本部スタッフブログ

GLホームの本部スタッフが綴るブログ

2014年7月のブログ記事

2014年07月27日(日)在来工法とはここが違う!ツーバイフォーの作り方(3)

201407-02-01.jpg今年の関東地方はほぼ平年並みの梅雨明けを迎えました。すると今度はいきなり35℃前後の猛暑到来!この時期の暑さはカラッとした暑さではなく、湿度も気温も高い暑さなので身体に堪えます。そんな中、北海道の友人からは「お天気が悪くて寒いです」とのメール。近年は北海道でも30℃を超えることがちょこちょこあると聞きますが、やはり関東以西の猛暑とは違うのでしょうね。昔から月遅れのお盆の頃までが一番暑いと言われます。体調を崩さないように 暑さ対策をしっかりして、元気に夏を楽しみましょう。

さて、今日の話題は『ツーバイフォーの作り方』シリーズ。前回からちょっと間が空いてしまいましたが、床組の続きからのご紹介です。

 

コンクリートの基礎に木材の土台を敷いて、次は床組みの準備?

前回はコンクリートの基礎が出来上がり、そこに土台という木の部材を取付けて、大引(おおびき)を設置するところまでご紹介しました(前回の記事はこちら)。今日はその先ですね。さぁ、この束石(つかいし)と床束(ゆかつか)に相当するパーツ。四角い金属板に金属の棒がくっついたような格好をしていますが、ただ基礎底板面に置くだけでは『ズレちゃわないの?』と不安になりますね。ご安心下さい、ちゃんとコンクリート釘で基礎底板に留め付け、更に金属板の周囲を接着剤で固定します。このパーツ、図面から数えてみたら、展示場全体で118個もありました。一つのパーツに釘穴は4個。全部で500本近い釘を打つことになります。家づくりとは、こうした細かい作業を一つ一つ人の手で積み上げてゆくことなんだと改めて思います。

201407-02-02.jpg

こうして基礎と上部の木の家がしっかり一体化するように、床の下でガッチリジョイントされているのです。

 

部材と部材のジョイント部は金物でしっかり留め付けます

下の左側の写真を見てください。職人さんが何か山形をした金属製のパーツを配って歩いているようですね。これは大引と土台がズレないように固定するためのL型金物。これから一つ一つ取付けてゆくのです。現場ではよくこうして設置場所にパーツを配っておいて、順次取付けてゆくといったやり方をします。この写真では配っている人と取付けている人は同じのようですね。ワンブロックごとに作業を進めているのかも知れません。

201407-02-03.jpg

 

床組の前にまだまだ仕事があります 

あれあれ ?職人さんがツーバイフォー材とおぼしき材木を持ってきました(写真左)。どうやら土台の脇に取付けるようですね(写真中)。取付けると一番右端の写真のような納まりになります。これは『添え木』と呼ばれる部材で、土台や大引の上に敷く1階床合板を支える補助的な部材で、土台の脇に土台と同じ高さで取付けてゆきます。

201407-02-04.jpg

 

こちらでは職人さんが大引になにか小さな金物を取付けています

201407-02-05.jpgこれはこのあと取付ける床断熱材の受け金物です。間隔を計りながら、決められた数を一つ一つ釘で留め付けてゆきます。床断熱材はこの広い床面全部に施工されますから、このピッチで金物を取付けてゆくとなると気の遠くなるような数ですね。この職人さんはさっき添え木を取付けていた方、大引のL型金物を取付けていた方とは別のようですね。こうして現場では何人かの職人さんが、それぞれ別の仕事をしていたりします。

 

 

そうこうするうちに、こちらでは基礎底板の上に断熱材?

201407-02-06.jpgあれあれ?断熱材は大引の間に施工するはずでは?と思ったら、このブロックはユニットバスが来るところでした。昔は浴室だけをコンクリートで囲んで別区画にしていましたが、現在の高性能ユニットバスなら必ずしもその必要はありません。この現場でも浴室に隣接する洗面脱衣室、トイレ、廊下の一部を一つのブロックとして基礎を作っています。ですからこのブロック全体の基礎の内側(立ち上がり部分も含め)を断熱材で囲む感じです。(右の写真でピンクに着色したところがユニットバスを設置するところ)

 

これでようやく床合板を張る準備が出来ました

土台を取付けて、大引を組めば直ぐに床合板を張れる?なんてお思いでしたか? しかし実際には床合板を張るまでに、こんなにたくさんの工程があるのです。このあと床断熱材を設置して、ようやく床合板の敷込みとなります。次回はその辺りからまたご紹介して参りましょうね。
お楽しみに~!

