)。

   エッセンシャルオイルとは精油のことです。精油は植物を精製して作られたもので、香料として販売されているアロマオイルとは異なりますので注意してください。精油は香りづけと、植物成分の作用を期待して用います。ラベンダーは清々しい香りだけでなく、肌の炎症を和らげる作用、殺菌作用などを持っていることが古くから知られています。濃度が高くなると肌に刺激となることがありますので、使用量は守るようにしてください。

 

clover自家製ハンドクリームの作り方clover

201612-01-04.jpg

1)蜜蝋を湯せんにして溶かします。蜜蝋はおよそ70℃くらいで溶解します。容器は耐熱性の物なら何でもOKですが、熱伝導の良い金属容器が作りやすいです。写真は百円ショップで売っていたステンレスの計量カップです。

 

 

 

 

201612-01-05.jpg

2)焼酎、植物オイルも同様に湯せんにして三種類の材料が全て同じ温度になるように温めます。三種類の材料を同じ容器に入れて一つのお鍋で湯せんにするのが最も簡単な方法です。

 

 

 

 

3)蜜蝋、焼酎、植物オイルが同じ温度になったら、まずオイルに焼酎を加え、焼酎が細かい粒になって油と馴染むまで湯せんのまま強く混ぜ合わせます。焼酎とオイルが混ざったら、溶けた蜜蝋と合わせ湯せんのまま更によく混ぜ合わせます。溶けた蜜蝋とオイルは良く馴染みます。

201612-01-06.jpg

 

4)全体が良く混ざったらエッセンシャルオイルを滴下し、湯せんから外して強く混ぜ続けます。金属容器では、急に冷たい所に置くと焼酎やエッセンシャルオイルが馴染む前に一気に固化が進んでしまいます。タオルなど少し保温性のあるものの上で混ぜた方が仕上がりが良いです。周辺部から次第に固化してきますので、全体がきれいなクリーム状になるまでひたすら混ぜ続けます。

201612-01-07.jpg

 

201612-01-08.jpg

5)冷めてクリーム状になったら出来上がり。へらなどを使って清潔な容器に移しておきます。写真はナイトクリームの空き瓶に入れたところ。容器がお洒落だとなんだかいい雰囲気ですね。

   自家製のクリームは防腐剤も殺菌剤も入っていませんから、たくさん作り置きせず、少しずつ作っては使い切るのがベターです。作る際も少量なら簡単に作れますし、オイルや精油を変えるなど、色々とバリエーションも楽しめます。

   このクリームは濃厚なタイプなので、少量を取って良く摺り込むのが効果的に使うコツです。このしっとり感!ぜひ皆様もお試しください。

   今日のクリームを教えて下さったSyaari さんのホームページはこちら

2016年11月21日(月)香りの使いこなし術(3)来客をもてなす

201611-02-01.jpg

   11月も下旬となりました。もうクリスマスまで1ヶ月ほど。マスコミでも2016年を総括するような話題やランキングが取り上げられるようになりました。関東地方ではまだ気温が高いせいかあまり実感がありませんが、確実に夜明けは遅く、夕暮れは早くなっていますね。

   年末年始と言えば人が集まる機会が増える時期。クリスマスに自宅でホームパーティーを開いたり、お正月に親戚や親御さんが訪ねて来られたり・・・。お客様を我が家にお迎えする機会も多くなります。そんな時、さりげなく香りでおもてなしできたら素敵だと思いませんか?
   今日は簡単で効果抜群の香りの演出方法をご紹介しましょう。

 

玄関を開けた時に最も感じる『この家の匂い』

201611-02-02.jpg

   インターホンが鳴ってディスプレイに映る友人の顔、懐かしい顔・・・。『は~い!』と玄関に走ってドアを開けると笑顔があふれますね。実はお客様が『この家の匂い』を一番感じるのは、この玄関を開けた時と玄関に入った時。それは人の嗅覚が一つの香りに対して短時間しか感度を維持できないからなのです。香りは最初の一撃が一番大切と心得ましょう。加えて玄関からお部屋へと招き入れられ、何やかやとおしゃべりに花が咲き始めると、意識はそちらに集中され、香りはとっくに棚上げされてしまいます。

   どこのお宅にも『この家の匂い』があります。お料理、タバコ、ペット、芳香剤、家人の使う香水、洗剤、体臭に至るまで、その家の中で発生する様々な香りが混ざり合い、その家独自の香りを醸し出ています。しかし多くの場合その家の住人はこの『匂い』に気づいていません。それは恐らく日常的な環境であるが故に改めて意識を向けることがなくなっているからでしょう。一方訪ねて来たゲストは、屋外とは違う日常嗅いだことの無い『その家の匂い』を感知しやすいのです。

 

玄関で良い香りを嗅ぐと気分もup

   人は無意識に五感を働かせて、常に自分の身に危険が及ばないか周囲の環境をチェックしています。嗅覚もそのチェック器官の一つです。訪ねた家の玄関で『良い匂い!』を感じると、『どんな所なんだろう?』という緊張感が和らぎ、心はリラックス方向に動きます。脳が『良い匂い→良いもの→危険ではない』と判断するのでしょうね。逆にここで嫌いな匂いを感じると、緊張や警戒が強まりWelcomeとしては逆効果になってしまいます。

