本部スタッフブログ

GLホームの本部スタッフが綴るブログ

2016年10月のブログ記事

2016年10月23日(日)暮らしをランクアップする香りの使いこなし術(2)香りアイテムの色々

20161002-01.jpg

10月も下旬を迎え、東京地方も秋の深まりを感じるようになりました。桜は枝が見える程に葉を落とし、ハナミズキはその葉をダークレッドに染めています。しかしながら・・・田んぼの畦道ではタンポポやスミレが咲き、お寺の生垣ではツツジが狂い咲き???気まぐれお天気に植物も季節を勘違いしているようです。写真の桜は冬咲き桜。もう少し寒い時期に咲いていたような気がしますが・・・。

今日は香りの使いこなし術2回目。暮らしを彩る香りアイテムについて見て行きましょう。

 

香りアイテムを挙げてみると・・・

201610-02-02.jpg

香水(オーデコロン)、練香水、香りの柔軟仕上げ剤、化粧品類etc.とここまでは身に着ける香りです。そして空間を彩る香り(ルームフレグランス)はというと、お香、キャンドル、固形蒸散タイプ、液体蒸散タイプ、スプレータイプ、アロマディフューザー、アロマランプ、匂い袋etc. 直接肌に触れない前提から、剤形も成分も多種多様です。また口に入る香りもありますね。ありとあらゆる食品に香料が使われていて、美味しさの演出に一役買っています。しかし昨今の香料はすごいです。『焼き鳥の香り』と言えば、コットンに染み込ませた香料なのに、思わず唾液が出てしまうくらい「焼き鳥の香り」がするから驚きです。

私たちの暮らしに深く浸透している香りの世界。口に入る香料は『フレーバー』、それ以外の香料を『フレグランス』と呼んで使い分けされているようです。今回はルームフレグランスについて考えてみましょう。

 

剤形で香り成分の拡散をコントロール

201610-02-03.jpg

ルームフレグランスは大きく分けて液体と固体の二種類があります。液体というのは、香り成分を水やアルコールなどの液体に溶かし込み、これらが蒸発することによって香り成分を蒸散させるものが多いです。リードディフューザー(芯に香りの液を吸い上げさせて蒸散するタイプ)などが代表選手と言えます。また直接液体をスプレーするタイプや熱を使って蒸散させるものもあります。一方個体の場合は、香り成分を個体に閉じ込め、そこから徐々に拡散させてゆくもの、あるいはお香のように熱を用いて香り成分を蒸散させるものがあります。

剤形の違いにより、香りの拡散スピードや持続時間が変わってきます。例えばお香なら香りが拡散するのは燃え尽きてしまうまでの時間に限られますが、液体のリードディフューザータイプなら、液体が無くなってしまうまで、ず~っと香りを拡散し続けることができます。用途や場所に合わせて剤形を選ぶようにすると、より快適に適切に香りを楽しむことができます。

 

カバーするための香りから楽しむ香りへ

201610-02-04.jpg

私たちの暮らしの中で一番最初にルームフレグランスが取り入れられるようになったのは『トイレの芳香剤』ではないでしょうか? 戦後から高度経済成長時代、現代のような衛生設備も換気設備も整ってはいませんでした。トイレと言えば臭いのが当たり前だったのです。これをカバーするために芳香消臭剤が発売され、人気を集めるようになりました。芳香消臭剤と言っても当時は不快な臭気を良い香りで上書きするといった方式。甘くしっかりした香りが人気でした。『トイレの芳香剤→キンモクセイの香り』と連想できる方は、私と同じ、当時をご存知の世代ですね(笑)。

衛生設備も充実し、消臭も悪臭を化学的に分解できるようになった現代では、トイレの芳香消臭剤も香りそのものを楽しむことができるようになりました。爽やかな柑橘系、優しい花の香り、フルーツ、森林、せっけんの香り・・・と香りの種類もバラエティー豊かです。そして香りを楽しむことを知った人々は、次第にトイレ以外の生活の場でも香りを楽しむようになり現代に至っているのです。

 

