本部スタッフブログ

GLホームの本部スタッフが綴るブログ

2015年12月のブログ記事

2015年12月20日(日)風邪シーズン到来!引いてしまった時の対策

201512-02-01.jpg

    今年も残すところ10日となりました。今週はクリスマスウィークですね。サンタさんも子供たちに届けるプレゼントの準備に忙しいことでしょう。

    関東地方では先週後半から本格的な寒さがやってきました。と言っても特別な寒波がやって来たわけではなく、例年のこの時期らしい当たり前の気温になっただけなのですが、それまでが随分と暖かかったので一気に冷え込んだように感じます。空気も乾燥して風邪引きさんが増えてきました。せっかくのクリスマス、そしてお正月休暇。風邪は早く治してすっきり元気に楽しみたいですね。

    前回、前々回と風邪とその予防についてご紹介して参りました。今日は風邪シリーズ最終回。引いてしまった風邪の対策をご紹介します。

 

激しい症状、急激な症状が現れた時は医療機関へ

201512-02-02.jpg

    喉が痛い、鼻の奥が痛い、鼻水が出る、咳が出る、熱っぽい・・・etc. 一般に『風邪をひいたかな?』と思う症状です。どの程度の症状で医療機関を受診するかの判断は、年齢、体質、環境などにより個人個人異なると思いますが、症状が急速に悪化するケースや高熱が出るケース、いつもの風邪と違って症状が激しい時は、迷わず医療機関を受診した方が良いでしょう。お子様の場合は具合が悪くなるとすぐに医療機関を受診する方がほとんどですが、大人の場合は、『仕事があるから』、『時間が無いから』と受診を先延ばしにするケースもままありますね。もし、インフルエンザであれば、感染後72時間以内にインフルエンザ薬を使うことで重症化せず短期間で回復することができます。また激しい症状、急速な変化、高熱の場合は、重症化したり合併症を起こす場合もありますから、侮らず適切な治療を受けた方が賢明と言えます。

 

インフルエンザ特効薬は何故72時間以内?

201511-02-04.jpg

    インフルエンザは皆様ご存知の通りウィルスが原因であり、ウィルスに対して抗生剤は効果がありません。これはシリーズ初回にご紹介しましたね。ではこの72時間以内でないと効果が無いといわれるインフルエンザ特効薬とは一体どんな薬なのでしょう。実はこの薬、直接ウィルスを攻撃する訳ではなく、ウィルスの増殖を抑制する働きをします。感染が成立してウィルスが一気に増殖する段階になると、身体も非常態勢で迎撃をはじめ不快な症状が現れて来ます。この段階で抗インフルエンザ薬を使うと、その時点でウィルスの増殖が抑制されますので、身体の免疫力にとって戦いは断然有利となりアッという間に勝負がついてしまうという訳です。従ってウィルスがしっかり増殖してしまい、身体の免疫力と互角に戦うようになってからではこの薬はあまり意味がないということです。ウィルスの増殖を抑制するとはグッドアイデアですね。短期間で回復しても、身体にはインフルエンザウィルスに対する免疫が残りますので、まさに一石二鳥です。

 

自力回復を目指すなら、昔ながらの方法も一理あり

    『これくらいなら医者に行かずに治るかな?』と判断したら、家庭療法ということになります。とりあえず薬局で市販薬を買って、栄養のあるものを食べて早く寝る。現代の定番かもしれません。しかしそこにはちょっぴり落とし穴があるようです。では自然療法の観点から家庭でできる風邪への対応を見てゆきましょう。

(1)身体を冷やさないようにする(温める)