香りのおもてなしポイント➀ 玄関にアロマを配置する。

201611-02-03.jpg

   この場合の香りは強すぎると悪印象となり逆効果です。控えめに風が動くとふんわり香る程度がお勧めです。アイテムはゲストの到着スケジュールによってチョイスします。集合時間が決まっている場合には、お香が便利です。到着予定時間にちょうど燃え尽きる程度のタイミングで焚いておくと、玄関を開けた時にふんわりと良い塩梅にゲストの鼻に届きます。

   お正月のように集合時間が決まっておらず、随時ゲストが訪れる場合は、液体香料を紙やラタンなどで蒸発させるリードディフューザ―などがベターです。これなら1日中香りが持続しますので、手がかからず効果的です。このような製品は開栓直後は香りが強いですから、2~3日前に開栓し、香りが落ち着いてから玄関に置くと良いでしょう。またユリなどの香りを楽しめるお花をさりげなく飾っておくのもいいですね。香りと共に住む人のセンスの良さをゲストにアピールしてくれます。

 

食事や盛り上がっている時に香りはNG

201611-02-04.jpg

   エントランスでのご挨拶が終わりゲストをお部屋にご案内。テーブルセッティングやお食事の用意が整っていますね。『お客様をおもてなしする香り』と考えると、ついついメイン会場のリビングやダイニングにアロマを・・・などと考えてしまうのですが、これはNGです。お食事の時は食品以外の香りは無いのがベスト。『美味しさ』に香りは不可欠ですから、それをアロマで邪魔するなどもってのほかです。ワインや日本酒などの微妙な香りを堪能するには、嗅覚をニュートラルにしておく必要がありますね。

   少しお酒も入って歓談が盛り上がり、しばし楽しいひと時。こんな時も香りはNGです。香りを立てても誰も気づいてはくれませんし、また香りに注意を向けさせることで、せっかくの楽しい歓談の輪から気を反らせてしまうことになるからです。ここは少々お酒の匂いが気になっても、一気に盛り上がって楽しんでしまった方が良いですね。

香りのおもてなしポイント② メイン会場には原則香りはなし

   どうしてもメイン会場で香りを伝えたい時は、ゲストの到着に前後して燃え尽きるように香を焚きます。香ならではの持続性の無さを上手に利用する方法です。ただし、テーブルの上にあらかじめお料理が並んでいるようなセッティングならやはり香りはNG。お料理と香りは重ならないように注意してください。

香りのおもてなしポイント③ 食べ物と香りは重複させない

 

メイン会場を離れた時にさりげない香りの演出を

201611-02-05.jpg

   『ちょっとトイレに~』と部屋を出てゆく。賑やかなリビングから静かな廊下に出てふと深呼吸。そんなときに爽やかな柑橘系やハーバル系の香りが届くととても気持ちの良いもの。コンセントに直接取り付ける小さなアロマランプや、カードにエッセンシャルオイルを染み込ませたものをドアノブに掛けておくなどして、ほのかな香りが放散されるようにすると良いですね。

   そして必ずゲストが利用するサニタリースペース。ここもできれば柑橘系かハーバル系の香りで演出するのがベターです。満腹だったり、お酒に酔っていたり、あるいは熱気や歓談で上気していたりすると、甘い香りは鼻について気分が悪くなることがあります。また人によって好き嫌いがはっきりしていますね。その点柑橘系やハーバル系の香りは『大嫌い!』という人が少なく、多くの人がリフレッシュを感じる香りですから、歓談のインターバルにはもって来いというわけです。

香りのおもてなしポイント④ 廊下やサニタリーには持続的な柑橘系の香り

 

この家はなんだかいい匂いがする!

201611-02-06.jpg

   ゲストがそんな風に感じて下されば作戦成功!。良い香りは必ず良い印象を形成しますので、ひいてはホストの印象もupupup間違いなしです。   
   このような香りの配置では、ゲストが実際に香りを感じている時間は非常に短いはず。しかしなぜか『この家はいい匂いがする』という印象を持って頂けるようです。メイン会場に香りは無いのに不思議ですね(笑)。私の経験ではその場で口に出して言ってくれる人は少ないですが、後になって知らされることが多いです。

 

   パーティーシーズンが近づいてきたので、今回は実践的な香りの使い方をご紹介しました。本当は香りアイテムそれぞれの特徴や使い方を先にご紹介したかったのですが、順番が前後してしまい申し訳ありません。また追々ご紹介してまいりますので、どうぞお楽しみに!

