本部スタッフブログ

GLホームの本部スタッフが綴るブログ

2018年04月14日(土)『自宅で〇〇教室』成功のポイント?

201804-01-01.jpg

新年度が始まりました。新入学、進級、就職、移動など、新たな一歩を踏み出された方も多いかと思います。今年の関東地方は例年よりも季節の歩みが早く、ヤマブキや藤、ハナミズキなど例年なら大型連休頃に見頃を迎える花々が早くも満開。我が家の近所ではツツジも咲き始めていてビックリです。昔から『ヤマブキは春の終わりを告げる花』と言われます。と言うことは、関東地方は既に初夏!。こんなに何もかも前倒しで一体今年はどうなってしまうのでしょう?少し心配ですね。

さて、今回の話題は『自宅でお教室』。雑誌で紹介されている『自宅でお料理教室やってます~』みたいなのって憧れですよね。そんな私達の夢を実現している素敵な方に会ってきました。

 

地元で大人気のベーグル教室

201804-01-02.jpg

先日友人が『ベーグル教室に参加しない?』と誘ってくれました。話しを聞くと、ご自宅でされているお教室とのこと。ムムム!これはあこがれの『自宅でお教室』ですヨ!。『なかなか予約が取れないんだけど、入れてもらえたのよ~!』と友人は上機嫌。『行く行く!』と二つ返事で了解して、間も無く当日を迎えました。

実際に参加してみて『なるほどなぁ、これが人気のヒミツなのね』と納得。私自身、とても楽しいひとときを過ごさせて頂きました。『また行きたいな』と思わせる楽しさがそこにはありました。そこで今日は私が『人気のヒミツ』と感じたポイントをご紹介してみようと思います。いつかは『自宅でお教室』を実現したい方必見ですよ~。

 

おしゃれな空間と家庭的な雰囲気

201804-01-03.jpg

先生のご自宅にお伺いして最初に感じたのは『素敵な(可愛い)お住まいだなぁ』ということ。路地状敷地の路地部分に駐車スペースがあり、エントランスへのアプローチもハーブが植えられてきれいにお手入れされていました。玄関ポーチの横には手作りのボードに『ベーグル&Cafee』のペイント。これから始まる楽しい時間へと期待が膨らみます。

玄関ホールから続くリビングダイニングは、16畳ほどのオープンスペース。その先の対面キッチンまで一つの空間になっていてとても広々と感じられます。インテリアはナチュラルウッドと白い壁で統一され、壁に飾られた装飾フレームがシンプルな配色に彩りを添えています。家具は食器棚とダイニングテーブル、小さなフロアテーブルのみですっきり。少し雑然と置かれた小物の生活感が、どこかのペンションに迷い込んだようなホッとする空間です。

 

友人の家に招かれた様な居心地の良さ

201804-01-04.jpg

ダイニングテーブルにセットされたコネ台(パン生地をこねる台)の状況から考えて1回の定員は4名と推測。少なめの人数も『気の合う仲間と楽しく』というアットホームな雰囲気を維持するのに大切ですね。
当日の参加メンバーは誘ってくれた友人(女性)と私、友人の友人である年配の男性が2名。それぞれ手作りのチーズケーキと野菜スープを持参されていました。私は初対面でしたが、ベーグル作りが始まると、そこは同じ目標を目指す生徒同士、『そっちはどうなった?』と様子を確認したり先生の指導を一緒に聞いたり。ぐに打ち解けることが出来ました。

美味しそうなベーグルが焼き上がったところで、これをベーグルサンドに加工。持ち寄りのスープやケーキ、コーヒーやハーブティーでランチタイムです。まさにホームパーティー状態。『パン作り』というイベント付きのホームパーティーに参加したような感覚でとても楽しい時間でした。

 

人気のヒミツは?

201804-01-05.jpg

人気のカフェ、などに共通するのは、おしゃれで居心地の良い空間。憧れるけど、なかなか自宅では実現出来ていない素敵な空間を体験することが大きな魅力なのでしょう。今回参加させて頂いたベーグル教室も、その点はきっちりクリアしていると感じました。『自宅教室』を考える際、とても大切な要件だと思います。
今回の主催者=潤子先生は、ご主人と中学生・高校生のお子様の四人家族。ご主人やお子様方の居ない平日日中の時間帯でベーグル教室をされています。ふとこの素敵な『家』で過ごす家族4人の暮らしをイメージしてしまいました。もう雑誌に出てくる『素敵な家族』のイメージそのものですsign01(笑)。憧れちゃいますねheart04

もう一つ感じたポイントは、『お茶会』の重要性。学ぶことの興味深さももちろん大切ですが、その後のメンバー同士の交流も楽しみの一つ。今回は『自分で作ったベーグルでランチ』でしたから楽しさも倍増です。楽しい=人の集まる『自宅教室』には、ベースとして『素敵な空間とメンバーの交流』が重要な役割を果たしていると実感しました。もちろん今回の『ベーグル作り』と言う学びの内容もとても魅力的。美味しそうなツヤツヤのパンが焼き上がると誰もが笑顔になりますね。

 

素敵な暮らしのお裾分け

201804-01-06.jpg

潤子先生曰く、現在のお住まいを10年ほど前に新築され、その後お教室を始められたとのこと。好きなことをお仕事に、そして自宅なので通勤の時間ロスも無し。子供達が帰ってきても家に居られるので安心。『もう少し外に出てみようかなぁと思うこともるけれど、今のこの暮らしを中心にしたペースを崩したくないとも思うし・・・。』と潤子先生。多少迷いもあるみたいですね。しかし最後に『私、幸せなんです~!heartと極めつけの一言。そりゃぁそうですよ!皆さんあこがれの『自宅でベーグル教室』ですものwink

ジーエルホームのモデルハウスみたいな自宅だったら、私だって『自宅教室』やりたいですよ~!って何を教えましょうか???(笑/汗)。次回は当日教えて頂いたベーグルの作り方をご紹介します。

Writed by S

 

 

2018年03月30日(金)簡単&美味しい自家製わさび漬け

201803-02-01s.jpg

 間もなく四月、新年度を迎えますね。東京地方では早くもソメイヨシノの花弁が風に舞い始めています。今年は晴れて暖かい日が続き、例年にないスピードで一気に咲いて、あっという間に満開でした。私が子供の頃は『祝新入学』の背景は決まって満開の桜でしたが、最近は入学式に間に合うことの方が珍しくなりましたね。これも温暖化なのでしょうか・・・。

もう少しゆっくりお花見したかったかな~。皆様お住まいの地域はいかがでしょうか?

 

201803-02-02.jpg

 先日、地元の桜祭りに出かけたら、東京は奥多摩産の葉付ワサビを販売していました。東京産のワサビって意外でしょう?でもあるんです。東京にもワサビ、牧場、etc.(笑)。ワサビを1本購入して、今年も自家製わさび漬けを作りました。我が家流は少しお味噌を加えて作るのですが、家族はもとより友人達にも好評なので、今日はその作り方をご紹介します。

 

酒粕と白味噌とみりんで作ります

201803-02-03.jpg

材料はワサビ、酒粕、白味噌、みりんです。酒粕は板状になっているものではなく、柔らかい物を使用します。板粕しかない場合は、予めお湯か料理酒で柔らかくしておいてください。白みそは、好みもあると思いますが、甘口のもので作ると美味し です。我が家はいつも甘口の広島味噌を使います。

分量は酒粕1に対して白みそ0.5の割合。みりんは全体の固さを調製するために小匙1~大匙1程度適宜使用します。長期保存すると風味が落ちるので、私はいつも少しずつ作ります。酒粕50gに白味噌25gがいつもの量。2~3日で食べきります。

 

201803-02-04.jpg

ワサビの葉は怒らせると辛くなる

 まずわさびを洗って葉の根元の部分でカットします。葉を良く洗い、塩で揉みます。わさびの葉は、そのまま湯通ししても辛味はあまりありません。刺激を与えると辛くなるので、これを地元の人たちは【怒らせる】と言うようです。アクを抜き、怒らせるために塩もみします。

 

 

お調理教室始まり始まり~!