201512-02-03.jpg

    昔ならショウガ湯や卵酒を飲んで、お布団をたくさん被って暖かくして寝ましたね。身体が熱を出すのは、体温を上げてウィルスを弱らせるためと共に、温度が高い方が免疫システムが効率良く働くからなのだそうです。ですから昔お婆ちゃんがしてくれた『ショウガ湯や玉子酒を飲んで布団蒸し』は意外にもしっかり理に叶った方法だったと言えます。熱が辛いからと解熱剤で平熱まで下げ、楽になったからと仕事をするなどは、ウィルス(細菌)と戦っている身体の免疫システムにとってはダブルパンチ。味方が足を引っ張るが如くです(私もついついやってしまいますが・・・。)高熱でなければちょっと我慢して身体を暖め、身体の免疫システムを応援するのがベターです。汗をかいたら身体を冷やさないよう速やかに着替えましょう。ゾクゾクと悪寒がしている時は熱が出る前兆。暖かくして休むのが一番です。

 

(2)栄養があっても消化器系に負担が掛かるものはNG

201512-02-04.jpg

   風邪で具合の悪い時は食欲もなくなりますが、『栄養のあるものを食べなければ』と無理をして高カロリーの食品を食べたり、いつもと同じ食事を摂ろうと頑張ったりしていませんか? 特に家族が具合の悪い時、『なんとか食べさせなくては!』と思ってしまいますね。しかしこれはNGなのだそうです。昔のお婆ちゃんはこんな時おもゆや葛湯を作ってくれました。実はこちらが正解。もちろん栄養は必要なのですが、侵入者と必死に戦っている身体にとって、消化吸収にエネルギーを必要とするような重い食事はかえって迷惑なのだとか。マラソンランナーの水分補給の如く、スーッと入って容易に消化でき、すぐに使える栄養分が歓迎されます。

 

(3)ビタミンCは免疫システムの強い味方

201512-02-05.jpg

   身体がウィルスなどと戦う時、ビタミンCをたくさん消費するのだそうです。ですから風邪の時はこれを補給してあげることが有効。果物は心強い味方です。今の時期であれば、冷たいミカンなど、喉が痛くても食べやすいですね。果物に含まれている果糖はすぐ使えるエネルギーでもありますし、他にもミネラル、食物繊維、ポリフェノール類など身体に負担を掛けず有用な栄養成分を摂取することができます。海外でも風邪の時にはレモン果汁に蜂蜜を加えて飲むとか、これにウィスキーを混ぜてホットで飲むなど、ビタミンCを含む果物を摂取する家庭療法が伝え継がれています。

 

(4)とにかくゆっくり休むこと

201512-02-06.jpg

    ウィルスや細菌と一生懸命戦ってくれている身体の免疫システムを応援するには、彼らが最大限活躍できるように他のことで身体に掛かる負担を減らしてあげることです。それにはゆっくり休むことが一番。しっかり休んだ方が早く回復できてトータルで考えると、風邪による被害は少なくて済むのかもしれません。戦いは長期戦になると思わぬ展開になることもありますので、できれば短期決戦で一気に片付けてしまいたいところです。

 

 

 

早く治すポイントは身体のシステムを応援すること

201512-02-07.jpg

    今回この記事を書くにあたり、専門書を紐解いたり仲良しのドクターにお話を伺ったり、植物療法の先生に取材をしたり・・・。風邪について色々な角度から調べてみました。たかが風邪、されど風邪。実は知らないことだらけだったことに我ながらびっくりしました。でもその発症の仕組みや身体の反応の仕組みなどを知ることで、これからは予防も対策も効果的にしっかりできそうです。専門書には『風邪症候群における各症状は感染に対する生体防御反応であるため、過剰な薬物療法によって症状を抑えると反応も抑制され、症状が遷延化することがある』とありました。お婆ちゃんの家庭療法はやはり間違っていないようです。風邪を引いてしまったら、身体の治るシステムを精一杯応援して早く治してしまいましょう。もちろんその前にうがいと手洗い、マスクをしっかりして風邪をひかないように!