   素敵なパーティーシーズンをお過ごしくださいね。

Writed by Y

2016年11月06日(日)おうちで干し芋を作ってみました

201611-01-01.jpg

   11月になりました。気温の高い日が多かった関東地方も、さすがに朝晩は暖房器具にスイッチON。そろそろ冬のコートを出そうかしら?と思案する今日この頃です。北日本は早くも大雪。暦の上では7日が立冬ですから、そろそろ冬支度の時期ですね。

   実りの秋は美味しいものがたくさん!栗、柿、りんご、みかん、ジャガイモ、サツマイモetc. 栄養たっぷりで『天高く馬肥える~』の原因になりそう(汗)ですが、旬の恵みはやはり美味しく頂きたいものですね。
そして今日の話題は『干し芋』。実は私、子供の頃から大好物なのですが、最近食べていないなぁ~と。そこでお家で作っちゃいました~!というお話です。

 

懐かしい味『干し芋』

201611-01-02.jpg

   今の若い世代の方はあまりご存知ないのでしょうか。私が子供の頃は、ストーブの上で焼いてよくおやつに食べていました。熱々で甘くて、焼き芋みたいな良い匂いがして、歯にくっつく独特のねっとり感。見た目の地味さからは想像もできない美味しさです。しかし時代は変わって干し芋を焼けるようなストーブは姿を消し、スーパーの干し芋の多くはMade in Cina。いつしかあの懐かしい味から遠ざかってしまいました。先日とても大きな焼き芋をゲット。あまりのビッグサイズに半分残して『さて、どうしようかな?』。ふとその時、『スライスして干したら干し芋できるかな?』と思いついてさっそく実行。僅かな量でしたがあの懐かしい味が再現できました。そこで今度はまじめに干し芋を作ってみることにしました。

 

作り方はいたって簡単

201611-01-03.jpg

   国内の干し芋はそのほとんどが主産地である茨城県で作られています。以前その茨城の方から『干し芋は、芋を蒸して皮をむき、スライスして天日で干すだけ。』と教えて頂きました。それなら私でも出来そうです。確かその時干し芋に適した品種があるとお聞きしたように記憶しているのですが、とりあえず今回は八百屋さんで売っていたサツマイモで作ってみることにしました。さてさて、どうなることやら・・・。

 

 

 

 

蒸して、皮を剥いて、スライスして・・・

   思いつきの初体験ですから(私はいつもこんな調子でトライです)とにかくやってみるしかありません。電子レンジでチンしちゃおうかな?とか一瞬思いましたが、ここは真面目にコトコト蒸すことにしました。

201611-01-04.jpg

201611-01-04b.jpg

   う~ん熱々の皮むきもアッチッチ!でホネでしたが、『このまますぐに食べたい!』といいう欲求に耐えるのもかなり厳しいものがありました(笑)。しかしそこはしっかり堪えて次はスライス。これがまた包丁にくっついてうまく切れません。結局10mm位のかなり分厚いスライスになってしまいました。細い方のお芋はスライスというよりも長手方向に三等分!まぁ良いか。しっとりタイプの方が好きだし・・・ということで網に並べました。

 

陽向と風通しの良い場所を探して待つこと4日

   この時期ちょうど空気も乾燥してきますね。カビが生えても困りますので、ひたすら直射日光と風通しの良い場所を探して家中を何度もウロウロ。時々ひっくり返してみたりしながら乾燥度合いをチェックしていました。

201611-01-05.jpg

   お芋は写真の通り太いものと細いものと各1本ですが、太い方は蒸し上がり時からホクホクタイプ。写真では表面が白っぽく見えています。細い方は蒸し上がりからねっとり。写真で白い部分が無いお芋です。両者は一緒に購入したのですが、品種が違う?それとも加熱の問題?そのあたりは今回解明できていません。

   干し始めて4日目。ホクホクタイプは表面の水分が少なくなり、手でつまんでもベト付かなくなりました。ねっとりタイプはまだ少しベタつきます。売っている干し芋と違い、きれいな黄色のままですが、私はしっとりタイプが好きなので、このあたりで『乾燥終了!』としました。ねっとりタイプの方は売っている干し芋に近い感じですが、ホクホクタイプの方は相変わらずホクホク。少し様子が違います。

 

焼いてみたら~『懐かしい味と匂い!』

201611-01-07.jpg

   それではさっそく試食を・・・と思ったのですが、当然ストーブも火鉢もありません。現代版干し芋焼きはオーブントースターで。端の方からこんがり焼けて、うっすらきつね色になったところで取り出すと・・・あの懐かしい干し芋のいい匂い!そして熱々を口に入れるとやさしい甘さが広がります。『この味この味!』と一人で大喜びしてしまいました(笑)。ただ、ホクホクタイプは昔食べた干し芋とは少し違う食感。むしろホクホクタイプの焼き芋みたいな感じでした。ねっとりタイプの方はほぼ昔の味と食感を再現したので、私としては実験成功!ということにしておきます(笑)。

 

 

   こうして実際に作ってみると、なかなか手間がかかっていますね。お値段が結構するのも解る気がします。忙しい日々の中で敢えて干し芋を作ることもないのですが、なんだかこの手間が気持ちを豊かにしてくれるように感じました。お漬物然り、時を待たないと美味しくならない。そこがまた良いところですね。秋の一日。お時間がありましたらお子様方とご一緒に是非一度作ってみてください。懐かしい味がしますよ~!

