本部スタッフブログ

GLホームの本部スタッフが綴るブログ

2014年8月のブログ記事

2014年08月24日(日)在来工法とはここが違う!ツーバイフォーの作り方(4)

201408-02-01.jpg8月も月末が近づき、子供達は夏休みの宿題の総仕上げでしょうか。今年の夏はお天気がとても不安定でしたね。関東地方を除く各地では、度重なる台風の襲来が終わったと思ったら、今度は前線で雨続き。大規模な土砂災害も発生してしまい、改めて自然の驚異を感じます。被災された皆様には心より御見舞申し上げますと共に、一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

さて、今日の話題はシリーズでご紹介している『ツーバイフォーの作り方』の4回目。床パネルの構成をご紹介します。断熱材を敷き詰めて、その上に合板を張って・・・。ご自宅の建築以外ではあまり見ることの出来ない作業の様子をご紹介して参ります。前回の記事はこちらからご覧下さい

 

床合板を貼る前に、床下の断熱材を敷き込みます

基礎が出来上がり、土台を取付けて、床を支える大引(おおびき)と束(つか)を取付け、さぁ床合板!っとその前にもう一つ大事な工程があります。そう、床下の断熱ですね。仮に現状のまま合板を貼ったとしても、コンクリートの基礎がプールの様な形に出来上がっていて、構造上は特に問題はありません。しかしこのコンクリートで囲まれた床下空間は、大引や土台といった部材を良い状態に保てるよう『基礎パッキン』を入れて風通しが良くなるようにしてあります。と言うことは、冬場になれば冷たい外気がこの床下空間に入ってくると言うことですね。室内で一生懸命暖房しても、床下から冷やされたのでは非効率。そこで床合板を貼る前に、断熱性能の高いポリスチレンフォームを敷き込みます。

201408-02-02.jpg

これで解りましたね。大引にいくつも取付けていたL字型の小さな金物は、こんな風にして断熱材を支えるためのものだったんですね。図面の指示によると、ここの断熱材は厚さ90mm。写真では断熱材を敷き込んで、まだ大引と同じ高さになっていませんから、45mm厚さのものを2枚重ねて使うようです。

201408-02-03.jpg

断熱材は大引との間に隙間が出来ないように、サイズを合わせてピッタリに納めます。右の写真が断熱材を敷込み終わった部分の断面。やはり2枚重ねになっていますね。そして断熱材の表面と大引の上面が同じ高さ=平らになっています。

201408-02-04b.jpg

左の写真はおおよそ断熱材を敷き終わったところです。早くも床合板を運び込み、次の工程の準備をしていますね。
ご紹介している写真は、GLホームいわき店(福島県)のモデルハウス施工中の写真です。断熱材の厚さ等については施工エリアにより気候が異なることから、国の指定する8種類の地域区分に従って、それぞれに合致した基準値を設定しています。いわき展示場は『一般Ⅴ(←ローマ数字の5)地域』に該当しますので、これに合わせた基準に基づいて施工しています。細かい仕様は全く同じにはならないことがありますので、ご了解下さいね。

 

いよいよ床合板の敷込みです

床合板と言っても今どきは厚さ24mmもの分厚い構造用合板を使います。従来は構造用合板と言えば厚さ12mmが一般的でしたから、2倍の厚さと言うことになります。持ち上げようとするとかなり重いです。

従来ツーバイフォー工法では、床根太を1/3グリッドや1/4グリッドの間隔で細かく設置し、その上に12mm厚さの構造用合板を敷き込んで床を構成するのが一般的でした。しかしこの作り方では、断熱材を床根太の間にびっしり敷き込むのにはかなり手間が掛かりますね。そこで根太よりも大きな部材の大引を1/1グリッド間隔で設置して床根太を省略。その分床合板の厚さを2倍にして、強度をキープしています。この工法が取り入れられ始めた頃、私も『どんな感じかな?』と何度も現場に足を運んで確認しましたが、個人的な感想としては『やはり厚さ24mmの合板は安定感が違う!』といったところです。更にこれまでご紹介の通り、断熱材をびっしり敷き詰めるのにも好都合。現在ではこのように根太を使わず大引と厚い合板で床を構成する方法が広く取り入れられるようになっています。