201803-02-05.jpg

(1)鍋に湯を沸かしておきます。別にボウルに冷水を用意しておきます。ワサビの葉(茎)部分を塩で揉みます。水が出てきますが、そのままにしてください。

 

 

 

 

201803-02-06.jpg

(2)湯が沸騰したら塩で揉んだワサビの葉を入れます。再沸騰したらすぐに取り出して冷水に入れ冷まします。(茹で過ぎ注意)常温程度に冷えたら軽く絞って密閉(ビニール卯袋または密閉容器)しておきます(30分ほど置く)。

 

 

 

 

201803-02-07.jpg

(3)酒粕と白味噌を合わせてヘラなどを使いよく混ぜ合わせます。多少硬くてもこの段階でみりんやお酒は加えないで下さい。液体が入ると反って混ざりにくくなります。

 

 

 

 

201803-02-08.jpg

(4)ワサビの根部分を1~2cm程度切り取り、薄く皮をむいて細かく刻み、味噌を加えた酒粕の中に入れます。

 

 

 

 

201803-02-09.jpg

(5)ワサビの葉部分(湯通しした後30分ほどた密閉しておいもの)を5mm程度に刻み、これも酒粕に加えます。

 

 

 

 

 

201803-02-10.jpg

(6)ワサビの根と葉を加えたら全体が均一になるようによく混ぜ合わせます。この時、酒粕が固いようでしたら、みりんを加えて硬さを調整します。これで作業完了。

 

 

 

 

201803-02-11.jpg

(7)密閉容器に入れて一晩冷蔵庫で寝かせて出来上がり!出来たてはあまり辛くありませんが、なぜか一晩寝かせると、ちゃんと辛味が出て来るので不思議です。

 

 

 

 

味のバリエーションを工夫して!

201803-02-12.jpg

私はお酒が飲めないので分かりませんが、このわさび漬けで一杯やると止まらないくらい美味しいのだそうです。甘口の広島味噌で作ると柔らかい味になりますが、普通の白味噌で作ると塩分濃度が上がるのでそちらの方が好きと言う方もあります。お醤油をつけずにそのままチビリチビリ食べるのが美味しいです。確かに止まらなくなり、私はこれだけで酔っぱらってしまいます(笑)。

白味噌を使うのは、仕上がりの色が白っぽくなりワサビ葉の緑が映えてきれいだからです。ご家庭にある普通のお味噌で出来ない訳ではありません。お味噌の量で塩分を調製し、甘味はみりんで調整すると、色々な味のわさび漬けができて楽しいです。

是非【我が家のわさび漬けレシピ】を作ってみてください。さて、今回のわさび漬けはどんな味になったかな?明日のお楽しみです。

Writed by Y

2018年03月12日(月)災害への備え~我が家の場合

 東北大震災から七年・・・。『あの日』からもう七年、まだ七年。各人各様の想いがあると思います。被災された方々に於かれましては引き続き復興、そして新たな歩みが弛まず進められますことをお祈り申し上げます。

201803-01-01.jpg

 あの日、貴方はどこで何をしていましたか? 私は歯医者さんで治療を受けていました。そう、エプロンを掛けられてまさに歯を削っている最中だったのです。医師は最初の微振動に気付いたのか突然私の歯を削る手を止め『今トラック通った?』と衛生士に尋ねました。『いいえ、何も・・・』と衛生士が答えた次の瞬間、大きな揺れが襲ってきました。いつもとは明らかに異なる大きく長い揺れに『外に避難しますか?もう少し様子を見ましょうか・・・』と医師。パニックになってしまった衛生士に比べ、さすがに医師は冷静でした。私は『水平の大きな揺れですから、たぶん遠くで大地震ですね。』と返答。しかし内心は『避難と言われてもこの格好!かつ前歯無いし歯は削り掛け・・・どうするのよ~!』と冷や汗ものでした。

突然襲ってくる地震。まさか歯を削られている最中に遭遇するとは思いませんでしたが、移動中、入浴中など予想外のタイミングで遭遇するリスクもあるということですね。あの日から私のバッグはグッと重くなりました。外出先での災害に備え、水、ウエットティッシュ、ビニール袋、電池、懐中電灯、飴、お菓子、モバイルバッテリー、カイロ、傷薬、絆創膏、ライター、紐、カッター、油性マーカーetc. 当時は余震も多かったので、外出はとても不安でした。これでも最低限にしたつもりですが、バッグは重量級に! 今は大分軽くなりましたが、『備え』と言う意味では油断なのかもしれません。『災害は忘れた頃にやって来る!』と言いますから気を抜かないようにしたいものです。

 

我が家で実行している防災対策

201803-01-03.jpg

 大きな災害ではいつも想定外のことが起きてしまいます。だからこそせめて想定できる事態への備えはして、被害を最小限に食い止めたいものですね。今日は我が家の自己流防災対策をご紹介します。

 私の基本方針は出来るだけ日常の中で備えること。面倒なこと、新たに何かをするといったことは、我が家では大抵フェイドアウトしてしまうので、とにかく日常生活の中で面倒がらずに続けられる工夫をしてみました。

 

 

1)家具の転倒防止 以前もこのコーナーでご紹介しましたが、家具の上に天井まで段ボールを詰め込んで転倒予防をしています。100%安全かどうかは別として、少なくとも倒れにくくはなるようです。(費用が安価でDIY可能、更に家具上のスペースを収納として利用できるのがメリット)

2)安全室を作る 我が家は和室を寝室にしていますが、この部屋にあるのはローボード一つ。他に家具はありません。落下、或いは転倒してくるモノの無い安全なエリアを確保し、そこを寝室にしています。阪神大震災を経験した友人曰く『揺れている間は移動なんかできない!』そうですが・・・。

201803-01-02.jpg

3)水の確保 我が家はマンションですので停電になれば即断水します。ですので日頃から焼酎が入っている4リットルの取っ手付きペットボトルを集め、常時5~6本に水道水を入れて保管しています。これで約20~24リットル。この水を使ってベランダの植物に水やりを行い、水の鮮度を保っています。(取っ手付ペットボトルは水を使う時も便利です。)

4)暖を取る手段の確保 寒い時期にはインスタントカイロを必ず10パック以上ストック。他にティーキャンドル30個、普段は使いませんがカセットコンロとガスボンベ3本は必ずストックしています。これは暖を取る他、調理にも使用可能です。暑い時期には虫よけスプレーが必須。

5)レトルト食品とシリアルのストック これは普段食べているものですが、シリアルなら大袋一つ、レトルト食品は最低でも家族の人数分×2、その他パスタ、乾麺など賞味期限をあまり気にしなくても良いものを必ずストックするようにしています。特にシリアルは調理不要、食器すらなくても食べられますし、栄養バランスも良く長期保存ができるので便利です。

201803-01-05.jpg

6)トイレの確保 折りたたみ椅子様の簡易トイレと着替え用のワンタッチテントを購入して非常時のトイレを確保。着替え用テントは小さいですが、万が一家が使えない状態になった際、必要最小限のプライバシー確保に役立ちます。他にキャンプ用のドームテントを持っているので、一応野営可能なアイテムはキープしています。

