本部スタッフブログ

GLホームの本部スタッフが綴るブログ

2015年7月のブログ記事

2015年07月20日(月)保健機能食品の中身をご存知ですか?

201507-02-01.jpg

海の日も終わり、子供たちの夏休みが始まりました。台風の運んできた暖かい空気に梅雨前線もどこへやら。一気に夏の到来です。関東地方はさっそくに連日の猛暑ですが、本格的な暑さはまだまだこれから。バテちゃいそうな身体にサプリや保健機能食品でチャージ!なんてついつい考えてしまいますね。ところでこの保健機能食品、な~んとなくは知っているけれど、ちゃんと説明してといわれると、知っているような知らないようなムニュムニュ・・・。いえ、これはちゃんと知っておいた方が良いみたいです。というわけで今日は保健機能食品の話題です。

 

医薬品と食品、そして保健機能食品

201507-02-02.jpg

考えてみてください。市販されているもので口から身体に入れるものと言うと、医薬品、そして食品ですね。『えぇ?本当にそれだけ?』と思いますが、考えてみると確かにそれ以外のモノは思いつきません。医薬品は具合の悪い時にしか服用しませんから、口に入るものの中では極々一部。ほとんどは食品ということになります。サプリメントや健康食品も『食品』として流通していますね。そしてその食品は『一般食品』と『保健機能食品』に分類されます。一般食品とは、野菜、肉、魚、などの生鮮食品に始まり、米、パン、乳製品、加工食品、お茶、コーヒー、サプリメントに至るまで、保健機能食品ではない全ての食品が該当します。言い換えれば『特別な機能性の表示がない食品』と考えて良いでしょう。では特別な機能性の表示とはどのようなものを言うのでしょうか?

 

 

保健機能食品は特別な機能性の表示ができる食品

保健機能食品は平成13年4月1日に施行された『保健機能食品制度』に基づく名称です。もともとは流通量の増えたサプリメントや健康食品の中で、一定の効果効能が科学的に認められるものについて、きちんと表示できるようにしようという趣旨で作られた制度のようです。そうすることで逆に効能効果の実証が不確実なレベルの商品を区別しようとの考えもあったのでしょうね。ですから『保健機能食品』として何らかの機能性の表示がある食品は、とりあえず一般食品に比べて何らかの機能性があるということになります。

201507-02-05.jpg

保健機能食品の中には『特定保健用食品(いわゆるトクホ)』、『栄養機能食品』、『機能性表示食品』の三つのカテゴリーがあります。このうち最後に上げた機能性表示食品は、今年度から実施が始まった新しいカテゴリーです。では次に各カテゴリーがどんな基準でどのような表示をされているのか、見てゆくことにしましょう。一部はちょっとびっくりかもしれませんよ(笑)。

 

特定保健用食品とは?

保健機能食品の中では一番メジャーかもしれません。一般には『トクホ』と呼ばれていますね。内閣府の食品安全委員会が安全性を審査し、厚生労働省が薬事法に触れないかどうかチェックし、最終的に消費者庁が許可すると『トクホマーク』と許可表示内容、摂取上の注意事項を表示することが認められます。飲料、ガム、ソーセージなど、食材の形で流通しているものが多くみられます。

201507-02-06.jpg

特定保健用食品には『保健の用途』として右の一覧表にある10種類のカテゴリーがあります。たとえば『お腹の調子を整える食品』であれば、便秘予防であったり、腸内菌叢の善玉菌を増やすであったりといった具合です。これらのカテゴリーから外れるもの、例えば「視力の回復に役立つ食品」といったものは認められていません。許可表示内容としては『この食品は△△が含まれているので、◇◇の予防に役立ちます』といった表示が認められます。逆にトクホではない食品、健康食品でこのような表示をすることは認められていません。一日当たり摂取量の目安と摂取上の注意を表示しなければなりません。

また上記10カテゴリー以外に、『疾病リスク低減表示』として、次の二つのカテゴリーが認められています。
(1)若い女性のカルシウム摂取と将来の骨粗鬆症になるリスクの関係
(2)妊娠の可能性のある女性の葉酸摂取と神経管閉鎖障害を持つ子どもが生まれるリスクの関係

トクホの表示許可を取るためには、人を対象にした臨床試験で一定の有効性があることを証明しなければなりません。まず食品安全委員会で科学的な有効性の評価が得られないと先に進めないという非常に厳しい制度です。一説にはこのトクホの認定を取るのに費用が1千万円かかるとも3千万円かかるとも言われ、簡単なことではないようです。内閣府、厚生労働省、消費者庁と次々回るだけでも時間がかかりそうですね。その分消費者にとっては裏付けが取れているので安心と言えるのかもしれません。

 

栄養機能食品とは?