Writed by Y

2016年10月23日(日)暮らしをランクアップする香りの使いこなし術(2)香りアイテムの色々

20161002-01.jpg

10月も下旬を迎え、東京地方も秋の深まりを感じるようになりました。桜は枝が見える程に葉を落とし、ハナミズキはその葉をダークレッドに染めています。しかしながら・・・田んぼの畦道ではタンポポやスミレが咲き、お寺の生垣ではツツジが狂い咲き???気まぐれお天気に植物も季節を勘違いしているようです。写真の桜は冬咲き桜。もう少し寒い時期に咲いていたような気がしますが・・・。

今日は香りの使いこなし術2回目。暮らしを彩る香りアイテムについて見て行きましょう。

 

香りアイテムを挙げてみると・・・

201610-02-02.jpg

香水(オーデコロン)、練香水、香りの柔軟仕上げ剤、化粧品類etc.とここまでは身に着ける香りです。そして空間を彩る香り(ルームフレグランス)はというと、お香、キャンドル、固形蒸散タイプ、液体蒸散タイプ、スプレータイプ、アロマディフューザー、アロマランプ、匂い袋etc. 直接肌に触れない前提から、剤形も成分も多種多様です。また口に入る香りもありますね。ありとあらゆる食品に香料が使われていて、美味しさの演出に一役買っています。しかし昨今の香料はすごいです。『焼き鳥の香り』と言えば、コットンに染み込ませた香料なのに、思わず唾液が出てしまうくらい「焼き鳥の香り」がするから驚きです。

私たちの暮らしに深く浸透している香りの世界。口に入る香料は『フレーバー』、それ以外の香料を『フレグランス』と呼んで使い分けされているようです。今回はルームフレグランスについて考えてみましょう。

 

剤形で香り成分の拡散をコントロール

201610-02-03.jpg

ルームフレグランスは大きく分けて液体と固体の二種類があります。液体というのは、香り成分を水やアルコールなどの液体に溶かし込み、これらが蒸発することによって香り成分を蒸散させるものが多いです。リードディフューザー(芯に香りの液を吸い上げさせて蒸散するタイプ)などが代表選手と言えます。また直接液体をスプレーするタイプや熱を使って蒸散させるものもあります。一方個体の場合は、香り成分を個体に閉じ込め、そこから徐々に拡散させてゆくもの、あるいはお香のように熱を用いて香り成分を蒸散させるものがあります。

剤形の違いにより、香りの拡散スピードや持続時間が変わってきます。例えばお香なら香りが拡散するのは燃え尽きてしまうまでの時間に限られますが、液体のリードディフューザータイプなら、液体が無くなってしまうまで、ず~っと香りを拡散し続けることができます。用途や場所に合わせて剤形を選ぶようにすると、より快適に適切に香りを楽しむことができます。

 

カバーするための香りから楽しむ香りへ

201610-02-04.jpg

私たちの暮らしの中で一番最初にルームフレグランスが取り入れられるようになったのは『トイレの芳香剤』ではないでしょうか? 戦後から高度経済成長時代、現代のような衛生設備も換気設備も整ってはいませんでした。トイレと言えば臭いのが当たり前だったのです。これをカバーするために芳香消臭剤が発売され、人気を集めるようになりました。芳香消臭剤と言っても当時は不快な臭気を良い香りで上書きするといった方式。甘くしっかりした香りが人気でした。『トイレの芳香剤→キンモクセイの香り』と連想できる方は、私と同じ、当時をご存知の世代ですね(笑)。

衛生設備も充実し、消臭も悪臭を化学的に分解できるようになった現代では、トイレの芳香消臭剤も香りそのものを楽しむことができるようになりました。爽やかな柑橘系、優しい花の香り、フルーツ、森林、せっけんの香り・・・と香りの種類もバラエティー豊かです。そして香りを楽しむことを知った人々は、次第にトイレ以外の生活の場でも香りを楽しむようになり現代に至っているのです。

 

香りがあふれ、濃度も濃くなりつつある現代

201610-02-05.jpg

『隣家の洗濯物の匂いが気になる』或いはそれが原因でトラブルに発展!などという話を耳にされたことがあるかと思います。少なくとも10年15年前には聞いたことのなかった話です。それだけ洗濯用洗剤や柔軟仕上げ剤の香りが強くなっているということなんですね。昨今はボディーソープもシャンプーもアロマ流行りで香りの強いものが次々に発売されています。30年ほど前の私たちは『外国製のものは香りが強いから~』と言っていたのですが、今では殆ど遜色ないように感じます。香りに対する感度が次第にマヒしているのかしら?と不安になったりしますね。

そんな現代だからこそ、香りの使い方にもメリハリを付けたいところです。人間は嗅覚疲労により、同じ香りなら数分間でその感度が著しく落ちてしまいます。従って香りの刺激は、しばらく香って認識されたなら、その後持続的に香っている必要はないのです。