201408-02-05.jpg

まず大引の上に接着剤を塗ります。何故こんな不安定な姿勢で作業しているかと言うと・・・そう、現状では一見床が出来上がっているように見えますが、実際に人の体重を支えられるのは大引の上と合板の上だけなんです。ちょっと思い出してみてください。断熱材は、大引に取付けられた小さなL型の金物の上に乗っているだけです。人が乗ればズボッと落ちてしまいますね。一見平面的に広がっている床の上で、歩けるところは限られていると言う状況。馴れないと結構キツイです(笑)。思わず断熱材の上にも足を出してしまいそうで・・・(>_<)。

201408-02-06.jpg

合板を置いたら直ぐに当て木をしてハンマーで水平方向から叩きます。これは隙間なくピッチリと合板を敷き詰めるための作業です。そして位置が確定したら、釘打ちでしっかり留めます。

201408-02-07.jpg

左の写真は床合板をおおよそ貼り上げたところ。遠目だと一見フローリングを貼ったのかと思うくらいきれいな仕上がりですね。右の写真、赤い矢印で示したラインが合板の継ぎ目、青い矢印で示したラインは職人さんが位置を示すために付けた墨打ちのラインです。合板の継ぎ目がいかにピッチリときれいに処理されているかお解り頂けると思います。

 

これがツーバイフォーと在来工法の違い!

ようやく床が出来上がりましたね。この床の状態をプラットフォームと言います。駅のプラットホームみたいでしょう?(笑)。基礎や床組を作っているときは、正直在来工法かツーバイフォー工法か一見しては見分けにくいです。でもここまでくれば一目瞭然! 床が出来ているのに柱が一本も建っていません。これが壁面を組立てて建物を構成するツーバイフォーの一番の特徴です。在来工法の場合は、柱と梁を基本構造として建物を構成してゆきますので、床面を構成する前に、必ず柱、梁、そして小屋組まで作ってしまいます。小屋組の一番高い部材が棟木(むなぎ)。壁の無い状態で棟木まで立ち上がるので、上棟式の時はてっぺんの棟梁さんがよく見えますよね。ツーバイフォーの場合、棟木が上がるまでには、1階の壁を組んで、2階の床を組んで、2階の壁を組んで、それから小屋組。暫く先のことになります。

次回はその壁を立ち上げるところをご紹介しましょう。お楽しみに!

Writed by S

2014年08月10日(日)家相ってやっぱり気にする? そんなギモンにお答えします。

201408-01-01.jpg暦の上では立秋を過ぎました。今週は夏休みウィークですね。関東以西では『立秋』と言ってもまだまだ暑さの真っ最中。それでもお盆休みが終わる頃になると、心持ち空が高いように感じます。暑さ負けしないように気をつけて、楽しい夏休みをお過ごし下さいね。

さて、今日の話題は家相。『迷信だ、そんなの気にしない・・・』と言いつつも、誰かに言われたり、本に書いてあったりすると気になるものですね。人によって言うことが違ったり、対策をどうしたら良いのか解らなかったり・・・。そんな家相のギモンにお答えして参りましょう。

 

一口に家相と言っても中身は色々

201408-01-02.jpg家相と聞くと、鬼門、裏鬼門、巽(たつみ)の玄関、方位・・・そんな連想をされる方が多いのではないでしょうか。実は家相といっても中身は色々。元来家相とは、中国で発達した風水を主軸とした考え方です。これ以外にも中国で唐~明の時代に完成したとされる奇門遁甲術をベースにしたもの、日本で独自の発達を遂げた気学をベースとしたものなど、一見似ているようですが、実は基準になる考え方が異なっていたり、流派によって解釈が違ったり、中身は一様では無いのが現状です。しかしながら東洋哲学的な陰陽五行の考え方が根底に流れていると言う点では共通で、理屈や流派が違っても、大筋のところは類似点が多いものです。