どうぞお元気で素敵なクリスマスそして新年をお迎えください。

Writed by Y

2015年12月05日(土)風邪シーズン到来!おうちでできる予防と対策(2)

201512-01-01.jpg

    あれよあれよという間に師走が到来! イルミネーションが次々と点灯され、クリスマスデコレーションも花盛り。夕暮れの早くなった街は歳の瀬らしい景色になりました。北日本では冬の嵐が襲来。最近の冬の嵐はまるで台風のように強力ですね。災害の無きことを祈るばかりです。

    さて、冬といえば風邪のシーズンですね。前回は先ず『敵を知る!』ということで風邪について詳しく見てみました。風邪というあまりにも身近な病について、案外知らないものですね。皆様には少なからず『へぇ~そうだったんだ!』と思っていただけたのではないかと思います。そして今回は予防と対策のお話。毎日の暮らしの中で、家庭でできる予防と対策を詳しく見てゆきましょう。

 

カゼ症候群は予防が大切!

    医学上は『カゼ』という病名はなく、『上気道粘膜の急性カタル性炎症』をまとめて『カゼ症候群』と呼ぶことは前回ご紹介しましたね。そして医療関係者向けの専門書を開いてみると主な感染経路は『飛沫感染や手指を介した接触感染』であり、『予防が重要であると解説されていました。しかも『カゼ症候群』の原因は80~90%がウィルスとのこと。ではどうやって予防すればよいのでしょうか?

201512-01-02.jpg

    飛沫感染とは?大辞泉によると、『咳やくしゃみなどによって飛び散る飛沫に含まれる病原体が、口や鼻などの粘膜に直接触れて感染すること。通常は1~2メートル以内の至近距離で感染する』とあります。

    これを予防するには、先ず患者さんにサージカルマスクをしてもらうのが一番ですね。家庭内に風邪引きさんが発生した時は、他の家族への感染を防ぐため、風邪引きさんには家の中でもマスクをしてもらうのがベターです。外出先の場合は誰が風邪引きさんか、どこで出くわすかわかりませんから、自分がマスクをして自己防衛するのが良いでしょう。最近は街でもマスクをしている人を良く見かけますが、これは飛沫感染予防という意味においては効果有りのようです。

    手指を介した接触感染とは?直接接触または器具、環境などにおける間接接触により感染することです。風邪引きさんとキスをして風邪をもらってしまった場合は直接接触感染。風邪引きさんが鼻水を拭いた指で触ったドアノブに手で触れ、その手で自分の鼻を触って風邪をもらってしまった場合は、間接接触感染となります。

    手指やモノを介した間接接触感染の場合、例えば手に病原体がついていても、それを口や鼻など感染し易いところへ持って行かなければ発症は免れます。指先が風邪を引くということはありませんものね。従ってこの手指を介した接触感染を予防するにはまずしっかり手洗いを行い、うがいをすることが有効というわけです。

 

感染が起きても、免疫力が勝てば発症はしない?

201512-01-03.jpg

    身体にウィルスなどの病原体が侵入しても、身体は免疫力を持ってこれを排除しようとします。この時点で身体の免疫力が勝てば、感染は成立せず発症もしません。感染とはあくまでも病原体が安定的に増殖可能な状態になったことを言うのです。私たちが生活している環境には、目に見えない細菌やウィルスなどもたくさん存在していますから、私たちの身体は常に侵入者と戦っているのでしょうね。そして何らかの理由で侵入者の増殖力の方が勝った時に感染が成立します。更に侵入者が増殖を始めても、身体の免疫力とパワーバランスの均衡がとれている間は、不顕性感染といって症状が出ない状態があります。潜伏期間などはこれに該当しますね。そしていよいよ侵入者の増殖が進んで、身体が通常状態では対処できなくなると『非常事態宣言?』が出て発熱など特別態勢で侵入者を総攻撃するようになるのです。これが発症の段階。この後身体はあらゆる免疫機構を使って侵入者を攻撃し、最終的には勝利を収めます=病気が治った状態。もし侵入者が勝てば私たちは命を落とすことになるのです。