 

場所によって異なる香りの使い方

201610-02-06.jpg

例えばトイレを考えてみましょう。同じ人が何時間も居るということはまずないですね。多くの場合入れ替わり立ち代わり短時間で出入りがあります。このような場所では、全体に行き渡る持続的な香りが効果的。同じ香りが持続していても、トイレに入る度に『良い匂い!』と感じ、嗅覚疲労が発生する前に出て行ってしまいます。

一方プライベートルームを考えてみましょう。部屋に入った時『良い匂い!』と感じても、そのうちに香りを感じなくなってしまいます。香りが持続的にある限り、その香りに対する感度は戻りません。プライベートルームで香りを楽しむのなら、お香のように一定時間だけ香りを蒸散するものを使うか、部屋に入ったときに香りを感じたいのであれば、出入り口付近に局所的な香りを置くと良いでしょう。香りの発生しない時間、香りの届かないエリアがあってこそ、効果的に香りを楽しむことができるのです。

手始めに、ベッドルームのドア横にポマンダーかハンギングタイプのポプリを掛けてみてください。お部屋の出入りの度にふわりと優しい香りが鼻をくすぐります。一瞬の『良い匂い!』が気持ちを豊かにしてくれますよ!お試しくださいね。

Writed by Y

2016年10月03日(月)暮らしをランクアップする香りの使いこなし術(1)嗅覚の仕組みを知る

201610-01-01.jpg

   10月になりました。関東地方では先月初旬からぐずついたお天気が続き、連日の蒸し暑くどんよりした曇り空に少々うんざり。今年は秋雨前線が日本列島にへばりついているようですね。10月になってもなかなか『天高く馬肥ゆる秋』といった気持ちの良い青空が見られません。

   天候不順のせいか今年は例年より十日ほど早く金木犀が開花。毎年この花の匂いが漂ってくると『秋だなぁ』と思います。香りは私たちに様々な記憶を呼び起こさせたり、気分をリフレッシュさせてくれたり、時には気分を悪くさせたり・・・。目には見えませんが案外大きな影響を及ぼしますね。そんな『香り』について今回からシリーズでお届けします。

 

香りは様々な記憶や感情を呼び覚ます?

201610-01-02.jpg

   人込みで見知らぬ人とすれ違った時、あるいは空のエレベーターに乗り込んだ時に、ふわりと鼻をくすぐる香り。『?この香り!?』と思ったことはありませんか?『昔の彼(彼女)と同じ香り・・・。』だったりして。頭の中で記憶の走馬灯がグルグル回り出したりしますね。

   一方近年テレビなどでも話題になった『アロマで認知症予防』などという話もあります。このように香りは人の記憶や感情に結びつきやすいことが知られていますが、これは人が香りを感知する仕組みと関係があるようです。
五感といわれる視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚の中で、実は嗅覚だけが他の四つの感覚とは違ったルートで認識される仕組みになっているのです。

 

人間が香りを感じる仕組みは?

201610-01-03b.jpg

   人が『香り』として感じているのは、実は化学物質による嗅覚への刺激。これをを脳が香りとして感じたものを私たちは認識しているのです。(そう言っては身も蓋もロマンもない感じですが・・・)

   鼻に入った香り成分は粘液で溶解します。これを鼻にある嗅細胞から鼻腔粘膜に出ている嗅小毛がキャッチ。その情報を嗅細胞に伝えます。すると嗅細胞は受け取った情報を電気信号に変換して嗅球に伝達、嗅球~嗅神経~脳へと情報が伝えられてゆきます。この時、視覚、聴覚など他の感覚は一旦大脳皮質へと伝えられるのに対し、嗅覚だけは直接大脳辺縁系へと伝えられます。これが嗅覚と他の感覚との一番大きな違いです。

   視覚、聴覚などの情報が伝えられる大脳皮質は、『知性の座』とも呼ばれ、精神活動、運動性言語(発話)、聴覚(聴覚性理解)、体性感覚、視覚などに関する役割を持っています。一方大脳辺縁系には記憶を司る海馬や情動を司る扁桃体などがあり、『本能の座』あるいは『古い脳』とも呼ばれています。嗅覚は情報が大脳皮質を経ずに直接大脳辺縁系に伝えられるため、記憶や情動に結びつきやすいと考えられているわけです。(Image by Patrick J. Lynch; CC-BY, from Wikimedia Commons 2006/12/23)

 

嗅覚疲労ってご存知ですか?