7)家族の連絡方法確認 災害伝言ダイヤルをテスト利用で体験してみた。自宅に帰れる状況なら避難先を玄関に張り紙する、遠隔地の親類を共通連絡先にするなど家族でルールを確認。(あくまでも簡単に)エネルギーの確保 車のガソリンは半分になったら給油、長期保存用の電池を用意、モバイル端末のバッテリーもできるだけ半分以下にしない。

201803-01-04.jpg

8)災害時の避難先確認 何かあった時、どこを通ってどこへ避難するのが安全なのか自宅、仕事場、良く行く場所などについて各々考え、所要時間なども確認しておく。同様に交通機関がマヒした際の帰宅方法、一時身を寄せられる場所なども検討して家族で共有しておく。(雑談で良いので定期的に話題にする→知らず知らずに記憶に残るように)

9)エネルギーの確保 車のガソリンは半分になったら給油、長期保存用の電池を用意、モバイル端末のバッテリーもできるだけ半分以下にしない。

10)雨除けの備え 大型ビニール袋(レジャーシート、防寒、防水、水汲、運搬、収納等多用途に便利)とブルーシート1枚をストックしています。

番外)先ず自分の安全 『他の家族は多分大丈夫』と信じてまず自分の安全を確保することに全力を尽くすこと。安全が確保できたら他の家族のサポートをすると言いう約束をしています。『自分の身を確保できずして他人の救助は出来ない!』これは消防レスキュー隊員の友人から教えてもらったことです。

 

201803-01-06.jpg

 7年前の災害以降、我が家では上記の対策を考えましたが、お陰様で今日もこれらの対策は継続中です。フェイドアウトが得意な我が家では、かなり珍しい現象だと私は思っていますが、続けられているのは殆ど特別なことをしていないからなのでしょう。『日常の延長線上で備える』と言う基本方針は、案外的を得ていたかなぁ~とちょっぴり自画自賛なのでありますが、さて、実際にどこまで役に立つのやら・・・

皆様の防災対策ご検討のきっかけになれば幸いです。

Writed by S

 

 

2018年02月27日(火)網戸の張替えやってみました(作業編)

201802-02-01.jpg

 2月も月末近く。関東地方はまだ真冬と大差ない寒さですが、桜並木や里山の雑木林の色がほんの少し赤味を帯びてきているようです。春に芽吹く新しい芽の成長と共に、芽を包む褐色の苞も大きくなるため、遠景で見ると木全体が僅かにピンク味を帯びて見えるのです。特に桜は花芽の成長と共に木全体がほんわかピンクっぽくなってきますよね。東京郊外では梅も花盛り。有名な湯島天神の梅も見頃を迎えているようです。

さて、今日は前回の続き、網戸の張替えレポートです。前回はお買い物に行って材料と道具を揃えるところまで。その後食事を挟んで、なんと夜、室内での張替え作業となりました。床はダーク色だし、なんだか写真がイマイチですが、ご勘弁くださいね。

 

外は暗いし寒いので室内で作業することに

201802-02-02.jpg

 そもそもこの寒い時期にやろうというのですから、まぁ室内作業・・・ですね。準備に手間取り日が暮れてしまったので、玄関で作業することにしました。ブルーシートか新聞紙を敷いて~と思ったのですが、家主の従兄が『あとで掃除すればいいよ!』と言うので、一応網戸は雑巾でざっと拭いて玄関ホールにそのまま持ち込みました。(ついでに「玄関を掃除させよう!」という魂胆だったかもannoy)通常網戸は室外側に網を抑えるゴムが入っていますので、室外側を上にして網戸を置くようにします。続いて道具の確認。ビバホームで購入してきた網、押さえゴム、ローラーの他に、カッター、定規、ハサミ、マジックペンを用意しました。

 

先ずは押さえゴムを外して破れた網を外します

201802-02-03.jpg

 押さえゴムをぐるりと辿ってゆくと、必ずどこかに切れ目があります。今回は写真のように隅の所でした。切れ目を見つけたら、そこから押さえゴムを起こして引っ張り外してゆきます。写真では今回購入したローラーの反対側の先端部でゴムを起こしていますが、ドライバー、使用済みのボールペンなどでも代用可能です。今回のように押さえゴムも交換する場合は切れても傷ついても構いませんが、再利用する場合は、傷つけないように丁寧に外してください。

押さえゴムを外すと網は簡単に外れますが、縁が破れていた場合など、押さえ溝の中に網の切れ端が残っている場合がありますので、網を外し終わったら一応ぐるりと溝のチェックして、ゴミがあれば取り除きます。

 

網を乗せ、新しい押さえゴムで張ってゆきます

201802-02-04.jpg

 ロールの網はカットせずに網戸枠に乗せます。先端は網戸枠から数センチはみ出す程度にセットします。写真では網戸の上下(高さ)方向に網の幅方向を合わせていますが、網戸の高さが大きい場合、中桟の無い網戸の場合は、90°回転させて上下(高さ)方向に網のロール(長手)方向を合わせるようにします。

 網と網戸枠のラインを平行に合わせ(多少曲がっても仕上れば殆ど気になりませんが・・・)、網の先端部分(ロールの反対側)から押さえゴムを押し込み網を張ってゆきます。押さえ溝は結構深いので、一気にゴムを奥まで押し込むと網が引っ張られて動いてしまいます。一辺全体を軽く押し込んである程度網を押さえてから、再度奥までしっかり押し込んでゆくようにすると作業し易いです。今回は手で仮押さえをしておき、奥まで押し込むのに購入した『ローラー』を使いました。ドライバー等でも作業は出来ますが、確かにこのローラーの方が作業は楽みたいです。

201802-02-05.jpg

 

実は二辺目、三辺目とだんだん難しくなる!

 最初の一辺を終える頃には『な~んだ!簡単じゃん!』とイイ気分になるのですが、実は先に進むほど難しくなります(笑)。ゴムを押し込む作業は最初の一辺と同じですが、きれいに張り上げるには網が曲がらないように引っ張りながらピーンと張るようにしなければなりません。これが結構ホネですし、ちょっと力も必要だったりします。無理に引っ張り過ぎると枠の縁の角で網が破けてしまうことがありますので力加減には注意が必要です。特に隅の部分はギャザーを寄せながら慎重に押し込んで下さい。手伝ってくれる人があるようでしたら網を反対側で押さえてもらい、曲がらないように調整しながら作業を進めるときれいにできます。

 初めて挑戦される方は、あまり神経質にならず、多少曲がってもたわんでも皺が寄っても、虫が入らなラければOK!の心意気でやってみてください。窓に立て込んでしまうと網そのものは見えづらくなりますので、多少の出来栄え不良は殆ど気になりません。

201802-02-06.jpg

 

張り上げたら縁の余分をカットして出来上がり!