201507-02-03.jpg

一日当たりの摂取目安量において、左の表にある17種類の栄養成分が一種類以上、国の定める基準値(上限値及び下限値)の範囲内の量含まれていると、栄養機能食品に該当します。

栄養機能食品は、基準を満たしていれば、製造者などが各自の責任において、栄養機能食品である旨と、決められた栄養成分、栄養機能の表示及び注意事項などを表示できるもので、個別に消費者庁などの許可を受けたものではありません

201507-02-04.jpg

例として鉄を含む栄養機能食品を考えてみましょう。右の一覧表をご覧ください。含有量の基準はこのように栄養素ごとに決められています。表示は『栄養機能食品』の文言に続き、栄養素名を記載することになっています。そして栄養機能と注意喚起の内容は、栄養成分ごとに予め決められていて、その通りに表示しなければなりません。『鉄は赤血球を作るのに必要な栄養素で、貧血の予防に~』などと余分な表示をすることは認められていません。また基準となる含有量を摂取するための一日当たり摂取目安量の表示も必要です。

栄養機能食品はサプリメントの形で流通しているものが多く、そういえば一日目安量、成分、何に役立つか・・・見たことがあるような気がしますね。こちらは個別の許可を受けたものではないというところがポイントです。

 

機能性表示食品とは?

平成27年4月1日から施行された制度です。トクホと栄養機能食品の中間のような位置づけで、人を対象とした臨床試験による保健効果の証明が必要ですが、消費者庁に届け出るだけで、その内容についての審査はありません。事業者の責任において科学的根拠に基づき、定められた内容の表示を行います。

201507-02-07.jpg

パッケージの主な面に『機能性食品』である旨と消費者庁への届け出番号及び届け出内容(この製品は△△を含むので◇◇の機能があります)が表示されます。そのほか一日当たりの摂取目安量、摂取方法、注意事項、目安量を摂取した時の機能性成分の摂取量などが表示されます。

特徴的なのは、事業者が届け出た詳しい資料が消費者庁のWebサイトで公開されるという点。私たち消費者もこれをいつでも見ることができます。私はまだ機能性表示食品を実際に見たことはないのですが、人による臨床的試験や研究レビューが必要ということですから、申請にはやはりそれなりの時間と費用がかかるのでしょうね。

 

似たような名称の製品はありますが・・・

201507-02-08.jpg

他にも機能性食品、栄養補助食品、健康補助食品、栄養強化食品、栄養調整食品など似たような名称はいくつもありますが、これらは全て現在の国の制度による名称ではありません。栄養補助食品、栄養強化食品はかつて国によって定義されたり使用されたりしていた名称ですが、現在は廃止され、保健機能食品制度に変更されています。

こうして制度を調べてみると、知っているつもりでも意外に細かい点は知らないことに気づかされます。栄養機能食品が事業者の自主表示というのには少し驚きました。

では最後に厚生労働省発行のパンフレットをご紹介しましょう。現代ではサプリメントや健康食品を一切摂っていないという人の方が少ないと思いますが、このパンフレットを読んでみるとハッとさせられることがいくつかありました。また違った視点で健康食品を考えることができるような気がします。食生活は主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを!

Writed by Y

2015年07月05日(日)いつ贈る?誰に贈る?喪中の方は?お中元事情最前線

201507-01-01.jpg

7月になりました。夏至も過ぎて『いよいよ夏到来!』と言いたいところですが、実際は梅雨明けしているのはまだ沖縄地方だけですね。梅雨のない北海道は別として、ほぼ日本全国梅雨空です。

これから7月後半の梅雨明け(例年)に向け、梅雨末期の集中豪雨期となります。九州地方などすでに例年の何倍もの雨量を記録している地域もあります。皆様くれぐれも災害に巻き込まれぬよう、早めの対応、避難を心掛けましょう。『いつもと違う?』『何だか怖い!』と言った本能的な直感は案外的を得ているもの。侮らず安全第一を心掛けましょう。梅雨の晴れ間には住まいの点検もお忘れなく!

さて、今日の話題は『お中元』。昔に比べれば虚礼廃止で数こそ少なくなりましたが、やはりいつ?、誰に?、幾ら位?、どんなものを?と大切な方、目上の方への心遣いだけに迷いはつきません。今日はお中元に関するマナーとあれこれをご紹介。お役に立てれば幸いです。

 

なぜ『お中元』というのかご存じですか?