201610-01-04.jpg

   これは『同じ香りを嗅ぎ続けていると、短時間で嗅覚が鈍る!』ということです。皆様もご経験がおありかと思います。帰宅して玄関のドアを開けると煮物の良い匂い!思わずお腹がグーっと鳴ってしまいますね。そんな美味しそうなお料理の匂いも手を洗い、部屋に戻って着替える頃には忘れてしまいます。そしてダイニングに行った時に再び『良い匂い~!』と思うわけです。これが嗅覚疲労。いくらお腹が空いていても、家中にお料理の良い匂いが充満していると、数分でその匂いに対する感度が著しく落ちてしまうのです。それでもダイニングに行って直接お料理を目の前にすると、これは香りの濃度がそれまでよりもかなり高くなりますから、ここでは再び『いい匂い~!』と感じることができるのです。

   嗅覚疲労に関しては、他の香りに対しての嗅覚は鈍らないと言われています。確かにお料理の美味しい匂いに鼻がマヒしていても、家族の誰かがオナラをしたらすぐに『臭~い!誰かオナラしたでしょう!』 ってなりますよね(笑)。

 

嗅覚は大切な情報収集器官

201610-01-05.jpg

   五感は私たちが周囲の状況や物について調べ、確認し、安全を図って暮らす為に発達してきたのでしょう。中でも嗅覚は空気中に浮遊している化学物質をキャッチして知覚しますから、直接発生源に近づかなくても感知することができます。焦げ臭い匂い、雨の匂いなどは身に危険が迫ることを知る情報となりますし、食べ物なら、口に入れなくても匂いを嗅ぐだけで、食べられそうか腐敗しているか確かめることができます。嗅覚が人間の数百倍もあるという犬たちは、更に多くのことを嗅覚に頼って判断していますね。このように嗅覚は大切な情報収集器官なのですが、前述のように記憶や情動に結びつきやすいという特性から、心や身体にも様々な影響を与えていることが最近解ってきました。特に記憶を呼び起こすキーワード的な役割、気持ちを落ち着けたり、リフレッシュさせる働きなどは、研究成果が発表され実用化され始めています。『朝は柑橘系、夜はラベンダー』の認知症予防アロマもそんな中から生まれたものです。

 

香りのあふれる時代だからこそ上手に香りを生かしたい

201610-01-06.jpg

   昨今はシャンプーに始まり洗濯用洗剤、柔軟仕上げ剤、ルームコロン、食器用洗剤に至るまで、様々な製品が香りに溢れていますね。集合住宅では、『洗濯物の匂いが迷惑!』と近隣トラブルに発展するケースもあるようです。香りの好みが同じならトラブルにはならないでしょうにと思うのですが・・・香りは個人個人好き嫌いがありますから難しいですね。

   香りは上手に使えば暮らしの演出効果は抜群。さらに心と身体への癒し効果も期待できますが、使い方を誤ると逆に気分が悪くなってしまうこともあります。正しい使い方を知って賢く使いこなしてゆきたいですね。今日はその基本となる私たちの嗅覚についてご紹介して参りました。次回は香りのアイテムについてご紹介予定です。お楽しみに!

Writed by Y

2016年09月18日(日)ポロタンなら楽々お美味しい栗ご飯!

201609-02-01.jpg

   9月も中半を過ぎ、間もなく秋のお彼岸を迎えます。『暑さ寒さも彼岸まで』と昔から言われますが、関東地方では例年ほぼ的中します。今夏の東京地方は、猛暑日が少なかったものの湿度が高く連日ベタベタ・・・。梅雨が明けきらないまま秋になってしまったような感じです。そのためか自然界の季節はちょっぴり前倒し。例年より二週間ほど早く彼岸花が見頃を迎えています。栗も8月末から落ち始めました。いよいよ秋本番。収穫の秋、美味しい秋が始まります。

   秋と言えば栗。ほんのり甘くてホクホク!美味しいですね。しかしあの硬い鬼皮とうまく剥けない渋皮が難敵。ついつい敬遠してしまいます。そこで今日はポロタンをご紹介。これなら皮剥きも楽々!美味しい栗が身近になりますよ~。

 

『ポロタン』は近年開発された栗の品種の名前です

201609-02-02.jpg

   『ポロタン』何?それ?って思いますよね(笑)。私も最初に聞いた時は『えっ?そんな名前の栗あるの?』って思いました。この栗を開発したのは茨城県つくば市にある国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(通称農研機構)果樹研究所。ここはその名の通り、果樹の品種改良や栽培技術、病害虫対策の開発・研究をしている国の機関です。

   『栗は食べたし剥くのが面倒』という私たちの本音に応えるべく、皮が剥きやすい品種を目指して1990年代から研究は始まっていたのだそうです。私が茨城の栗農家さんで初めてポロタンを見たのは一昨年のこと。『新しく開発された品種でね。ウチでも今年初めて収穫するんだけど、まだ量が少なくて・・・』と言ってほんの少し分けてくださいました。その後ポロタンは順調に普及したようで、今年は埼玉県内をはじめあちこちでポロタンを見かけるようになりました。やはり『桃栗三年~』なのでしょうか?

