本部スタッフブログ

GLホームの本部スタッフが綴るブログ

2015年9月のブログ記事

2015年09月22日(火)我が家の防災対策~台風・風編~

201509-02-01.jpg

お彼岸も過ぎて、いよいよ秋本番。秋分の日を境に、太陽はどんどん高度を下げてゆきます。ということは、だんだん夜が長くなって、だんだん日差しが室内に深く入るようになってくるということなんです。そういえば、南側のお部屋ではいつの間にか室内に日差しが差し込むようになっていませんか? それだけ太陽が真上ではなく、斜めから照らす様になってきているということですね。レースのカーテンに当たりキラキラとはじける日差しを見ていると、季節の移ろいを感じます。

 

 

 

現実に起きてしまった大水害

201509-01-04.jpg

前回このコーナーの話題は雨の災害についてでした。降り方でどれくらいの時間雨量なのかを知る目安や、どれくらいの時間雨量でどんな事態になるかなど、報道される言葉や表現と実際の雨の降り方を結びつけて現状を判断するポイントなどをご紹介しましたね。エピローグでは『テレビでは大雨や台風の警戒情報を頻繁に流していますが、あまり頻繁になると今度はオオカミ少年現象。『あぁまた言ってるけど、きっと大丈夫だろう、いつも何でもないし・・・』これが命取りになることがあるのです。』とご紹介しましたが、北関東の大水害では、本当にそんなことが起きてしまいました。『まさかここまで来るとは思わなかった。』、『まだ大丈夫と思っていた。』 逃げ遅れて救出された人の多くは、インタビューに対しこのように答えていました。

でもそうなんですよね。どうしても『避難して何でもなかったら、一人で大騒ぎして恥ずかしいし…』、『今までも何もなかったのだから、きっと今回も大丈夫!』なんて考えてしまいます。しかし命を守るためにはそんなことは言っていられません。自然のチカラには到底太刀打ちできませんから、気象情報をチェックし、現状を正しく判断して、とにかく早めに安全な場所へ移動することが大切です。先日の北関東の水害は、そんな当たり前だけどなかなか出来ていない大切なことを、私たちに教えてくれたような気がします。

 

風の災害について考えてみましょう

もう9月も下旬に入りますが、一年で一番多く台風がやってくるのが9月、そして二番目に多いのが10月だそうです。まだまだ油断はできませんね。一般に『秋台風は風が強い』と言われます。今日は台風や竜巻などに備え、風の災害について考えてみましょう。

201509-02-02.jpg

近年台風だけでなく、竜巻や突風の被害も各地で散見されるようになってきました。『大気の状態が不安定なので、急な激しい雨、雷、突風などに注意してください!』という気象キャスターの言葉も、なんだか聞き慣れてしまったような気がします。この現象には、日本近海や太平洋での海水温の上昇が関係していると言われていて、これも地球温暖化の影響の一つということのようですね。今後はスーパー台風、超スーパー台風が日本にやってきたり、国内でも竜巻の発生する可能性が高くなってゆくといわれています。

水害と異なり、風害は目に見えにくく、突然襲ってくるのが怖いところです。『大したことないなぁ~』と思っていると、いきなり強い風になって、物が飛ばされたり、ひっくり返されたり、家が壊されたり。しかも暫くすると『一体何がどうなったのか???』というような激しい被害の痕跡だけが残されて、すっかり静まり返ってしまいます。更に竜巻の場合は、まるで生き物のように通り抜けて行き、被害も比較的狭い範囲に集中的な深い爪痕を残します。私は一度竜巻の被災地を訪れたことがあるのですが、平屋の家屋が家ごと飛ばされて畑に移動していたり、電柱が根こそぎひっくり返っていたり、本当に『どうやったらこんなことになっちゃうの?ゴジラでも現れたのでは?』と目を疑うような惨状です。気密性の高い住まいで、快適な都市生活をしていると、ついつい自然の驚異を忘れてしまいますが、風を侮るなかれ!一旦怒り出すと手を付けられなくなるのが風の神様と心得ておいた方が良さそうです。

 

台風による死者、意外にもその多くは強風によるもの?

201509-02-04.jpg

平成16年に大きな被害をもたらした台風18号。9月5日に中心気圧925hpa、中心付近の最大瞬間風速45m/sとなり沖縄本島を通過、その後やや衰えて9月7日には945hpa、最大瞬間風速40m/sで長崎に上陸、佐賀、福岡、山口と通過して日本海を北上、08日には970hpaで東北・北海道地方に接近して温帯低気圧になりました。この台風による被害は、西日本、北海道を中心に死者・行方不明者46人、負傷者1,399人、住家の損壊64,993棟、住家の浸水21,086棟に達しました。気象庁の資料によると、死者の多くは強風によるもので、台風の接近中に屋根に上っていて飛ばされて転落したり、飛んできた瓦が当たったりするなど屋外での作業中に被害に遭う方が続出したとのこと。ちょっと意外な気がしますね。そして住家の浸水約2万棟に対し、損壊が6万4千棟。これも風の被害が大きかったことを表しているようです。