Writed by S

2014年07月13日(日)簡単!美味しい!夏バテ防止にお勧めのレシピをご紹介

201407-01-01.jpg七夕も過ぎて7月も中旬。子供達の夏休みももうすぐですね。平年値では九州南部でそろそろ梅雨明けのころ。関東地方も平年値なら、あと一週間ほどで梅雨明けの予定?ですが、今年は少し遅くなるのでしょうか?

さて、梅雨明け前とは言っても、この時期になると気温は30度近くまで上がることが多くなります。湿度が高く、『じっとしていればそんなに暑くは無いけれど、ちょっとでも動くと汗が噴き出して来る!』といった感じ。だるいし、むくみが出てしまったり、食欲が落ちたり、疲れが溜ったり・・・。身体が本格的な暑さに慣れていないこともあって、身体に堪える陽気です。そこで思い出したのが、今日ご紹介するレシピ。今は亡き姑に教えてもらった夏のスタミナレシピです。超簡単!さっぱり美味しくて栄養満点。昔の人の知恵が詰まった夏バテ防止レシピを是非ご活用下さい。

 

その名もズバリ!『梅オクラ納豆』

201407-01-02.jpg私が姑からこのレシピを教わったのは、もう20年以上も前のことです。食養生に造詣が深く、日々手料理で家族の健康を守ってきた人でした。『暑い季節はね、酸味を上手に取り入れると食べやすいし、元気が出るのよ』と言って教えてくれた梅オクラ納豆。舅は暑い季節になると毎朝必ずこれを食べていました。簡単に言うと、オクラと梅と納豆を混ぜて食べる。ただそれだけなのですが、予想外に美味しくて、納豆の苦手な私でも美味しく頂くことが出来ます。姑曰く『ネバネバはスタミナの素』なのだそうで、舅がパワーダウンしていると、『梅オクラ納豆』に更に山芋が加えられます。こうなるともう'『ネバネバ三兄弟夢の競演~!』状態ですね(笑)。山芋が入ると、よりサラッとした感じになり、食べやすくなるように感じます。ではさっそく作り方をご紹介しましょう。  

 

『梅オクラ納豆』の作り方

201407-01-03.jpg 材料(2~3人分) 

納豆(40~50g) : 2パック

オクラ        : 6~8本

梅干し        : 3~4個

材料はたったこれだけ。オクラが新鮮で柔らかい物であれば、一切加熱調理をせず、混ぜるだけでも出来てしまいます。暑い時期は火を使うのも億劫。ささっと出来るレシピがありがたいですね。

 

201407-01-04.jpg1)オクラはサッと水洗いして軽く水気を切り、頭をカットしておきます。(頭をカットするのは加熱した際に破裂しないための空気抜き処理です)

 

 

 

201407-01-05.jpg2)頭をカットしたオクラをビニール袋などに入れ、電子レンジでサッと茹でる程度に加熱します(オートタイプなら「葉物/弱め」)。 もちろんお湯で茹でても良いのですが、電子レンジの方が栄養が逃げないとも言われます。夏は火を使うと暑いので、私はレンジ派です(笑)。 

 

 

201407-01-06.jpg3)梅干しは、種を外して包丁でたたき、ペースト状にします。練り梅があればそれを使っても構いません。大きな梅干しなら納豆1パック当り1個、今回は小型の梅干しなので、1パック/2個使用しています。味付けはこの梅干しの塩分のみ。お好みに合わせて適宜量を調整してください。

 

 

201407-01-07.jpg4)加熱したオクラの粗熱を取り、巾2~3mmの輪切りに刻みます。お星様の形が可愛いですね。細かく刻みすぎない方が美味しく頂けます。

 

 

 

201407-01-08.jpg5)ボウルにオクラ、納豆、ペースト状にした梅を入れ、粘りが出て白っぽくなるまで良くかき混ぜます。梅干しの塩分で十分味が付きますので、他の調味料は不要です。納豆の栄養成分の一つナットウキナーゼは70℃を超えると働かなくなってしまいますので、オクラは必ず粗熱を取ってから混ぜてください。