 

風邪を予防するポイントは2つあります

(1)マスク、手洗い、うがいなどで原因となるウィルスや細菌を身体に入れないようにする。
(2)身体の抵抗力(免疫力)を高め、ウィルスや細菌との最初の戦いに負けないようにする(感染の成立を防ぐ)

    な~んだ、そんなこと?と思いますよね。でもこうして風邪発症の仕組みを詳しく見てみると何故それが有効なのかが良く解りますし、上手に応用することができそうです。

(1)の応用編
201512-01-04.jpgその1)風邪の原因となるウィルスや細菌は、喉や鼻の粘膜から侵入するケースが殆どです。外出先などで手洗いができない場合は、ウィルスなどが付着している可能性が高い手指を、極力口や鼻、マスクやハンカチなどに触れないように気を付けます。または小さなアルコールスプレーを携帯し、気になるときはシュッと手指に吹きかけておくのも一案です。

その2)昔からお茶でうがいをすると良いといわれていますが、日本茶(煎茶)には殺菌力のある成分が含まれていることが解っています。耳鼻科の医師から『診療で患者さんから風邪をもらわないように、一日何回も煎茶でうがいをする』と聞いたこともあります。日本茶なら味にも抵抗なく、うがい薬のような刺激もありませんので、気軽にゴロゴロしてください。冷えていても暖かくても大丈夫です。前述の医師曰く『出がらしでも効果はある』そうです。

その3)当然ですが、外出から戻ったら手洗いとうがいを習慣づけましょう。

 

(2)の応用編
201512-01-05.jpgその1)喉や鼻の粘膜は、粘液で異物を排除する仕組みを備えています。冬の乾燥した空気にさらされるとこの機能が低下してしまい、ウィルスなどに取りつかれやすくなるのです。マスクをしていると呼気に含まれる水分により乾燥を防ぐことができますから、マスクは粘膜の抵抗力を高めるのにも有効だと言えます。家庭内では加湿器などを利用して空気の湿度を保つことが有効です。

その2)十分な睡眠、栄養を心掛け身体を冷やさないようにします。睡眠不足が身体の抵抗力を低下させることは皆様よくご存知の通りです。また、無理なダイエットなどで栄養状態が悪くなると、風邪をひきやすくなりますね。要するに身体を良い状態に保ち、ウィルスなどの侵入者を数が増える前に撃退できるよう準備を整えておくのです。また、最近、耳にされた方もあると思いますが、体温が下がると免疫機能も低下することが分かってきています。暖かい飲み物を摂る、無理な薄着をしない、お風呂で十分に暖まるなどして、身体を暖めるよう心がけましょう。ショウガ湯を飲む、酒粕で作った甘酒を飲むなども身体を内側から温めてくれます。

その3)エキナセア(ハーブ)やマイタケ、かんきつ類(ビタミンC)など、身体の抵抗力をサポートしてくれるといわれる食品を積極的に摂ってみるのも一案です。私も現在エキナセアティーとビタミンCをせっせと飲んでいますが、今シーズンは今のところ風邪を引いていません。人込みでのマスク着用、手洗いとうがいも励行して、なんとか風邪を引かずに乗り切りたいと思います。

 

当たり前のことをちゃんとするのが基本

    予防と対策。煎茶でうがいはちょっと意外だったかもしれませんが、うがい、手洗い、マスク着用など、当たり前といえば当たり前のことばかり。しかしなぜそれが風邪予防に有効なのか、何のために推奨されているのかが解ると、面倒がらず効果的に実行できそうです。しっかり対策をして、風邪を遠ざけて元気に新しい歳を迎えたいですね。

Writed by Y

GLホームへのお問い合わせ

住所
〒136-0071
東京都江東区亀戸1丁目5番7号 錦糸町プライムタワー
TEL
0120-7109-24(なっとくツーバイフォー)(フリーダイヤル)