 四辺全部仕上げたら完成間近。思わず『ふ~っ』と一息ついちゃいますが・・・(笑)。押さえゴム上の位置で網戸の枠に沿ってカッターの刃を滑らせると、するするっと意外なほど簡単きれいに網がカットできます。これで完成。出来栄えに満足。達成感と言うか、自分でできた喜びと言うか、DIYの醍醐味ですね。

 出来上がったら網戸を窓に建て込まなければならないのですが、この日はもう夜だし寒いので、建て込みは家主の従兄にお任せすることにしました。外れ止めの付いていた網戸の場合は、外したのと逆の手順で取り付ける必要があります。そうそう、この網戸は『取り付け方』の説明シールでしたので、まぁ、彼一人でも問題ないかと思います(笑)。

201802-02-07.jpg

 

完成!網色の違いでこんなに見え方が違います

201802-02-08.jpg

 完成した網戸の写真です。室内なので網戸を横に寝せた状態での撮影ですが、左側が今回張り替えた部分で黒い網、右側が既存部分で薄いグレーの網です。光の反射の違いがよくお解り頂けると思います。実際に窓に建て込むと、黒い網の方が外がよく見える感じがします。

 というわけで、今回のDIY網戸の張替えは無事終了。きれいに仕上がりました。最初は『この寒い時期にやるかいな?』と思ったのですが、三月になれば啓蟄となり虫も穴から出てくる季節。日中の暖かさに『空気の入れ替えを~』と窓を開けたら、さっそくハエ君が遊びに来てしまったり。まだ昆虫の活動が少ない今のうちに、ぜひ網戸の張替えに挑戦してみてください。気持よく春を迎えましょう!

Writed by S

 

 

2018年02月12日(月)網戸の張替えやってみました(準備編)

201802-01-01.jpg

 立春も過ぎて日暮れが随分遅くなってきましたね。『まだ明るいから大丈夫~』なんて油断していると結構な時間になっていたりします。東京地方では梅も咲き始めていよいよ春始動! しかし今年の冬将軍はそう簡単には引き下がらないようで、今週はまた寒波の襲来があるようです。季節の変わり目は気温が乱高下しますので、体調を崩さないように、降雪地域の皆様には事故の無いように十分注意してくださいね。

 さて、今回の話題はDIYで網戸の張替え。『なんでこんな時期に?』と思われますよね(汗)。『DIYの記事を書くので何かやらせてもらえないかなぁ』と従兄に頼んでみたら、『おお!ちょうど網戸が破れてるんだよ~!』ですって。『こんな寒い時期にやる?』と言ったら『室内でやればいいよ!』と言うので、決行することにしました。

 

こんな時期に材料売ってるのかなぁ?

201802-01-02.jpg

 『材料売って無かったら時期をずらしてね』との約束で、従兄の家の近所にあるLIXILビバホームへ。小型の店舗ですが・・・ありました!こんな時期でもちゃんと売っているのですね。通年商品なんだ!とちょっとびっくり。最低限必要なのは『網と押さえゴム』の2点ですが、網は明るい色、黒、虫の嫌がる機能付ほか数種類販売されていました。一方押さえゴムの方も太さ、長さ何れも種類が色々ありました。そこではてな? 手ぶらで出てきてしまいましたが、『網戸の押さえゴムってこんなにサイズバリエーションがあるんだ~!』。私自身は何度か自分で網戸の張替えを経験しているのですが、ゴムは再利用していたのでこんなに種類があるとは考えてもいませんでした。ゴムの値段は数百円程度。ならば網と一緒に変えるのがベターでしょうね。その方が作業もしやすいと思います。

教訓その1:材料を買いに行くときは、網戸のゴムを一部外して切り取り持参すべし。

 

最近のホームセンターはと~っても親切!

201802-01-03.jpg

 『多分これくらいの太さじゃない?』と適当に購入しようとする私に几帳面な従兄が猛反発!。しかしふと見ると売り場には大変ご親切なパネルが掲示されていました(写真)。ゴムを一部持参した人にはサイズを確認するための穴、そして私たちのように手ぶらで来てしまった不心得者のためには、ナント三種類の無料カットサンプルまで用意されているではありませんか!。更にこのパネルには、むしることで3.5mm~5.5mmまでサイズ調整が出来るという『新兵器?』も紹介されていました。恐らくパネルは押さえゴムのメーカーさんが作られたものなのでしょう。自社商品を買ってもらうためとは言え、素人でも上手に作業ができるように、本当に手取り足取りのご案内だなぁと嬉しくなりました。

 

 

サンプルを頂いて家に戻ってゴム外し ⇒ 網戸が外れない!

201802-01-04.jpg

 几帳面な従兄に諭されて、家に戻ってゴムを外してみることにしました。がしかし次の難題が・・・ 網戸が外れない! 昔の網戸は襖と同様、両手で持ち上げて手前に引けば簡単に外れたのですが、平成時代の網戸は『外れ止め』が付いていて持ち上げただけでは外れないものが多くなっています。動かしてみて上手く外せない場合は、無理をせず一旦中止してください。外れ止めの解除操作が必要なタイプの網戸では、たいてい『外し方の手順』を説明する表示シールが網戸の室内側上部や下部などに貼られています。まずはこれを探してみてください。私の従兄は『俺が外す!』と言って網戸と格闘していましたがなかなか外れません。調べてみると・・・ありました!『網戸の外し方』シール。やはり外れ止めの解除が必要なようです。しかしこの網戸では『網戸の取り付け方』と書いてあり、『取外しは逆の手順です』と小さく注書きしてありました。まぁそうなんですけどね、『外し方』ばかり探していると見落としそうです(笑)。

教訓その2:網戸は外す前に『取説シール』を確認するべし

 

網戸を外したら構造を確認、押さえゴムを切り取って・・・

201802-01-07.jpg

 通常アルミサッシの網戸は、押さえゴムを網の上から網戸枠の溝に押し込むことで網が張られています。押さえゴムがあるのは通常屋外側。なので室内側から見ていると、押さえゴムは見えません。網戸を外して屋外側を上にして置いてみてください。押さえゴムが押し込まれているのがすぐに分かります。通常押さえゴムはぐるりと一周一本ですので、どこか一か所に切れている所(始点と終点)があります。その部分をドライバーなどで起こして数センチカット。これを持って材料を買いに行きましょう。押さえゴムを取り換えずに再利用する場合はカットしないでくださいね。

 

 

カットした押さえゴムを頂いたカットサンプルと比べると・・・

201802-01-06.jpg

 押さえゴムってどれも同じではないんですね。外したゴムと頂いて来たサンプルとでは断面形状が違います。外した方は表面に凹凸がありませんが、サンプルは縦溝が切ってあります。サンプルの方が高級品なのかしら? これはサイズの判断が難しいですね。写真一番左のサンプルは細過ぎて除外。しかし外したゴムは二番目のグレーと三番目の太い方の黒のちょうど中間位の太さです。押さえゴムは網をしっかりと固定しなければなりませんから、細目か太目かと言われれば太目を選ぶのが正解。細いと網が緩みやすくなります。外したゴムは長期間溝の中で抑えられて多少痩せている可能性もあります。『これは黒の太い方のサイズかな』と見当を付けて再びビバホームへ向かいました。

 

 

材料と便利そうな道具を購入して二千円弱

 今回張替えをする網戸はブロンズカラーのサッシでしたので、押さえゴムは黒を選択(グレーだと目立つ)。サイズは迷いましたがやはり太目の方を購入することにしました。

201802-01-08.jpg

 続いて網の選択です。網は白っぽい色と黒っぽい色と大きく分けて二種類あります。室内から外を見た時、黒っぽい色の方が網の存在感が弱く視界がクリアに感じます。一方白っぽい色の網では網に光が反射するため、ダークカラーに比べ網の存在感が強くなり視界のクリア感も低下します。室内の明るさという点では光を反射する明るい色の網が勝りますが、感覚的には大きな差は感じられません。視界については網の色を明るいものからダークカラー(黒など)に変えると視界が良くなったように感じます。今回はシンプルな黒い網を選択しました。

 網戸資材コーナーには他にもカッターや押さえゴムを入れ込むためのローラーなど便利そうな道具がいくつも並んでいます。以前張替えをしたときはドライバー一本で施工したのですが、今回は文明の利器?ローラーなるものを一つ購入してみました。全部で二千円弱。これで一間の掃き出し窓の網戸一枚分です。