知っていそうで意外に皆さん知らない雑学的知識ですね(笑)。

201507-01-02.jpg

中元はもともと中国の道教で行われていた行事です。中元は旧暦の7月15日。道教ではこの日を人間の贖罪の日とし、終日火を焚いて神を祝う風習があったそうです。後にこれが死者の赦罪を願う行事となり、更にこの中元が中国仏教の先祖供養を行う盂蘭盆会と習合し、現在では7月15日中元の盂蘭盆会として一体化しているようです。

そして日本のお盆の行事もお中元もこの習俗が伝来し、定着したものと言われています。日本では先祖供養のお盆の行事とお世話になった方に品物を贈ってご挨拶とするお中元は、一体化せず別々に発展したようです。そして日本の暮らしに併せて、時期も習俗も各地で独自の進化を遂げてきたといえるでしょう。

少々余談ですが、中元があるからには上元下元もあるってご存じでしたか? 何れも道教の行事の日で、上元は旧暦1月15日、下元は10月15日と決められています(旧暦ですから何れも満月の前後ですね)。それぞれを司る三人の神様(三官大帝)をお祝いし、上元は賜福を、中元は前述の通り赦罪を、下元は解厄を願う行事とされています。期日が一年の三等分ではないところが興味深いですね。

日本へは上元、下元という形では伝わっていませんが、上元はちょうど小正月の時期と一致しますし、下元は十日夜や亥の子など、収穫感謝の祭の時期に一致します。お正月と秋の収穫期。偶然か或いは上元、下元の影響があったのかは不明ですが、やはり中国と日本は文化的に近いのだなぁと改めて思います。

 

お中元はいつ頃贈るべき?

201507-01-03.jpg

お中元の由来を考えると元来は7月15日が正解と言うことになりますね。でもそれは旧暦でのこと。明治5年にそれまで使われていた太陰暦から西洋と同じ太陽暦に改暦されて、習俗は表面上の日付を選ぶか、旧暦での本来の時節を選ぶか、大きな決断を迫られました。今でもお中元の時期が地方で異なるのは、その名残と言えるかもしれません。一般には左表の通りです。

これらはあくまでも一般の目安です。地区地域ごとの特徴的な風習などもありますので、可能であれば送り先地域について詳しい方や、お店のギフト専門家に尋ねてみるのが安心です。年々時期は早くなる傾向がありますので、遅れるくらいなら早めに贈った方が失礼にはならないでしょう。

なお、7月15日目安の地域でこれを過ぎてしまった場合は、土用(7/18頃)から立秋を目安に『暑中お見舞い(お伺い)』、立秋から8/15頃を目安に『残暑お見舞い』として贈ります。また8/15目安の地域でこれを過ぎてしまった場合は、8月末いっぱいを目安に『残暑お見舞い』として贈ります。葡萄など季節のものをお贈りしたい場合などは、敢えて暑中お伺いで旬のものをお贈りするのも良いですね。しかし出来れば残暑見舞いではなく、せめて暑中お伺いでお贈りするように!とは私の祖母からの教えです。

 

喪中の方へのお中元はどうする?

201507-01-04.jpg

お中元でお贈りする品物には、通常お祝いごとと同じ花結びの水引と熨しを付けます(現代はほとんど印刷ですが・・・)。しかしお中元はあくまでもお世話になった方へのご挨拶や感謝の気持ちであってお祝いごとではありません。ですので先方が喪中であってもお贈りして構わないと言うのが一般的な見解です。また自分の方が喪中であってもやはりお中元を差し上げて構わないとされています。

ただ、先方がまだ忌中(仏式では四十九日前、神式では五十日祭前)の場合などで『どうかなぁ~』と思うような場合には、少し時間をおいて先方が落ち着かれた頃、暑中お伺いや残暑お見舞いでお贈りする、またはお手紙を付けて熨斗紙なしでお贈りするなどの心遣いをすると良いでしょう。百貨店などのお中元コーナーでも、店内に在庫のある品物であれば、ほとんどのところが持参した手紙などの添付を引き受けてくれます。

 

みんな誰に贈ってる?

201507-01-05.jpg

少し前のデータですが、2007年味の素ゼネラルフーズの調査結果によると、お中元の送り先は回答数の多い順に1位両親、2位親戚、3位兄弟でした。友人知人、上司、仲人、学校やお稽古事の先生が続きます。この両親というのは嫁ぎ先の両親だったり、嫁いだ娘の実家だったりも含まれているのでしょうね。しかしワン・ツー・スリーが親族と言うのはちょっと驚きでした。仲人さんの順位が上司よりも低いというのはやはり挙式の為の頼まれ仲人さんが増えた影響でしょうか。昔は『仲人さんには一生贈り続けるもの』と言われたものですが、最近では結婚後三年を目安にと言われています。

 

幾らぐらいのものを贈る?