これに加えやっかいなのは、日本独自、或いはその地域独自の風習や言い伝えなどで可否がルール化され、家相の一部に組み込まれて来た事柄。もちろんこれらは生活の中から生み出された『昔の人の知恵』であり、尊重すべき点も少なくありません。しかし第二次世界大戦直後の頃から比べても、設備や性能が格段にレベルアップした現代の住まい。中にはその技術力で『気にしなくても良くなった』事柄も多々あるのです。一口に家相と言っても、東洋哲学的な家相のあれこれと、こうした『昔の人の知恵』の部分とは分けて考える必要があります。根拠なく『良い/悪い』を気にして振り回されるのではなく、中身を理解して上手に応用してゆきたいですね。

 

家相や住まいのしきたりについてご紹介してゆきます

201408-01-03.jpg家作りを考えた時、この複雑な家相をまじめに完璧に整えたプランを作ろうというのは、現代の住宅事情の中では相当に困難なことです。風水や気学など、多くの方術では、きちんとしようとすると土地そのものの環境にまで言及しますから、更にハードルは高くなります。そこでこのコーナーでは、比較的応用し易い気学家相を中心に、神棚・仏壇の祭り方、着工、上棟などの日取りの決め方など、伝統的に言い伝えられて来たしきたりやノウハウ、そして良くない家相と言われた際の次善の策、解決法なども含め、実際にご質問の多い内容を今日の生活に即して順次ご紹介して参ります。

 

最初に決めなければならない一番大切なこと

201408-01-04.jpg『知らずに来れば目を潰す、知ってくれば命取り。』恐ろしい言葉ですね。これは私が幼い頃、よく祖母から聞かされていた言葉です。そもそもは巡金神=めぐりこんじん(暦に出ている神様で、この金神様の方位に向かって何かをすると障りがあるとされます)の障りについての諺だったようですが、祖母は『生兵法は怪我の元』の意味で言っていたようです。すなわち、『見るのならば従いなさい。従えないのなら、最初から見ないこと。』これは現代にも十分通用するとても大切な注意事項です。

家が出来てしまってから家相を見てもらい、『この家は家相が良くない。必ず病人が出ます。』などと不吉なことを言われたとしたらどうでしょう。迷信だ!気にしない!とは言っても、やはり不安になりますね。最近の科学的研究からも、心理的な不安が体調不良や精神的不安定を招き、結果として不幸のスパイラルを招いてしまうことがわかってきました。逆に『素晴らしい家相です。きっと子々孫々まで発展繁栄するでしょう』と言われたら? その気になって意気揚々、その心の元気とパワーが自信を生み、結果的に幸せのスパイラルを手にすることも可能なのです。

家相を紐解く前に、『どこまで気にするのか?』。『悪いと出たら修正するのかしないのか?』しっかりご自身の中で線引きをしておくことが大切です。家相を見るのであれば、納得できるところまでしっかりこだわること。『良くないけれど仕方がない・・・』で建ててしまうと後々の気がかりの種になります。 そして『気にしない!』、『今更プランを変えられない!』と決めたら、どんなに気になっても敢えて中身を見ないことです。周囲の人からとやかく言われても、『気にしない!』と決めたのなら『それ以上言わないで!』と言って中身を聞かないようにしましょう。これが最初に決めなければならない一番大切なことです。

 

実際にあった失敗例をひとつ

201408-01-05.jpgお客様はお若いご夫妻。家相だの暦だのは気になさらない方でした。現場は東京都心に近い住宅地、コンパクトな面積で必要なスペースを取るために工夫を凝らしてのプランニングです。そんな中、一階の4.5帖の畳コーナーに床の間様に地袋を造作し、そこに小さなお仏壇を置きたいとのご意向でした。ちょうどその上は階段スペース。天井高さは取れているのですが、古来仏壇・神棚の上は歩いてはいけないとする習慣がありますね。『北を向けてはいけない』という風習を守ると他に適当な場所もなく、『“雲”と書いて貼れば良いのでしょう?』ということでプランは確定。お住まいはそのまま竣工しました。