 

準備完了!って暗くなっちゃった(>_<)

 ビバホームへ二往復、途中で網戸が外れなかったりお店であれこれ見ていたら、いつしか外は夕暮時。まぁ室内で施工するということですから、食事でもしてから仕切り直ししましょうか・・・。次回はいよいよ施工編です。

Writed by S

2018年01月29日(月)超簡単!レンジで作るインスタントパンプディング

201801-02-01.jpg

 1 月も下旬。立春までの今の時期を寒中と言いますが、本当に今年の冬は厳しいですね。東京都心部でも氷点下の冷え込みとなり、上野不忍の池にも氷が張ったとか。ここ東京郊外では22日に降った雪が未だに屋根や畑、道路にも残っています。しかし東京に雪が降るのは冬が後半戦に入った証。日暮れも大分遅くなって来週は立春を迎えます。

 今日の話題はパンプディング。超簡単で美味しくて栄養面でも充実していてお腹にも優しくて・・・朝食、おやつ、小腹が空いた時、受験生のお夜食に是非作ってみてください。(美味しいので食べ過ぎ注意!)

 

パンプディングって何?

201801-02-02.jpg

 本来はパンが入ったプリン=卵と牛乳で作るプリン液にパンを浸し、そのままオープンで蒸し上げるお菓子です。フレンチトーストに似た味ですが、プリン同様、カラメルシロップをセットして作るのが本式のようです。

 『プリン液にパンを浸す』という原点は守りつつ、焼きプリン風だったり、果物を添えてみたり、パンの形が残っていたり無かったり・・・と国や地方によって、或いは作り手によって様々なバリエーションがあるようです。

 私が最初にパンプディングを知ったのは、ドイツパンのお店です。ただ『プディング』と書いて販売されていました。見た目は四角いカットケーキのよう。正直最初は『ケーキかしら?』と思って購入しました。食べてみるともったりした感じで甘さ控えめ、シナモンとアニスの香りが利いていてちょっと未体験の美味しさでした。お菓子というよりは軽いお食事向き?『なるほどパン屋さんのプディングね!』と思った次第です。

 

自分で作って見よう ➡ 超簡単レシピへ発展!

201801-02-03.jpg

 美味しいものに出会うと作ってみたくなる性分のため、さっそく舌と鼻とネットのレシピを頼りに試作を繰り返し、おおよそ似たような『ドイツパン屋さん風パンプディング』は作れるようになりました。とても美味しいのですがこれは少々手が掛かります。そうこうするうちに体調を崩し、食事を作るのもしんどい状況に・・・。『何か食べなくては!』とノロノロ起きだしてキッチンへ。残っていた食パンに牛乳を掛け、グラノーラをちょいと足してシナモンを振ってレンジでチン! すると驚いたことにあの『パンプディング』もどきが出来上がっていたのです。

 『もどき』ではありますが、超お手軽な割にとても美味しかったのでレシピを調整して家族に出してみました。最初は『何これ?』と冷たい反応でしたが、食べると『美味しいね!これ!』とニッコリ。夫にも好評で「オジサン」ウケもバッチリでした!(笑)。

 

基本の作り方と材料をご紹介

201801-02-04.jpg

【材料(一人分)】

  食パン(6枚切り)・・・1/2枚
  グラノーラ・・・・・・ 15~20g
  牛乳・・・・・・・・・・80ml
  ナッツ(クルミ等)・・・10g
  砂糖・・・・・・・・・・小さじ1
  シナモンパウダー・・・・少々

 

【作り方】

(1)少し深さのある耐熱ボールを用意し、食パンを細かくちぎって入れます。
(2)ナッツを手で砕きパンに加えます。クルミの他カシューナッツ、アーモンド等も可。
(3)グラノーラを加えます。
(4)全体が均一になるように混ぜ合わせます。(グラノーラやナッツだけが下に行ってしまいがちなので)

201801-02-05.jpg

(5)牛乳を全体に回しかけ、砂糖をふります。(砂糖の量はお好みで調整してください。ハチミツでもOK)
(6)シナモンパウダーを全体に振り掛けます(ちょっと多いかな?と思うくらいかけて大丈夫です)。
(7)電子レンジ500Wで約1分30秒程度加熱します。器や機器の種類などにより時間は異なりますので調整してください。沸騰する必要はありませんが、今の季節、全体がアツアツの方が美味しく頂けます。

201801-02-06.jpg

 

【作り方のコツとバリエーション】

 上記の基本レシピでは、シナモンパウダーを多めに振るのが美味しく作るコツです。卵もバターも使っていないので、グラノーラの油分とシナモンの香りが味のポイントになります。グラノーラの糖分がありますので、砂糖は控えめでも甘味は結構あります。シナモンの代わりにココアを使うと、チョコ風味のプディングになります。ココアを使う場合は 3)の後にココアを入れ、ココアと一緒に全体を混ぜ合わせます。

 シナモンは古くから薬種として利用されてきたスパイスで、漢方でも『桂皮』として葛根湯を始め数多くの調剤に配合されています。主な作用は消化機能促進、抗菌、強壮、血行促進、発汗などとされています。また独特の香りは精神安定作用があるといわれ、気持ちを落ち着かせたり、集中力を高めるといわれています。ということは、シナモンを多めに使った『パンプディングもどき』は朝食や受験生のお夜食にピッタリかもしれません。とにかく手軽で美味しいので一度お試しくださいね。

(妊娠中の方には、多量のシナモン摂取は控えた方が良いという説がありますのでご注意下さい)

Writed by Y

 

 

 

2018年01月15日(月)お正月飾りって来年も使えるのかな?

201801-01.jpg

 2018年を迎え二週間が過ぎました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。まだ仕事始めから十日程ですが、何処もすっかり通常体制で、新年の華やぎはなんだか遠い昔のよう。今年はカレンダーの都合上仕事始めが早かったせいもあるかもしれません。元日からお店は営業しているし、晴れ着姿の女性を見ることも少なくなりました。お行月が『ハレの日』だった昭和から時代が進むに連れ『日常(ケ)』へと近づいているように感じます。

さて、日常化、簡素化が進んでいるとは言え縁起担ぎやら習俗やら、何かと特別なことの多いお正月。この時期になるとお正月飾りの始末が悩ましいですね。今日は昨今のお正月飾り事情について考えてみました。

 

そもそもお正月飾りは何のため?

201801-02.jpg

 門松・注連飾り・お供え餅など、門や玄関、床の間、神棚などに飾る伝統があります。これはそもそも何のために行われて来たのかというと、『歳神様』をお迎えするためのお供え物だったり、Welcome の目印のために用意されてきたものです。『歳神様』は神社などにいらっしゃる神様がとは異なり、恐らくは『新しい歳』そのものを『歳神様』として神聖に迎え入れようとした形と考えられます。『新しい歳を神様としてお迎えし、一年間一緒に過ごさせていただくんだよ』と私は明治生まれの祖母から教わりました。確かに『歳神様』がお帰りになる日というのは聞いたことがありませんね。多分大晦日にひっそりと新しい歳神様と交代されるのでしょう。

 そのように考えてみると、年末には借金や付け払いの決済をし、大掃除をして一年の穢れを祓い、風呂に入り、身を清めて新年を待つ習俗は、行く年の自分を一旦リセットして新しい歳神様とまっさらな自分で再スタートを切ろうとることに他なりません。ここで歳神様のご機嫌を損ねて一年間不運に見舞われては困るので、家も自身も清めて装飾し、お供えを用意して来訪を待つのです。

 

いつまで飾っておく?