香りがあふれ、濃度も濃くなりつつある現代

201610-02-05.jpg

『隣家の洗濯物の匂いが気になる』或いはそれが原因でトラブルに発展!などという話を耳にされたことがあるかと思います。少なくとも10年15年前には聞いたことのなかった話です。それだけ洗濯用洗剤や柔軟仕上げ剤の香りが強くなっているということなんですね。昨今はボディーソープもシャンプーもアロマ流行りで香りの強いものが次々に発売されています。30年ほど前の私たちは『外国製のものは香りが強いから~』と言っていたのですが、今では殆ど遜色ないように感じます。香りに対する感度が次第にマヒしているのかしら?と不安になったりしますね。

そんな現代だからこそ、香りの使い方にもメリハリを付けたいところです。人間は嗅覚疲労により、同じ香りなら数分間でその感度が著しく落ちてしまいます。従って香りの刺激は、しばらく香って認識されたなら、その後持続的に香っている必要はないのです。

 

場所によって異なる香りの使い方

201610-02-06.jpg

例えばトイレを考えてみましょう。同じ人が何時間も居るということはまずないですね。多くの場合入れ替わり立ち代わり短時間で出入りがあります。このような場所では、全体に行き渡る持続的な香りが効果的。同じ香りが持続していても、トイレに入る度に『良い匂い!』と感じ、嗅覚疲労が発生する前に出て行ってしまいます。

一方プライベートルームを考えてみましょう。部屋に入った時『良い匂い!』と感じても、そのうちに香りを感じなくなってしまいます。香りが持続的にある限り、その香りに対する感度は戻りません。プライベートルームで香りを楽しむのなら、お香のように一定時間だけ香りを蒸散するものを使うか、部屋に入ったときに香りを感じたいのであれば、出入り口付近に局所的な香りを置くと良いでしょう。香りの発生しない時間、香りの届かないエリアがあってこそ、効果的に香りを楽しむことができるのです。

手始めに、ベッドルームのドア横にポマンダーかハンギングタイプのポプリを掛けてみてください。お部屋の出入りの度にふわりと優しい香りが鼻をくすぐります。一瞬の『良い匂い!』が気持ちを豊かにしてくれますよ!お試しくださいね。

Writed by Y

2016年10月03日(月)暮らしをランクアップする香りの使いこなし術(1)嗅覚の仕組みを知る

201610-01-01.jpg

   10月になりました。関東地方では先月初旬からぐずついたお天気が続き、連日の蒸し暑くどんよりした曇り空に少々うんざり。今年は秋雨前線が日本列島にへばりついているようですね。10月になってもなかなか『天高く馬肥ゆる秋』といった気持ちの良い青空が見られません。

   天候不順のせいか今年は例年より十日ほど早く金木犀が開花。毎年この花の匂いが漂ってくると『秋だなぁ』と思います。香りは私たちに様々な記憶を呼び起こさせたり、気分をリフレッシュさせてくれたり、時には気分を悪くさせたり・・・。目には見えませんが案外大きな影響を及ぼしますね。そんな『香り』について今回からシリーズでお届けします。

 

香りは様々な記憶や感情を呼び覚ます?

201610-01-02.jpg

   人込みで見知らぬ人とすれ違った時、あるいは空のエレベーターに乗り込んだ時に、ふわりと鼻をくすぐる香り。『?この香り!?』と思ったことはありませんか?『昔の彼(彼女)と同じ香り・・・。』だったりして。頭の中で記憶の走馬灯がグルグル回り出したりしますね。

   一方近年テレビなどでも話題になった『アロマで認知症予防』などという話もあります。このように香りは人の記憶や感情に結びつきやすいことが知られていますが、これは人が香りを感知する仕組みと関係があるようです。
五感といわれる視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚の中で、実は嗅覚だけが他の四つの感覚とは違ったルートで認識される仕組みになっているのです。

 

人間が香りを感じる仕組みは?