ところがこのご夫妻、新築のお披露目パーティーでお招きした親戚のご年配の方々から[『階段の下に仏壇を置くなんて!』と総攻撃を受けてしまったそうです。言われれば、やはり気になるのがこの手の話。早々に改修工事のご依頼です。お部屋が狭くなるのは覚悟で別のところに新たに地袋を作り、お仏壇はそちらにお引越し。家が出来てしまってからでは他に方法がありませんでした。費用も掛かってしまいます。私たちスタッフは、そのような風習があることはお伝えできても、それに従う、従わないはご本人様のお考え次第なので、それ以上はなんとも・・・。微妙な難しい問題です。

 

みんなに喜ばれる幸せな住まいのために

201408-01-06.jpg家作りに際しては、周囲の意見という微妙な問題も少し頭に入れておいた方が良いようです。(皆さん勝手なことを言いますからね(汗)。)住まいは大きなお買い物。自分の家であっても、自分の考えだけで押し通しきれない何かが確かにありますね。それこそ孫子の代まで残る大切な資産、みんなから祝福される幸せな住まいを作り上げたいものです。前述のお若いお客様のように後で周囲からイチャモンを付けられないためにも、迷ったときは文句の出そうなところに相談してみるのが賢明な方法。リスクの高い順に行くと、ご両親、伯父様、伯母様方、お祖父様、お祖母様あたりでしょうか。年配の方々の中にはしっかりこだわるべきと言うお考えの方もいらっしゃいますので、意見に従うか否かは別としても、先に話を通しておく方が家が出来てからゴチャゴチャ言われる可能性は低くなります。家作りに置いても、しっかりとした方針と事前の根回し?が成功の秘訣のようです。

今日は家相やしきたりについて、概略と向き合い方のお話になりました。来月からは実践的なハウ・ツーをご紹介してゆきます。ご期待下さい。

Writed by Y
 

2014年08月01日(金)GLホームの番組が放映されています

 GLホームの新商品「ウッズヒル・アーリーアメリカンスタイル」を紹介する番組が下記の内容で放映されます。

皆さん、是非ご覧ください。

<記>

 1.番組名    :「夢のアメリカンスタイル!北米デザイン住宅」

2.番組配信先 :

   ・アクトオンTV J:COM 701ch.はじめ全国のケーブルテレビ 他

     ・J:COMチャンネル J:COMエリア内地デジ11ch

      ・J:COMテレビ J:COMエリア内 地デジ10ch

       ・WEB動画 『アクトオンTV』ホームページ http://www.actontv.com/tv/

 3..放送日時  

 ■アクトオンTV

回数

放送日

放送時間

1

8月1日(金)

22:30

2

8月2日(土)

9:30

3

8月4日(月)

23:00

4

8月5日(火)

10:00

5

8月6日(水)

21:00

6

8月7日(木)

8:30

7

8月8日(金)

14:00

8

8月11日(月)

20:00

9

8月12日(火)

14:00

10

8月16日(土)

20:30

11

8月18日(月)

14:00

12

8月19日(火)

0:00

13

8月20日(水)

11:00

14

8月23日(土)

19:00

15

8月24日(日)

21:30

16

8月25日(月)

9:00

17

8月27日(水)

14:00

18

8月28日(木)

23:30

19

8月29日(金)

10:30

20

8月31日(日)

18:30

  ■     J:COMチャンネル(11ch) 

回数

放送日

放送時間

1

8月3日(日) ※関西以外

24:00

2

8月14日(木) ※関西以外

24:00

3

8月22日(金) ※関西以外

24:00

4

8月30日(土) ※関西以外

24:00

  ■     J:COMテレビ(10ch)

回数

放送日

放送時間

1

8月9日(土)

20:00

2

8月10日(日)

9:30

3

8月16日(土)

23:30

4

8月26日(火)

19:30

GLホームへのお問い合わせ

住所
〒136-0071
東京都江東区亀戸1丁目5番7号 錦糸町プライムタワー
TEL
0120-7109-24(なっとくツーバイフォー)(フリーダイヤル)