 

 

201407-01-09.jpg6)器に盛りつけて出来上がりです。

 

 

 

 

梅オクラ納豆のバリエーション

201407-01-10.jpg<その1> スタミナ増強のために山芋を加える。山芋の場合、すり下ろすとやや水っぽくなってしまうので、千切りにしたり細かく刻んで入れると、シャキシャキした食感も楽しめて美味しいです。すり下ろして入れる場合は、山芋よりも大和芋(自然芋)のような濃いタイプのものを使い、粘度を見ながら調整する方が良いようです。

<その2> 栄養価増強のためにゴマを加える。見た目にはホールの炒りゴマを加えた方がきれいですが、人間はゴマの皮を消化できないと言われているので、栄養的にはすりゴマが理想的。ホールのゴマを加えた場合、ネバネバに邪魔されてゴマをプチっと噛んで楽しむのは難しです。もちろん山芋+ゴマのダブルトッピングも美味しいですよ!

<その3> 刻み海苔とわさびでドレスアップ。器に盛った後、刻み海苔をふり、わさびを添えると、見た目にも素敵な小鉢になりますし、海苔とわさびの風味で大人の味になります。これはお酒(日本酒)のおつまみにも喜ばれます。

 

梅オクラ納豆が夏バテ防止にお勧めなわけ

201407-01-11.jpg夏バテ防止には、ねばねばが良いとか、酸味が良いとか言う話は確かに聞いたことがあるように思います。そこで今回その根拠を調べてみました。
オクラのネバネバ成分は、ペクチンと言う水溶性食物繊維と、ムチンという多糖類。このうちペクチンは食物繊維として整腸作用や成人病予防に効果がある成分。一方ムチンは胃の粘膜を保護し、肝臓、腎臓の機能を高める作用も持っているようです。またβカロチン、カリウム、カルシウムなども豊富で、栄養価の高い野菜と言えます。ムチンとペクチのネバネバで、疲れた胃腸を優しく癒してくれそうですね。

 

 

201407-01-13.jpg一方昔から健康に良いと言われる梅干し。こちらは実に様々な効能があるようですね。代表的なものと言えばはクエン酸の働きが挙げられます。梅干しに含まれるクエン酸やベンズアルデヒド と言う成分は、微生物の繁殖を抑える効果があり、お腹の中で食中毒の原因菌を抑える作用をしてくれます。そういえば昔からおにぎりやお弁当のご飯に梅干しを入れると腐りにくいと言われていました。ちゃんと根拠があったんですね。

またクエン酸は体内でエネルギー源となる栄養素を燃やしてエネルギーに変える大切な仕組み=クエン酸サイクル=を活発にする働きがあります。この仕組みが十分に機能できないと、疲労の原因物質となる乳酸やビルビンサンなどが体内に溜ってしいます。ただでさえ暑さで疲労が溜りがちな夏。クエン酸サイクルを活発にして疲労原因物質の蓄積を防いでくれる梅干しは、間違いなく元気の素と言えそうです。

201407-01-12.jpgそして「暑さ負けの妙薬」の別名があると言う納豆。日本の伝統的健康食材ですね。納豆には原料となる大豆そのものの持つ良質の植物性タンパク質、ビタミンB群などがそのまま受け継がれていて、納豆に加工することでアミノ酸も増えて消化吸収されやすくなります。疲労回復作用、スタミナ強化、納豆菌による整腸作用、血液サラサラ効果など、身体の元気を支えるのに効果的な成分がたくさん含まれています。

姑がどうしてこの「梅オクラ納豆」を作るようになったのか?伝統的なレシピだったのか否か?今となっては知る術も無いのですが、こうして調べてみると納得できるだけの根拠はありますね。「恐るべし昔の人の知恵!」といったところです。ちなみに舅はこの梅オクラ納豆を毎朝食べ続け、暑さの厳しい名古屋の夏をほとんどエアコンも使わず元気に乗り切っていました。

我が家もこの夏は梅オクラ納豆で夏バテ防止!さっそく今日から始めたいと思います。皆さんも是非お試し下さい。

Writed by Y

GLホームへのお問い合わせ

住所
〒136-0071
東京都江東区亀戸1丁目5番7号 錦糸町プライムタワー
TEL
0120-7109-24(なっとくツーバイフォー)(フリーダイヤル)