色々な調査結果の数字を踏まえて考えると、ご近所、友人知人など、あまり上下関係の無い方に対しては3千円前後というの一般的なようです。両親、親戚などになると年齢層によって異なりますが、30~40歳代で4~5千円程度、年代が上がると5千円~1万円程度という方が増えてきます。やはり経済力相応と言うところなのでしょうね。目上の方に贈るのであれば、立場や環境などにもよりますが、およそ4~6千円程度が目安と言えそうです。

 

贈る品物にタブーはありますか?

201507-01-06.jpg

相手の嫌いなものを避けるのは当然のことですが、古来目上の方には靴下、スリッパなどの履き物や、マットなどの『踏みつけるもの』、下着類などは失礼にあたるので贈るべきではないとされます。履き物は自分を謙遜して『御御足(おみあし)にどうぞ!』の意味で良さそうにも思いますし、百貨店などでもスリッパや靴下、バスマット等は贈答用として用意されているところもありますが、このような風習もあることから、目上の方には贈らない方が無難といえそうです。私は以前祖母から『お中元は食品か消耗品で後に残らないモノを送りなさい』と教わりました。

また、贈る相手の方が公務員、政治家、利害関係のある公立学校の先生など公職にある方の場合は、公職選挙法や公務員規定に抵触してしまう場合があり注意が必要です。感謝の気持ちをお届けしたつもりが、反ってとんでもないご迷惑になってしまうケースもあり得るからです。公務員の方の場合、全く職務上の利害が無い関係(例えば単に親戚)であれば大丈夫なことも多いそうです。しかし政治家の方の場合は贈らない方が無難なようです。事前に良く状況を確かめておきましょう。(立候補予定者など要注意)

 

受け取れないお中元が届いてしまったら?

201507-01-07.jpg

職務上汚職を疑われかねない相手、社内規定や服務規程に抵触してしまいそうな相手など、受け取るとマズい方からお中元が届いてしまったらどうしましょう? 運送会社の配達員さんに『受取り拒否』をすれば簡単なのですが、家族が受け取ってしまったり、受取り拒否も失礼になるかな?と言うケースも出てきますね。

そんな時は、包みを開けずにその上から更に包装し、受け取れない理由を書いたメッセージを付けて送り返すのが失礼の無い方法です。ちょっと面倒ですが、「まぁいいか」とそのままにしておいて、後でトラブルになるのもお互いに気分の悪いもの。『お気持ちだけ頂戴します。』として丁重にお返しすることが相手の方への心遣いになります。

 

お中元のお返しって必要ですか?

201507-01-08.jpg

最近はお中元お歳暮の『お返し』なるものが横行していますね。でも本来お中元にお返しは不要です。むしろ贈り物を頂いたら、すぐにお礼状を差し上げるのが従来礼儀とされてきたことです。親しい間柄であれば電話でも構わないとされます。現代ならメールで御礼を~と言ったところでしょうね。

そもそもお中元の『お返し』は、お礼状を書くのが億劫だからと言う理由で始まったようです。そういえば、お中元を差し上げてお返しを下さる方からは、お礼状を頂くことはまず無いですね(笑)。もし上下関係のない間柄で、貰いっぱなしも気が引けると言った場合は、お中元にお中元を返すのではなく、お中元を頂いたら暑中お伺いや残暑お見舞いでお返しする、或いは夏休みの旅行土産でお返しするといった方がスマートですね。お中元にお中元でお返しすると『ヤバイお中元来ちゃったよ!何か贈らなきゃ!』の心境がバレバレになってしまいます。ご厚意は、まず有り難く頂くことが最初の礼儀です。返礼はそれから心を込めて・・・。

 

贈答慣例は気持ちを届ける習慣です

バレンタインの義理チョコの如く、最近ではお中元もずいぶん形骸化しているようです。でも本来のお中元は、『半年間お世話になりました』『いつもお世話になりありがとうございます』の気持ちを届ける習慣です。贈るときも贈られたときも、相手の立場になって、相手の気持ちを汲んで対応するのが何よりのマナーです。習俗が簡略化されつつある現代だからこそ、上手にこなせると評価アップ間違いなし! さぁ今年のお中元!成功させて下さい!

お役に立てれば幸いです。

Writed by Y

GLホームへのお問い合わせ

住所
〒136-0071
東京都江東区亀戸1丁目5番7号 錦糸町プライムタワー
TEL
0120-7109-24(なっとくツーバイフォー)(フリーダイヤル)