 

切れ目を入れて加熱するとポロリと剥けます

201609-02-03.jpg

   ポロタンは皮の剥き方もこれまでとは少し違います。生の栗に切れ目を入れてちょこっと加熱。するとあら不思議!ポロリと剥けます。加熱と言ってもこれは皮を簡単に剥くための加熱。皮を剥いた段階ではまだ栗は限りなく生に近い状態ですので、その後栗ご飯でも甘露煮でもお好みに調理することができます。切れ目の入れ方加熱方法についての研究結果も農研機構のホームページで詳しく紹介されています。お時間がありましたら是非参照ください。なかなか興味深い内容です。

 

 

 

埼玉産のポロタンで栗ご飯の準備を~

   先日ふと立ち寄った都幾川町(埼玉県)の農産物直売所でポロタンを見つけました。コロンと丸くて愛らしい形。ツヤツヤ褐色の鬼皮。良い状態の栗であることは一目瞭然。さっそく一袋購入しました。『明日の朝は栗ご飯~♫』と夕食後に準備する気になるのはポロタンだからこそ。我が家の手順をご紹介しましょう。

201609-02-04.jpg

1)まずキッチンハサミで頭を数ミリカットします。(加熱時の空気抜きのため)

 

 

 

 

201609-02-05.jpg

2)次に鬼皮のまま、栗の中ほどに栗の厚味の半分くらいまで包丁で切れ目を入れます。
栗を半分にカットするのを途中でやめる感じです。

 

 

 

201609-02-06.jpg

3)切れ目を入れたポロタンを5個、ポリ袋に入れて電子レンジに入れます。
ポリ袋の口は内部の空気の出口を塞がないように折り曲げるだけにします。
電子レンジはおよそ500Wで1分30秒程度加熱します。
(加熱時間は機種、出力により異なりますので、最初は様子を見ながら試してください)

 

 

201609-02-07.jpg

4)火傷に注意しながら熱いうちに手(手袋がお勧め)で皮を剥きます。少し力が必要ですが、渋皮ごとポロンと剥けます。
冷めると皮が剥けにくくなりますので、熱くても手袋などを使って冷めないうちに剥いてしまいます。
皮が剥けにくいようでしたら加熱不足が考えられますので、もう一度ポリ袋に入れて追加加熱してください。
このとき栗の数が1個或いは2個であれば、加熱時間も30秒にするなど調整します。

 

201609-02-08.jpg

3)~4)を繰り返して栗を剥いてゆきます。
電子レンジでの加熱が一度に5個なのは、加熱ムラを防止すると共に、冷めて皮が剥けにくくなるのを避けるためです。電子レンジの場合は加熱時間が短いですから、少しずつ確実に処理した方がかえって楽に作業できるようです。

 

 

201609-02-09.jpg


ポロタンは丸くてコロンとした形なので、見た目のわりに粒は大き目です。3合のご飯なら15粒もあればそこそこリッチ。栗剥き作業は15分ほどで終了してしまいました。家族みんなが大好きな栗ご飯。今年は時々作ってあげられそうです。

皆様もぜひ『ポロタン』探してみてくださいね。

Writed by Y

2016年09月04日(日)チアシードを試してみました(スーパーフードⅡ)

201609-01-01.jpg

    9月に入りました。東京地方では早くもススキが穂を出し、栗の実が弾けて晩夏というよりは初秋の風情。日中は残暑が厳しいですし、今年はとにかく湿度の高い日が多くてベタベタ不快指数も高いのですが、日暮れて秋虫たちの声を聞くと季節の移ろいを感じます。

    さて、今日の話題はチアシード。昨今話題の『スーパーフード』の一つですが、水分を含むと膨らんでカエルの卵みたいになる不思議な種です。ダイエットに良いとか身体に良いとか言われていますが、どんなものでしょうか?実際に試した結果をご紹介しましょう。

 

チアシードって何?

201609-01-02.jpg

    チアシードはそのまま直訳して『チアの種』です。チアという植物は、メキシコ中部からガテマラを原産とするシソ科アキギリ属の一年草で、バジルやミントなどと同じ仲間の植物です。古文書によると15~6世紀には既に栽培されていたようで、当時はトウモロコシ同様の重要な食用作物だったと考えられています。現在ではシードを採るために商業栽培されおり、主な産地は中南米及びオーストラリアとなっています。

    シードは全長1~2mmの小さな楕円形で、黒、灰色、茶色、白などのまだら模様。一見すると粒の小さなゴマのように見えます。水につけると12~15倍の水分を吸収し、種の周りに透明なゲル状の吸水物が現れます。これが『カエルの卵』のように見える正体! このゲル状のものは人が消化できない食物繊維であることから、日本では食べ過ぎ防止のダイエット食材としての側面が注目されているようです。

 

チアシードがスーパフードな理由

201609-01-03.jpg

    もともとメキシコや中南米で消費されてきたチアシードですが、今ではスーパーフードとしてヨーロッパでも広く知られています。『チア』という言葉は現地語で『油っぽい』という意味だそうで、その名の通りチアシードはその約30%が油分と言われています。更にその油分の中にオメガ3系脂肪酸の一つであるα-リノレン酸を非常に多く含有していることから『スーパーフード』の仲間入りをしているようです。

