本部スタッフブログ

GLホームの本部スタッフが綴るブログ

2015年2月のブログ記事

2015年02月21日(土)エコウィル、エコジョーズ、エコキュート、エネファームってどんなシステム?

   2月も下旬に入り、私の住んでいる東京郊外では、梅が三分~五分咲きになっています。まだまだ空気は冬ですが、晴れた日の日射しはずいぶん力強さを増し、夕暮れもぐっと遅くなってきましたね。東京地方は夕方五時でもまだ明るいです。あと一ヶ月もすれば桜前線も動き出すでしょう。春ですね~!

   さて、今日の話題は表題の通り。新年の「今年の運勢」シリーズで少し時間が空いてしまいましたが、昨年最後のこのコーナーでは『エコウィル』、『エコジョーズ』、『エコキュート』、『エネファーム』それぞれの概略をご紹介しましたね。そこで今日は各論、どんな仕組みなのかをご紹介して参りましょう。

 

まずはそれぞれの概略をおさらいしましょう

201412-02-04.jpg

   上の表はエコウィル、エコジョーズ、エコキュート、エネファームそれぞれの概要を一覧表にしたものです。では仕組みの簡単そうなものから詳しく中身を見てゆきましょう。

(1)エコジョーズ

   これは従来型ガス給湯機のエコ進化タイプ。『省エネ高効率ガス燃焼型給湯器』が正式名称のようです。従来型の瞬間湯沸かし器タイプですが、これまで利用できずに排出されていた排気中の熱エネルギーを回収&利用することで、従来80%が限界と言われていたエネルギー効率を95%まで高めたというもの。東京ガスの資料によると、ガスの使用量を約13%節約できるとのことです。他の省エネ型給湯システムの多くが貯湯タンクの設置が必要なのに対し、エコジョーズは瞬間湯沸かしタイプなので、貯湯タンクが不要。コンパクトな設置スペースと、湯切れなしの安心感が特徴と言えそうです。設置費用も従来型プラスアルファ程度で比較的お手頃。エコシステム入門編といったところでしょうか。下の図は東京ガスさんの資料から引用させていただいています。

エコジョーズ.jpg

(2)エコキュート

   こちらは今回取り上げた4種類のエコシステム中唯一電気を動力とするタイプです。『エコキュート』の名称はいわばシステムのニックネームであって、正式名称は「自然冷媒CO2ヒートポンプ給湯機」というそうです。こちらは正式名称にもあるように、冷媒に二酸化炭素を用いたヒートポンプシステムを使ってお湯を作り、給湯や床暖房などに使おうというものです。エネルギー効率は約300%。これは1のエネルギー(電力)で300の熱(お湯として)を生み出すと言うことですから、他のシステムと比べてもダントツの高効率ですね。しかし動力となる電力は各地の発電所で作られたもの。発電効率32%の発電所で作られた電力なら、エコジョーズとほぼ同等のエネルギー効率と言うことになりますが、送電ロスなどを考えると微妙なところですね。もし自前の太陽光発電で作った電力で動かすとしたら、これは省エネの優等生ということになりそうです。

   ヒートポンプシステムとは、エアコンや冷蔵庫などにも使われている仕組みです。熱媒体となる物質を圧縮して高温にしたり、膨張させて低温にしたりして、その熱を利用します。このサイクルの中で外気の熱も取り込んで利用することから、『空気でお湯を沸かす』といったキャッチコピーが使われているようです。エアコンで言えば、冬場は圧縮による高温を暖房に利用し、夏場は膨張による低温をクーラーとして利用するといった具合です。エコキュートは圧縮してできた高温を水に移してお湯を作る仕組みですが、さすがに瞬間湯沸かし器のようなわけにはゆきません。貯湯タンクに作り貯めしておくことになります。したがってエコキュートでは、エアコンの室外機を少し大きくしたようなヒートポンプユニット(本体)と貯湯タンクをセットで設置する必要があります。エコキュートの採用を考える際は、タンク設置場所の確保が必須条件になってきます。

201502-02-03.jpg

   上の図はとても解りやすく書かれていたので、中国電力さんの資料から引用させていただきました。エコキュートの動力は電力ですが、電力はコンプレッサーを動かしたり、ファンやお水を動かすのに使っているのであって、直接電気でお湯を沸かしているわけではありません。そのあたりが高効率のポイントなのかもしれませんね。

 

(3)エコウィル

   これはガスを燃料とするエンジンで電気を作り(発電)、その際にエンジンから出た排熱を回収利用してお湯を作るというシステムです。このように一つの熱源(燃料)から電気と熱を同時に生産供給するシステムを総称して『コージェネレーションシステム』と言います。一般的には『コージェネ』などと略して呼ばれることが多いようです。『エコウィル』という名称は家庭用ガスエンジンコージェネレーションシステムの愛称であり、かつ大阪がガス(株)の登録商標でもあります。