201801-03.jpg

 関東地方では松が明けるといってお飾りは7日までというのが一般的です。しかし関西では15日までという地域も多々ありこれは小正月までは正月期間という意味合いがあるようです。関東の『松の内7日』については『江戸では家屋が密集して火事が多く、冬場に空気が乾燥する中燃えやすい玄関のお飾りを長く置くのは危険』という理由で、幕府が『七日まで』とのお触れを出した!という説もあります。

 鏡餅は神様へのお供え物ですが、こちらは7日まで飾り、11日に割ってお汁粉などに入れて食べるのが一般的です。さらに乾燥してひび割れた外側や、残った餅を干して揚げ餅にして食べる習慣がありました。長くお供えして乾燥した鏡餅の外側は、煮てもなかなか柔らかくはならず美味しく食べるのは難しいですね。それを細かくして揚げて食べる。神様のお下がりだからというのもありますが、食べ物を大切にする心は見習いたいものです。

ちなみに鏡餅は刃物を入れて切ってはならず、必ず割ることになっています。これは刃物は『切る→死』に繋がり縁起が悪いからで、鏡割りと言わず『鏡開き』というのも祝宴の終わりを『お開き』というのと同義の縁起担ぎです。

 

処分はどうするべき?

201801-04.jpg

 前述のとおりお供えはお下がりを頂きます。飾り物は神様に使ったものですから、お焚き上げが基本です。01月08日や15日に神社などで『どんど焼き』という行事が行われます。藁などで円錐形に組んだ櫓にお正月飾りや古いお札などを持ち寄り燃やす行事です。この火で焼いた餅を食べると一年間病気をしないという伝えがある地域もあります。最近では神社仏閣などではなく、町内会などの民間団体で主催しているところも増えてきているようです。家庭のお正月飾りは地元のどんど焼きに持ち込むのが無難な選択でしょう。

 近所でどんど焼きが無かったり都合で行けなかった場合は、行政が収集してくれるゴミに出すしかありません。それでも不浄を避け、他のゴミとは別に紙で包んで塩で清めて出すというのが一般常識のようです。私の住んでいる町では樹脂製、金属製部品は分別の必要がありますので、勢い分解することになります。こうなると急に罪悪感が無くなるのが不思議です(笑)。

 

これって来年も使っちゃいけないの?

201801-05.jpg

 この質問、最近複数の若い方から尋ねられました。今は12月に入るとすぐにホームセンターや雑貨店できれいに包装されたお正月飾りが売られている時代。昔のように年の瀬に出る屋台のお飾り屋さんで生の葉やダイダイの実が付いたお飾りを買うケースは少なくなりましたね。お店で季節商品として売られているお正月飾りはお正月松の内飾っても殆んど変化しませんから、『来年も使っちゃダメ?』と思うのは当然かもしれません。

 ここで大切な点は、お飾りが『歳神様』をお迎えするための神事のアイテムなのか、お正月を演出するデコレーションアイテムなのか?ということです。昨今はお正月飾りと言っても、伝統にこだわらず花をあしらったりデザイン性の高いものもたくさん出回っています。こうしたものをどんど焼きに持って行くか?と言われると、それなりにお値段も張りますし考えてしまいますよね。

201801-06.jpg

 『歳神様』をお迎えする神事のアイテムとして考えるならば、来年は新しい『歳神様』がお見えになるわけですから去年の『お古』は避けたいところです。神様は『新しい、無垢、清らか』を好まれるとされていますので、失礼のないようにしておきたいですね。一方お正月のデコレーションアイテムと考えるのであれば、状態さえ良ければ私は仕舞っておいて翌年も使います。翌年はちょっと何かを足したり、組み直してみたり。クリスマスツリーのように毎年ちょっと手を加えて楽しみ、ベースの見た目が悪くなってきたら処分します。この時の処分は神様用の物ではありませんから分解してゴミに出します。

 

大切なのは自身がきちんと考えて決めること

 伝統的な習俗に対する価値観が大きく変化してきている現代。『歳神様』を迎えるかどうかも私達一人一人の心の問題なのではないかと思います。大切なのは伝統的な行事の意味を知り、自身の中で消化してゆくこと。そうすれば『お飾りをゴミに出したから罰があった?』などと訳の分からない罪悪感に苛まれることもなくなるのでは?

 まだお手元にお飾りが残っているあなた!どうしますか?(笑)

Writed by Y

2017年12月27日(水)お正月に花を食す

201712-02-01.jpg

今年も残すところ数日となりました。『カレンダーが変わるだけ!』と言いつつ、やはりお正月は新たな気持ちで迎えたいですね。しかしなかなか手ごわい大掃除!おせち料理を作っても残っちゃうし・・・、子供たちを連れて実家に行かなくちゃ!或いは子供たちが帰ってくる!どちらにしても年末は大忙しです(笑)。

お正月用の野菜を買いに農協の直売所に出かけたら食用の菊の花を売っていました。『そうか!お正月に花を食す!』というわけで、今日の話題は食用の菊の花です。

 

菊は優秀な有用植物

201712-02-02.jpg

ハーブとして有名なカモミール、これはキク科の植物です。他にもエキナセア、アーティチョーク、フィーバフュー、ステビアなど実はキク科の植物は人々の暮らしに役立てられてきたものがとてもたくさんあります。では本家本元の『菊』は?というと、やはり漢方薬だったりするんですね。

漢方では菊は花の部分を乾燥して使い、解毒、解熱、鎮痛、消炎、血圧降下、抗菌などの作用があるとされます。咳、冷え性、不眠症、風邪、高血圧、目の充血などに使われてきました。

昔から各地で菊の花を食用とする習慣はあったようです。今でもお刺身によく黄色い小さな菊の生花が乗っていますね。昨今はプラスティック製の飾りだけのものも多くなりましたが、本来は菊の殺菌作用を期待して食用品種の小菊をあしらっていたものです。この小菊の花びらを醤油に散らしてその香りを楽しむ食べ方もあるようです。これは知りませんでしたね。私は生の菊も飾りかと思っていました。

 

食用の大きな菊は主に二種類

201712-02-03.jpg

食用として栽培されている菊の花は、うす紫ピンクの『延命楽』(主に山形産地)、黄色の『安房宮』(主に青森産地)が一般的です。今回私が購入したのはピンクの延命楽。確かに山形産と書いてあります。現地では『もってのほか』とか『もって菊』と呼ばれ、『天皇家のご紋章の菊を食べるとはもってのほか!』が語源とか、『もってのほか美味しい』が語源などと言われているそうです。新潟地方では『かきのもと』と呼ばれるとか。名前も各地で色々ですね。しかしそもそもの『延命楽』という品種名がすごいですね(笑)。

 

食べ方の基本はまず湯通しすること

菊の花を丸ごと天婦羅にして食べるというのも有りですが、菊は花芯のところに苦味があることと、延命楽など中輪花では一輪が数センチもありますので、あまり一般的とは言えないかもしれません。衣できれいな色が隠れてしまうのもちょっと残念。花弁だけを湯通しして酢の物、お浸し、あえ物、ご飯に混ぜて色を楽しむなどの使い方が一般的です。湯通しした花弁を板状に干した『干し菊』も一部で流通しています。

我が家では、まず花弁をすべて芯からはずします。沸騰している湯に入れて再沸騰したらすぐに上げ、そのまま冷水に放って冷やします。水を切って下ごしらえは出来上がり。保存するときはこの状態で板状にして冷凍します。冷蔵庫でも一週間ほど保存可能ですので、今作っておけばお正月三が日のお料理には使えますね。

201712-02-041.jpg

201712-02-042.jpg

生の花はそんなに華やかな色ではありませんが、湯通しするときれいなピンク色になります。おめでたいお正月料理に色を添えるのにはとても便利な食材です。しかも『花』ですからね~!。ほんのり菊の香りがしますが、花弁に苦味は殆どなく食べやすいお味です。

 

『このピンクは何?』と言わせる使い方!