近年気象に関する情報は、予報精度が非常に高くなった上に、ニュースなどで大きく取り上げられて、ほとんどの人は十分に耳に届いていると思われます。それでもこうしてたくさんの人的被害がでてしまう。しかも強風の中、屋外に出ての事故が多いとは・・・。恐らく予想外の状況に『これは大変!なんとかしなくては!』と思ってしまうのでしょうね。

 

耳で聞く『風速25m』の印象と実際の風速25mの威力は大違い

テレビの台風情報を聞いていて、『風速25mの風』と聞くと、みなさんはどのように感じられますか? 風速50mだの、70mだの、スーパー台風の話を何度か聞いているうちに『なんだ、25mなら大したことはないな』と思うようになっていませんか? 実は私自身も『30mくらいまでなら大したことはないだろう』と根拠もなく思っていました。

201509-02-05r.jpg

上の一覧表は気象庁の資料から抜粋したものです。実は平均風速25mの風というのは、『トラックが横転し、根の弱い樹木は倒壊し、一部の金属屋根は剥がれ、屋外での行動は極めて危険』な状態なんですね。それもそのはず、最大瞬間風速は40mほどと平均風速の2倍近い強さになるのです。風速25mの風だって、時速90kmで走る車の窓から顔を出して受ける風とほぼ同じ強さ。いやはや侮ってはいけないことが良く解ります。

 

強風が来るかも?と思ったら備えをしておきましょう

風害の場合は、緊急時の非難というよりも、先ずは備えが大切です。推奨される強風への備えをご紹介しましょう。

(1)強風は台風シーズンと春先に多いもの。年に2回は屋根や家の外回りの点検をしておきましょう。(屋根材のずれ、剥がれ、ひびなどのチェック、雨戸や雨樋にガタつきはないか、モルタル壁に亀裂はないか、板壁に浮きや腐食はないかなど)

(2)鉢植えや物干し竿など、屋外やベランダに置いてあるものは、家の中に入れるか、飛ばされないようにしっかり固定しましょう。飛ばされてしまうと、他の人や他の建物などにぶつかって加害原因になる可能性もあります。

(3)プロパンガスの固定、看板、自転車、ガーデニング道具、アンテナ、ゴミ箱など、家の周囲においてあるものをチェックし、飛ばされないようにしっかり固定するか家の中に入れるようにしましょう。

(4)強風による飛来物対策として、カーテンを閉め、窓に近寄らないようにします。必要であればテープを張ったり、外から板を打ち付けたりして補強します。(昔は良くやっていましたね。)

(5)万が一強風で窓が割れてしまったら、そのままにしておくと割れた窓から吹き込む風で屋根をはがされます。風が抜けられるように、反対側の窓を開けてしまうのも一つの方法と覚えておきましょう。風が吹き抜ければ屋根を持ちあげようとする力が小さくなり、被害を少なくすることができます。

(6)窓が割れてしまい、降雨などで風の通り道を作れない場合、すぐにベニヤ板などで割れた部分をふさぎましょう。板などが見つからない場合は、慌てずに畳を上げて割れた窓の部分に当てます。屋根を持ち上げられないよう、速やかに風の吹きこみを防ぎます。

(7)避難をする場合は、早めに飛ばされそうなものの固定や屋内への取り込みを済ませ、風が強くなる前に安全な場所に避難します。風が強くなってからの避難は、飛来物や転倒などかえって危険な場合がありますので、できるだけ頑丈な建物に身を寄せて、強風が収まるのを待った方が賢明です。

 

防災は、正しい知識と早めの対策、早めの避難が大切です

201509-02-06.jpg

こうして考えてみると、雨も風も地震も、防災には共通のポイントがあることが分かりますね。先ずは流れてくる情報の内容を正しく理解し、適切なリスク判断を行うということ、そしてお決まりのようですが、侮らず、早めの対策と早めの非難です。自然災害で被災された方の多くは『まさかこんなことになるとは思わなかった』とおっしゃいます。気象現象が激しくなりつつ昨今、『まさか~にはならないだろう。』を『もしかしたら~になるかもしれない。』に置き換えて、防災の心がけを怠らないようにしたいものです。また新たな台風が発生しているようですが、どうか被害がありませんように!

writed by Y

2015年09月06日(日)我が家の防災対策~台風雨編~

201509-01-01.jpg

9月になりました。今年の関東地方はお盆休み明けからどうもすっきりしないお天気が続いています。天気図を見ると『もしや秋雨前線?でもまだ早いよなぁ?』まぁ曇っていた方が猛暑酷暑からは解放されて楽だし・・・と思っていたら、そのまま9月を迎えてしまいました。やっぱり秋雨前線だったのですね。私の住んでいる東京郊外では、秋虫の声はもちろん、早くも彼岸花が咲き始め、ススキも穂を出しています。今年は例年に比べ、秋の訪れが早いようです。

 

 

身近な防災について考えてみましょう

さて、9月と言えば防災の日。もともとは大正時代に関東大震災が起きた日です。甚大な被害を出したこの大震災を教訓に、防災について考え、訓練を行おうと定められた日です。みなさんもお住まいの地域の防災訓練などに参加されたことと思います。防災訓練というと一般には大きな地震を想定したものが多いですね。しかし昨今はスーパー台風やらゲリラ雷雨やら、はたまた突然襲ってくる竜巻!昔に比べて気象現象が激しくなっているように感じます。