   エコウィルの仕組みはガソリンエンジンの自動車をイメージしていただくと解りやすいかもしれません。自動車はガソリンエンジンを動かして動力を作り車を走らせています。これがエコウィルでいうならば、『ガスでエンジンを動かして電気を作る』と置き換えられます。そして自動車はエンジンの排熱をラジエターを介して外気中に放熱しますね。ラジエターの中に熱媒体として水が入っているのが現在最も一般的な水冷エンジンというわけです。エコウィルでいうと、そのラジエターがまさにお湯を作る部分。エンジンの排熱でお湯を沸かし、貯湯タンクにキープしておくというわけです。エコウィルのシステムは、ボイラーで廃熱からお湯を作り貯湯する給湯器ユニットと、エンジンで電気を作る発電機ユニットで構成されています。発電ユニットはそんなに大きなものではありませんが、給湯ユニットは貯湯タンクがありますので、それなりの設置スペースを確保する必要があります。

201502-04.jpg

   エコウィルでは燃料のガスでまず発電を行い、ついでに排熱も勿体ないからお湯に転換して利用しちゃいましょう!というシステムになっています。発電のみのエネルギー効率は40%前後ですが、排熱も利用することでこれを最大90%以上にまで高められるとのこと。かなり効率の良いエネルギーシステムですね。家で使う電気を家で作るために、送電によるロスが最小限なのも高効率に一役買っています。

   エコキュートやエコジョーズに比べると、初期費用も割高となり、とっつき難い感は否めません。しかしここは発電できるシステムであるという点がミソ。最近のシステムでは、停電時も手動でガスエンジンを起動して発電を開始(従来は停電すると使えませんでした)、容量内であれば災害時でも安心して電力を使えるといったものもあります。自家発電する分、電力の購入量が減ることから、年間の光熱費削減効果も大いに期待できます。主として日中に発電する太陽光発電システムと併用すれば、家庭で使用する電力のほとんどを自家発電で賄うことも夢ではありません。

   一方で初期費用が高めだったり、発電容量が1KW程度と小さめだったり、3年ごとの点検が必要だったり・・・とまだこれから進化してゆきそうな部分もあります。個人的にはエコウィル単体ではなく、太陽光発電との組み合わせなら使ってみたいなぁと思います。近未来には電気も地産地消の時代がやってくるのかもしれませんね。

 

   さてあと一つ、4番目のエネファームが残っているのですが、こちらは今注目を集めている水素を使ったコージェネレーションシステム。お話が長くなりそうですので、燃料電池自動車や、水素の生産、クリーンなエネルギーサイクルなどとの関連も含め、次回に改めてご紹介したいと思います。色々調べてみると、『ここまで来ているのか・・・』と技術の進歩にちょっとびっくりしますね。エネルギー事情が変われば社会にも大きな変化が生まれるでしょう。どんな社会になってゆくのか今後が楽しみです。

written by S

2015年02月05日(木)九星気学でみる2015年の運勢(3)貴方の運勢をズバリ予想!

201502-01-01.jpg

2月になりました。立春も過ぎていよいよ気学の世界でも新しい年が始まりました。立春とは名ばかりで、寒さは相変わらず厳しいですね。しかし関東地方ではロウバイが見頃、西日本では早咲きの梅が開花したとの情報もありました。コブシの枝先には小指の先ほどの大きな芽がついています。そういえば晴れた日の日差しは、一時に比べて力強さを増してきたように感じますし、日暮れもだいぶ遅くなって『まだ明るいから~』と油断していると、結構な時間になっていて焦ったり・・・。やっぱり春は動き出しているのですね。

さて、今日のこのコーナーは前回の続き。2015年各人の運勢のうち、五黄土星から九紫火星までのご紹介です。一白水星から四緑木星までの方、ご自身が何の星かご不明の方こちらをご覧下さい

 

五黄土星の方 

05.jpg

本年は本命星が西に回座し、9年を1サイクルとする運気のうち、5年間に渡る衰運期の2年目です。四年間の陽運期を経て昨年の多忙。このへんでホッと一息と言ったところでしょうか。イマイチ気乗りがしない、あと一歩のところで上手く行かない・・・など運気に衰沈の兆候が現れてきます。一方家庭内に縁談や結婚話など慶びごとを見る時期です。独身の方には婚活の好機!パーティーや会合など飲食を伴う楽しい場で縁を求めてみましょう。金銭面では一般に良好を見ますが、反面出費も多くなります。使いすぎに注意しつつ、返せる借金はこの機会に返しておくなど、財政面の健全化を考えて下さい。交際面は良好ですから、礼節を心掛け、今後に役立つ良い縁を求めて下さい。心身両面の活力が低下し、緊張感を維持しづらくなることから遊興に走る人もあります。気の緩みとならぬよう、自制と気持ちの切り替えを忘れないようにしましょう。周囲との和を心掛け、常に誠実さと謙虚さを持ってお過ごし下さい。