おなますを大根だけで作り、菊の花びらを混ぜる(紅白になる)、ご飯を薄味の酢飯にし、菊の花びらを混ぜる(菊花飯)、ちょっと手が掛かりますが、オードブルの皿やお重箱の中に、菊の花びらで菊の花を描く、お澄ましに散らす、お雑煮のお餅の上に花弁を乗せる、お酒の杯に花弁を一つまみ入れる、やまいもの千切りと合わせて酢の物にするetc.

もちろん普通におひたし、あえ物、酢の物、天婦羅(かき揚げに混ぜてもきれい)などにしてもおいしく頂けます。今の時期なら八百屋さんで延命楽を良く見かけます。お正月におめでたいお料理にぜひ『菊花』をお試しください。写真は左から菊花なます、菊花おひたし、菊花飯です。

201712-02-05.jpg

 

今年もご愛読ありがとうございました

201712-02-06.jpg

今年も一年スタッフブログをご愛読いただきましてありがとうございます。『暮らし』をテーマに筆者の日々のつれづれを書き綴って参りました。今年はDIYに挑戦して『案外やってみるとできちゃうもの?』と大興奮!でも暑かったり寒かったりするとついついサボってしまうところが素人ならではです(ちょっと反省)。また来年も楽しく、そして皆様のお役に立てるブログになるようネタ探しに努めてまいりますので、ご愛読のほど宜しくお願いいたします。

皆様どうぞ素敵な2018年をお迎えくださいませ。
ありがとうございました。

writed by S

2017年12月14日(木)柚子(ゆず)皮から種までぜ~んぶ活用術

201712-01-01.jpg

早いもので師走も中半を迎えました。来週末はもうクリスマスですね。クリスマスと言えばイエス・キリストの誕生された日として知られていますが、一部には、冬至(太陽高度が一番低くなる)から新しい春に向けて季節が生まれ変わる新たなサイクルの『誕生』を祝う行事とキリスト教が結びついたものでは?とする説もあるようです。確かに冬至は例年クリスマスの直前ですよね。

さて、今年の冬至は12月22日。日本ではこの日に柚子湯に浸かると健康でいられるという言い伝えがあります。しかし柚子はお風呂に入れたり薬味に使うだけではモッタイナイ!皮から種までぜ~んぶ使える超お役立ち柑橘なんです!
今日は我が家の柚子使いこなし術をご紹介します。

 

まずは半分にカットして分解!

まず柚子を丸ごと良く洗います。次にヘタを上にして水平方向に二つ割。半分ずつ果汁を絞ります。種がたくさん出てきますが、これも一つ残さず別の容器に取り分けておきます。次に果汁を絞り終わった実から果肉と内皮部分を外します。これも後で使いますので捨てずに別容器に取っておきます。果皮だけになったら3~4片くらい(柚子の大きさによる)に切り分け、果皮内側の白い部分を削ぎ取ります。削いだ白い部分も後で使いますので、捨てずに取っておいてください。これで柚子の分解完了です。

201712-01-02.jpg

 

種は焼酎に浸けて薬用酒にしたり化粧水を作ったり・・・

201712-01-04.jpg

柚子って種がたくさん出てきますよね。『なんでこんなに種だらけなの!angry』とキレてはいけません。この種にすごい栄養が含まれているらしいです。どのような成分がどのように役に立つかは柚子の産地=埼玉県毛呂山町のサイトをご参照ください。

様々なお役立ち成分、お助け成分を含む柚子の種。焼酎に浸けて成分を抽出し、薄めて薬用酒として飲んだり、化粧水として使ったりすることができます。私はペットボトルに種を入れ、種の1.5倍量程度の焼酎を入れます。1日1回フリフリして約二週間で出来上がり!。

 

ドロドロしてきても心配ご無用

種を焼酎に付けて2~3日もすると、なにやらドロッとしてきます。焼酎の量が少なめだと、ゼリー飲料みたいな感じになってきます。でも心配ご無用!このトロみこそ種に含まれるペクチン。加工食品では『増粘多糖類』として使われる成分です。腐敗などではありませんので、直射日光を避け、冷暗所でそのまま寝かせておいてください。

201712-01-03.jpg

2週間程度経過したら使ってみてください。少し苦味があれば、苦味成分(抗がん、コレステロール抑制作用があるといわれる)がちゃんと出てきている証拠。無理のない濃度に薄めて少しハチミツなど加えて飲むと良いでしょう。今の季節なら甘くしてお湯割りで頂くと身体が温まります。化粧水にする時も無理のない濃度に薄めて使ってください。肌に刺激を感じるようであれば、濃度が高すぎる、またはお肌に合わない可能性もありますので、注意深く調整して使ってみて下さい。この『自分流』こそ先人たちの知恵ですね。

 

果汁の使い道は?

柚子の果汁は少ないですが、私は半分は飲んでしまいます。かなり酸味が強いので、ハチミツを加え、お湯で割って『ホット柚子』にして飲みます。ビタミンCたっぷりで美味しい!楽しみの一つです。残りの半分はジャム用に取っておきます。そのほかポン酢を作ったり、ドレッシングを作ったり、レモン果汁同様に使えます。

 

果皮はジャム&乾燥して保存用に

201712-01-05.jpg

果皮のうち1/2はジャムの香り付けに使います。残りは乾燥させて保存用に。乾燥するととても固くなるので、ある程度細かくして置いた方が使いやすいです。私は乾燥後ミルで粉にして小瓶に入れ、薬味として使います。ふりかけに入れたり、お茶漬けに入れたり、色々楽しめます。果皮の白い部分を削ぎ落としてあるので、乾燥が早く数日でカチカチになります。

果皮を薬味として生で使いたい場合は塩漬けという手もありますが、保存が長期になると色が悪くなります。塩漬けは適当な瓶に多めの塩と混ぜて一緒に入れておくだけ。使う時は使う分だけ取り出して塩抜きをして使います。

 

色々使える簡単ジャム

ジャム作りと言うと、大量の砂糖でコトコト煮込んで・・・のイメージがありますが、我が家の柚子ジャムは超簡単。砂糖は少な目で酸味が経つ程度、柚子に含まれるペクチンのお陰で煮詰めなくても短時間でジャム状になるのです。

作り方をご紹介しましょう。
(1)残しておいた果皮、取っておいた果皮の白い部分をみじん切りにします。(柚子の皮の白い部分は苦味が無く美味しく食べられます)(2)同様に取っておいた果肉と内皮も包丁で叩いてペースト状にします。(3)刻んだ果皮、果肉、内皮をすべて鍋に入れ、残しておいた果汁を加えて良く混ぜます。

201712-01-06.jpg

(4)少量の水を加えてドロドロ状態にし、砂糖を柚子中玉1個当たり大匙2程度加えて中火で加熱します。

201712-01-07.jpg

(5)時々かき混ぜながら焦げないように火加減を調節し、約5~10分程度(柚子の量により時間は異なります)、全体が纏まるようになってきたらで出来上がりです。
熱いうちに熱湯消毒した保存瓶に入れて蓋をすれば(内部が負圧になり密閉できれば)常温で保存可能です。

201712-01-08.jpg

お味は『ジャムというにはちょっと甘味が足りないかなぁ』という程度。何故かというと、これは料理に使えるからなんです。湯豆腐の薬味に、即席漬けの香り付けに、コールスローサラダに、ドレッシングに、鍋タレの薬味にetc. それなりに甘味はありますが、それがかえって料理の味をまろやかにしてくれて全く違和感はありません。

ヨーグルトに掛けたり、トーストに塗ったりという時は、逆にハチミツを一緒に使えば甘味は問題なし!この薄口ジャムは本当に何にでも使えて重宝します。ただ、糖度が低いので開栓後は要冷蔵かつ10日程度を目安に使い切ります。我が家では小さめの瓶に小分けにして保存します。

 

柚子使い切りのススメ!