201509-01-02.jpg

テレビでは大雨や台風の警戒情報を頻繁に流していますが、あまり頻繁になると今度はオオカミ少年現象。『あぁまた言ってるけど、きっと大丈夫だろう、いつも何でもないし・・・』これが命取りになることがあるのです。そう、東北大震災の時も『あぁまた津波警報出てるけど、たぶん大丈夫だろう、いつも大したことないから・・・』とすぐには避難せず、家の片づけをしていた人がたくさん居たそうです。すぐに避難していれば間に合ったかもしれません。防災無線やテレビ、ラジオなどの注意情報、警戒情報から正しいリスクレベルをキャッチするのにはやはり正しい知識が必要ですね。

9月といえば、台風シーズン。気象災害は一番身近な自然災害ですね。今日は気象に関する注意・警戒情報、特に雨について、少し詳しくご紹介して参ります。

 

台風に限らず、最近増えている雨による災害

近年1時間雨量80mmとか100mmとか、とんでもない豪雨の記録をよく耳にします。もう皆さんは聞きなれてしまって別段びっくりされないのかもしれません。しかし時間雨量で80mm、100mmという降水量は、実際には『マジ?!』と驚く降雨量なのです。

201509-01-03.jpg

15年ほど前のこと、住宅を建てるための開発行為で行政庁から雨水排水量の計算を求められました。この時、行政が基準として示した最大雨量は1時間当たり50mmでした。『1時間当たり50mmの猛烈な雨が降っても、敷地から雨水が溢れ出ないように排水設備を作って下さい。』という趣旨の指導です。当時は『時間雨量50mmなんてあり得ない!なんでそこまで求めるの?』と内心不満タラタラで指導に従ったものです。ところが最近は時間雨量50mmどころか100mm、120mmなんて記録もありますね。いったいどんな降り方の雨なのでしょう?考えただけでもゾッとしますね。

これまで整備されてきた道路や公共施設などインフラの多くは、最大時間雨量50mm程度で設計されているかと思います。(最近整備されたものはゲリラ豪雨も考慮されているでしょう)・・・ということは、例え排水施設が整備された都市部であっても、時間雨量50mmを超えるような猛烈な雨が降れば、排水の限界容量を越え、マンホールや排水溝から水が吹き上がっても不思議ではないということなのです。

201509-01-04.jpg

崖や川の近く、坂の下など周囲より低い土地、地下、アンダーパス、坂道の突き当りなどは注意が必要な場所です。侮ってはいけないのが用水路です。平時は氾濫など考えようもない小さな『川』ですが、容積は小さく、都市化に伴いコンクリートで固められ、水の逃げ場がありません。流れる水の量が許容限度を超えると、水圧で暗渠の蓋が持ち上がって外れたり、排水溝から水が吹き上がったりといったことが起こります。水害時にお年寄りなどが用水路で溺れる事故が起きるのは、流れる水で道路との境界が見分けられなくなった上に、いつもはあるはずの蓋が外れていたりして足を踏み外し、猛烈な勢いの水に流されてしまうからなのです。

 

大切なのは雨の降り方でどの程度のリスクなのか判断すること

動物は本来、自らの命を脅かす自然の驚異に対し、本能的にリスクを察知し、回避行動を取る能力が備わっています。我が家の愛犬は、不思議と雷が鳴る前からベッドの下に隠れてしまいます。夕立が降りそうでも犬がベッドの下に隠れなければ、たいてい雷は鳴りません。しかし高度な文明に守られた私たちは、その本能的なリスク察知能力がだいぶ低下してしまったようです。

201509-01-05.jpg

上の表は気象庁が公表している『雨の強さと降り方の一覧表』です(平成12年08月作成、平成14年01月一部改正)。ニュースや天気予報などで言われる『△△mm程度の雨』がどの程度の雨なのか、人の感じ方、周囲の状況、車に乗っているときの体感と一覧で見ることができて大変解りやすいですね。加えて雨量に応じた災害のリスクも紐づけられています。

先月、私自身も『水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなる』ほどのゲリラ雨に遭遇しました。20分間ほどでしたが、ただ雨が降っているだけなのに本能的な恐怖を感じました。上の表で見ると、時間雨量50mm以上だったと推測されます。

気象情報に注意を払うことはもちろんですが、情報は必ずしもピンポイントではありません。雨の降り方を五感で感じ、周囲の状況から適切にリスクを判断できれば、これに勝る防災力はないでしょう。是非ご家族皆様でこの『雨の強さと降り方の一覧表』を話題にされ、防災力の強化にお役立て下さい。防災は、日常の備えと正しい知識、早めの非難がポイントです。

Writed by Y

GLホームへのお問い合わせ

住所
〒136-0071
東京都江東区亀戸1丁目5番7号 錦糸町プライムタワー
TEL
0120-7109-24(なっとくツーバイフォー)(フリーダイヤル)