 

六白金星の方

06.jpg

本年は本命星が艮(北東)に回座し、9年をサイクルとする運気のうち、5年間に渡る衰運期の3年目です。北東は一般に鬼門と呼ばれ変化の象意があります。転職、事業の転換、転居、会社の整理など、これまでの状況に見切りをつけて新たな環境を求めると言った動きが出てきますし、ご自身にも変化を求める気持ちが強くなってきます。しかし本年はこの変化が暗転となりやすい星回りですので、よくよく状況を見極めて慎重な判断をして下さい。安易な行動は後に後悔を招きます。また本年は子供のことで問題が起きたり、相続、財産に関する問題に直面したりと言った傾向が出てきます。不安定な変化運の時期であることを踏まえ、目先の欲にとらわれず、周囲の状況をよく勘案して冷静かつ柔軟に対処して下さい。特に親族、身内の間でのトラブルに巻き込まれると良い結果は望めません。極力回避するよう注意を払って下さい。ギックリ腰や捻挫など関節の故障、ストレス性の疾患に注意して下さい。

 

七赤金星の方

06.jpg

本年は本命星が南に回座し、9年をサイクルとする運気のうち、5年間に渡る衰運期の4年目です。南は火の象意であり、燃え盛る火の明かりで諸事明らかになる事を意味します。過去の実績が明らかになり、評価を得て昇進したり表彰されたりといったことがあります。一方過去に悪事や隠し事のある方は、これらが明らかになり更迭されたり世間から厳しい批判を受けるなど、困難な状況が生じます。心当たりのある方は先んじて警戒し、影響を最小限に押さえましょう。また南には離合集散の象意があり、親しい人との生死別、部下が辞める、同僚の転勤といった事が出てきます。一方で新たなメンバーを迎える、会合で知り合った人と共に何かを始めるなど、新たな縁を結ぶ好機でもありますので、上手に活用して今後に役立つ人脈を広げて下さい。書類、契約ごと、印鑑の処置は、うっかりミスから大きなトラブルに発展する場合がありますので慎重にしましょう。ストレスをため込まないよう注意してお過ごし下さい。

 

八白土星の方

06.jpg

本年は本命星が北に回座し、9年をサイクルとする運気のうち、5年間に渡る衰運期の5年目、衰極の年です。俗に『貧と病の年』などと言われ、大病をしたり金銭の事で苦労をしたりといった事が多いものです。しかし来年からは陽運期を迎えます。農家の方が冬場に道具を繕い種まきの準備をするが如く、陽運期に向けて計画を練り、準備をする大切な一年でもあります。無理をして苦境からの一気脱出を図るより、現状を凌ぎ、維持することが肝要です。功を焦ると反って傷を深めてしまいます。安全な道を進みましょう。集中力を維持し難くなっています。何事に関しても内容を正確に把握する事を心掛け、ミスを防ぎましょう。またこの時期に色情問題に巻き込まれると厄介ごとになりますので要注意です。対人関係に悩む事があっても新たな人的交流は好調です。萎縮せず、将来に備えて有用な人脈を広げるよう努力しましょう。体調に異変を感じた際は早めに医療機関を受診し、本年中に治すようにして下さい。

 

九紫火星の方

06.jpg

本年は本命星が坤(南西)回座し、9年をサイクルとする運気のうち、4年間に渡る陽運期の1年目、盛初の年です。状況は今の季節に似て、立春は過ぎてもまだ寒さは厳しく、調子に乗って花を咲かせると、戻り寒波や遅霜に遭って萎れてしまいます。今年は基礎工事の年。いかに立派な家も基礎が軟弱では砂上の楼閣・・・本年は何事に対しても地道に堅実に行動し、来年からの本格的な発展運に向け強固な基礎を築いて下さい。失業している人は職種や条件に拘らず、まずは働く事で開運を図ります。不動産に関する問題は、欲を出さず真面目に取り組むことで概ね良好を得ます。母親、妻など中年の女性が力になってくれますので、彼らの言葉には素直に耳を傾け、大切に気遣いをしてあげましょう。本年坤は大歳方となり諸事増幅して現れます。気持ちに焦りが出やすい時期ですので独善的にならぬよう周囲との協調に配慮してお過ごし下さい。今年の努力は後に実を結びます。

GLホームへのお問い合わせ

住所
〒136-0071
東京都江東区亀戸1丁目5番7号 錦糸町プライムタワー
TEL
0120-7109-24(なっとくツーバイフォー)(フリーダイヤル)