201712-01-09.jpg

柚子を買っても薬味として使う量はごく僅か。少し果皮を使っただけで、いつしか冷蔵庫で干からびていたりカビカビになっていたり・・・。昔は薬樹として敷地内に1本は植えられていたともいわれる柚子には、様々な有用成分が含まれています。せっかくですから爽やかな香りと有効成分を余すところなく使い切って下さい。あれ~?お風呂に入れる分がなくなっちゃったよ~(>_<)(笑)。

 

Writed by Y

2017年11月30日(木)家具転倒防止の段ボール、How to Make up

201711-211.jpg11月も月末。東京地方でも季節は晩秋から初冬へと移ろいつつあります。公園の木々はちょうど紅葉の最終章。風が吹くと雪が降るように木の葉が舞い落ちてきます。足元は落ち葉でフカフカザクザク。夕暮れ前の公園を歩いてみたら、自然の優しさに心が和みました。

我が家はお引越しから一月半。ようやく普通に生活できるようになりましたが、まだ行方不明のモノや『あれ?どこかで見たんだけどな~』が頻発しています(汗)。そして食器棚や本棚の上に詰めた転倒防止用の段ボールも未だに引っ越し屋さんデザインのまま。このままお正月というわけにもゆかず、何とかしなければ~!というそのお悩み過程を大公開。真似する方はご参考になさってくださいね。

 

 

201710-02-05.jpg段ボールの表面を加工すればきれいだけど・・・

『段ボール箱の表面にきれいに布や紙を貼って仕上げれば見た目は上々』ということはもちろん最初に考えました。しかしその流れをシュミレーションすると問題点が・・・。

1)その加工を誰がいつやるの?(2段積みなので食器棚の上だけで8個もある。家中全部だと26個もある!)
2)紙を貼ってもベタ貼り(全面に糊を付けてピッタリ貼る)でよほど上手に仕上げないとじきに剥がれてくる。
3)この面積に布をきれいに貼り付けるにはそれなりの腕が必要だし膨大な手間がかかる。 

引っ越し後の煩雑な手続きもまだ全部は終わっていないし、毎日の暮らしはあるし・・・『やってられないわ!』とこの案は一旦却下となりました。

 

次に考えたのはカーテンを付ける案

201711-22jpg.jpg『じゃあ、天井から家具の上端までの丈のカーテンを吊ろう!』壁紙と同じ色合い(白系)なら溶け込んで目立たなくなるはず。収納として使っている段ボールですが、カーテンなら出し入れも楽に出来そうですね。作業も既縫製品のカーテンを丈詰め&レールの取り付けなら一気に出来て簡単そう!『これは名案!』と思ってホームセンターにカーテンを見に行ったのですが・・・

大問題発生!カーテンレールを天井に取り付けたとして、レールの高さが15mm程度ある=段ボールが引っ掛かって取り出せない。容易に取り出せるほど天井との間に隙間を開けたら転倒防止効果が大きく損なわれる。シアータイプでは箱が透けて丸見え&ドレープでフラット(ヒダ無し)にすると、まるで白布を吊ったようでカッコ悪い!

というわけでこの案も却下。ホームセンターからスゴスゴと帰ってきてしまいました。

 

201711-23.jpgならば段ボールを布で包んじゃえば?

『それなら簡単そうだし良いんじゃないの?』と盛り上がって試しにカーテンの裾の方でで段ボールを包んでみました。しかし・・・。ズラリと並ぶとどう見ても怪しい物体。その上段ボール箱全体を包もうとすると結構大きな布が必要になります。26個もあっては、いったい幾らお金が掛かるやら。それに中身の出し入れ時はその都度包み直し?(絶対に開けなくなりそう)
じゃぁ前面だけ一枚の布で上下を挟み込んで包んじゃうとか・・・。出し入れするときは全部外して包み直す?

う~ん、これも現実的ではないということで却下となりました。

 

段ボールにクロス(壁紙)貼るっていうのは?

201710-02-02.jpg『最近はホームセンターでも生糊付きのクロス売ってるから、前面だけ貼るならそれで出来るかも!』壁紙なら周囲との違和感は少なそうですし、紙よりはるかに丈夫で、糊付きなら手間も省けて言うことなし! さっそく近所のホームセンターに糊付きの壁紙を探しに行きました。

最近のホームセンタには補修用ばかりではなく壁紙や道具なども色々置いてあるんですね。職人さん用のお店かと思うくらい何でも揃っています。糊付き壁紙も生糊ではなくシールのようになっていたりして、『これなら楽勝じゃ~ん!』と大はしゃぎ。しかしどれも部分補修用らしくサイズが小さい!1パック1000円弱もするのにです。 段ボールと言っても我が家の物は縦35㎝×横52㎝ほどありますからとても間に合わない寸法です。
 
『以前90㎝幅の生糊付壁紙を確かにホームセンターで見たことがある』と思い店員さんに尋ねてみると・・・ありました。柄は数種類ですが、90㎝幅で10m、15まで。しかし私に用途を尋ねた店員さんは意外なことを言い出しました。
 
201711-24.jpg『ダンボルーに貼るのなら、生糊付はやめた方が良いですよ。』その理由は、『糊に水分が多いから、段ボールがヘロヘロになってしまって上手くできないと思います。』なるほどですね。生糊付で販売するためには、長期間ウエットな状態を保たなくてはならないということですものね。
 
そして店員さんは代替案を教えてくれました。『糊のついていないロールの壁紙を切り売りしていますから、それを買って、両面テープで貼付けるのが一番簡単できれいにできますよ!』ということで売り場に案内してくれました。無難なホワイト系ばかりで柄も数種類ですが、我が家もホワイト系ですから柄合わせまではしなくてもOK!ということでとりあえずリビングの食器棚上分だけ5m購入しました。
 
201711-25.jpg安いんです!なんと298円/1mでした。そして言われた通りに強力タイプの両面テープ10m巻を2本。こちらは1本600円弱。以外にお高い印象です。全部で3000円弱。DIYで『とにかくやってみよう!』という時は、お金をかけないのが私流。上手くできるかどうかも解らないですからね。
 
というわけで、ようやく材料が揃った我が家です。大掃除が始まる前に、今度の休みに取り合ず1個やってみようと思います。我が家の検討過程、どれも引っ掛かりそうなポイントです。家具転倒防止&収納段ボールアイディアを採用される方はご参考になさってくださいね。すっきり安全なお正月に向けてもうひと頑張りです!
 
 
201711-262.jpg

家具転倒防止のアイディアは性能を保証するものではありません。家具転倒防止には市販の器具と合せてご使用ください。

Writed by S

 

 

 

GLホームへのお問い合わせ

住所
〒136-0071
東京都江東区亀戸1丁目5番7号 錦糸町プライムタワー
TEL
0120-7109-24(なっとくツーバイフォー)(フリーダイヤル)