201610-01-03b.jpg

   人が『香り』として感じているのは、実は化学物質による嗅覚への刺激。これをを脳が香りとして感じたものを私たちは認識しているのです。(そう言っては身も蓋もロマンもない感じですが・・・)

   鼻に入った香り成分は粘液で溶解します。これを鼻にある嗅細胞から鼻腔粘膜に出ている嗅小毛がキャッチ。その情報を嗅細胞に伝えます。すると嗅細胞は受け取った情報を電気信号に変換して嗅球に伝達、嗅球~嗅神経~脳へと情報が伝えられてゆきます。この時、視覚、聴覚など他の感覚は一旦大脳皮質へと伝えられるのに対し、嗅覚だけは直接大脳辺縁系へと伝えられます。これが嗅覚と他の感覚との一番大きな違いです。

   視覚、聴覚などの情報が伝えられる大脳皮質は、『知性の座』とも呼ばれ、精神活動、運動性言語(発話)、聴覚(聴覚性理解)、体性感覚、視覚などに関する役割を持っています。一方大脳辺縁系には記憶を司る海馬や情動を司る扁桃体などがあり、『本能の座』あるいは『古い脳』とも呼ばれています。嗅覚は情報が大脳皮質を経ずに直接大脳辺縁系に伝えられるため、記憶や情動に結びつきやすいと考えられているわけです。(Image by Patrick J. Lynch; CC-BY, from Wikimedia Commons 2006/12/23)

 

嗅覚疲労ってご存知ですか?

201610-01-04.jpg

   これは『同じ香りを嗅ぎ続けていると、短時間で嗅覚が鈍る!』ということです。皆様もご経験がおありかと思います。帰宅して玄関のドアを開けると煮物の良い匂い!思わずお腹がグーっと鳴ってしまいますね。そんな美味しそうなお料理の匂いも手を洗い、部屋に戻って着替える頃には忘れてしまいます。そしてダイニングに行った時に再び『良い匂い~!』と思うわけです。これが嗅覚疲労。いくらお腹が空いていても、家中にお料理の良い匂いが充満していると、数分でその匂いに対する感度が著しく落ちてしまうのです。それでもダイニングに行って直接お料理を目の前にすると、これは香りの濃度がそれまでよりもかなり高くなりますから、ここでは再び『いい匂い~!』と感じることができるのです。

   嗅覚疲労に関しては、他の香りに対しての嗅覚は鈍らないと言われています。確かにお料理の美味しい匂いに鼻がマヒしていても、家族の誰かがオナラをしたらすぐに『臭~い!誰かオナラしたでしょう!』 ってなりますよね(笑)。

 

嗅覚は大切な情報収集器官

201610-01-05.jpg

   五感は私たちが周囲の状況や物について調べ、確認し、安全を図って暮らす為に発達してきたのでしょう。中でも嗅覚は空気中に浮遊している化学物質をキャッチして知覚しますから、直接発生源に近づかなくても感知することができます。焦げ臭い匂い、雨の匂いなどは身に危険が迫ることを知る情報となりますし、食べ物なら、口に入れなくても匂いを嗅ぐだけで、食べられそうか腐敗しているか確かめることができます。嗅覚が人間の数百倍もあるという犬たちは、更に多くのことを嗅覚に頼って判断していますね。このように嗅覚は大切な情報収集器官なのですが、前述のように記憶や情動に結びつきやすいという特性から、心や身体にも様々な影響を与えていることが最近解ってきました。特に記憶を呼び起こすキーワード的な役割、気持ちを落ち着けたり、リフレッシュさせる働きなどは、研究成果が発表され実用化され始めています。『朝は柑橘系、夜はラベンダー』の認知症予防アロマもそんな中から生まれたものです。

 

香りのあふれる時代だからこそ上手に香りを生かしたい

201610-01-06.jpg

   昨今はシャンプーに始まり洗濯用洗剤、柔軟仕上げ剤、ルームコロン、食器用洗剤に至るまで、様々な製品が香りに溢れていますね。集合住宅では、『洗濯物の匂いが迷惑!』と近隣トラブルに発展するケースもあるようです。香りの好みが同じならトラブルにはならないでしょうにと思うのですが・・・香りは個人個人好き嫌いがありますから難しいですね。

   香りは上手に使えば暮らしの演出効果は抜群。さらに心と身体への癒し効果も期待できますが、使い方を誤ると逆に気分が悪くなってしまうこともあります。正しい使い方を知って賢く使いこなしてゆきたいですね。今日はその基本となる私たちの嗅覚についてご紹介して参りました。次回は香りのアイテムについてご紹介予定です。お楽しみに!

Writed by Y

GLホームへのお問い合わせ

住所
〒136-0071
東京都江東区亀戸1丁目5番7号 錦糸町プライムタワー
TEL
0120-7109-24(なっとくツーバイフォー)(フリーダイヤル)