    α-リノレン酸は人の体内でEPAやDHAを合成する原料の一つであり、食物から摂取する必要があります。健康維持や美容の心強い味方というわけです。他にもチアシードは種ですから、不飽和脂肪酸、たんぱく質、アミノ酸、ミネラルなど、新しい命を育むための栄養素を小さな一粒の中にギュッと詰め込んでいます。これを摂取することで効率良く、バランス良く身体に必要な成分を取り入れられるということのようですね。加えて左の写真にもあるように約30%は繊維質。これもダイエットや便秘対策にと期待される所以です。

 

まずはお水に一晩漬けてみました

    一日の推奨摂取量は15gと言われているようですが、まずは控え目にティースプーンに1杯。計量して見たら2gでした。良く見えるようにジュースの空き瓶にチアシードを入れ、水を60mlほど入れてラップで口を閉じ、そのまま冷蔵庫へ。右端の写真は約18時間後の状態です。

201609-01-04.jpg

201609-01-05.jpg

    少しグラスに取り出してみると、黒いシードがきれいに等間隔に並んでいますね。種の外側にゲル状の吸水物質があるため、種同士が接近することなくきれいに並びます。溶液全体も少しとろみがつくようです。見た目は確かにカエルの卵?私の友人は『キャ~!何これ~!ムリムリ!』と第一声。でも結局食べていましたけれど・・・(笑)。

    そのまま食べてもほとんど味はありません。口に入るとツルンとした口触りでそのまま飲み込めます。種を噛むとキウイかイチジクの種のようなプチプチした食感で結構快感。小さな種で面倒なのですが、敢えてプチプチ噛みたくなる不思議な感じです。

 

このまま美味しく食べるのもグー

    お水を吸わせたチアシードにハチミツやジャムで少し味付けをしてそのままデザートになります。プチプチやりながら食べると少ない量でも時間がかかるので食べ過ぎ防止には良いかもしれません。もちろんトコロテンのようにスルスル~っと食べちゃっても一口デザートになりそうです。

201609-01-06.jpg

    今度はジュースに漬けてみました。写真左はグレープジュース、右はオレンジジュースです。ジュースが透明なら仕上がったチアシードも透明です。ジュースが不透明なら仕上がりも不透明になるのでカエルの卵っぽさは軽減されますね。

    食べてみるとジュースの味そのまま。ジュースに具が入ったような感じで全く違和感がありません、美味しいです。ジュースを含ませてヨーグルトに掛けても美味しそうです。

 

味はないのでアイデア次第で変幻自在!

201609-01-07.jpg

    チアシード自体にほとんどど味はないので、吸水させるものによって味が付きますね。お酢やポン酢を含ませてドレッシングに混ぜれば、絡みがアップして良いかもしれません。チアシードを摂取することだけが目的なら、お水で吸水させて、ヨーグルトに掛けたりスムージーに入れたり、シリアルに掛けたり、サラダに掛けたりetc. 特に味も変わらず抵抗なく取り入れられそうです。

    メキシコではチアシードを入れた飲み物があるようですが、飲み物に入れてもほとんど抵抗なく飲めてしまいます。ストローにも引っかかりません。暑い時期には冷たい飲み物に入れると、見た目も食感も一味違って楽しめそうです。

 

ドライのままで食べてみた

    これは失敗angry。食べられないことはないのですが、口の中で吸水しますから、あちこちにくっついて取るのに一苦労。後からお水を飲んでも簡単には取れません。水を含ませてから食べるのがベターのようです。

    そこで今度は水分が多めで困った野菜炒めにチアシードをそのまま入れてみました。これは大正解cheeky!チアシードが水分を吸って水っぽさは解消。野菜にくっついたチアシードはゴマか粗びき黒コショウのような見た目。誰も『これ何?』ということなく野菜炒めはなくなりました(ヤッター!笑)。

 

水を含ませて冷蔵庫に常備する?

201609-01-08.jpg

    実際にチアシードを色々試してみた結果、やはり一晩以上吸水させた方が美味しいように感じました。製品の説明書等には15~20分ほどで吸水すると書いてありますが、たっぷり水分を含んでしっかり膨らんだ方が食感が良いように思います。

    おおよそチアシード1に対して10~15倍、或いはそれ以上の水分で冷蔵庫に一晩置いておくとしっかり吸水します。お試し開始以降、我が家では水で吸水させたチアシードを冷蔵庫に常備しています。飲み物に入れたり、そのまま食べてみたり、デザートに掛けてみたり・・・etc. まだ物珍しくて色々試して楽しんでいるところがありますが、これも食材の一つ。『スーパーフードだから』と特別扱いせず、毎日の食生活に美味しく楽しく取り入れてゆきたいと思っています。皆さんも是非『カエルの卵』お試ししてみてくださいね。

Writed by Y

GLホームへのお問い合わせ

住所
〒136-0071
東京都江東区亀戸1丁目5番7号 日鐵NDタワー
TEL
0120-7109-24(なっとくツーバイフォー)(フリーダイヤル)

管理人

GLホーム本部スタッフブログへようこそ。

カレンダー

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近の記事

月別バックナンバー