本部スタッフブログ

GLホームの本部スタッフが綴るブログ

2016年11月のブログ記事

2016年11月21日(月)香りの使いこなし術(3)来客をもてなす

201611-02-01.jpg

   11月も下旬となりました。もうクリスマスまで1ヶ月ほど。マスコミでも2016年を総括するような話題やランキングが取り上げられるようになりました。関東地方ではまだ気温が高いせいかあまり実感がありませんが、確実に夜明けは遅く、夕暮れは早くなっていますね。

   年末年始と言えば人が集まる機会が増える時期。クリスマスに自宅でホームパーティーを開いたり、お正月に親戚や親御さんが訪ねて来られたり・・・。お客様を我が家にお迎えする機会も多くなります。そんな時、さりげなく香りでおもてなしできたら素敵だと思いませんか?
   今日は簡単で効果抜群の香りの演出方法をご紹介しましょう。

 

玄関を開けた時に最も感じる『この家の匂い』

201611-02-02.jpg

   インターホンが鳴ってディスプレイに映る友人の顔、懐かしい顔・・・。『は~い!』と玄関に走ってドアを開けると笑顔があふれますね。実はお客様が『この家の匂い』を一番感じるのは、この玄関を開けた時と玄関に入った時。それは人の嗅覚が一つの香りに対して短時間しか感度を維持できないからなのです。香りは最初の一撃が一番大切と心得ましょう。加えて玄関からお部屋へと招き入れられ、何やかやとおしゃべりに花が咲き始めると、意識はそちらに集中され、香りはとっくに棚上げされてしまいます。

   どこのお宅にも『この家の匂い』があります。お料理、タバコ、ペット、芳香剤、家人の使う香水、洗剤、体臭に至るまで、その家の中で発生する様々な香りが混ざり合い、その家独自の香りを醸し出ています。しかし多くの場合その家の住人はこの『匂い』に気づいていません。それは恐らく日常的な環境であるが故に改めて意識を向けることがなくなっているからでしょう。一方訪ねて来たゲストは、屋外とは違う日常嗅いだことの無い『その家の匂い』を感知しやすいのです。

 

玄関で良い香りを嗅ぐと気分もup

   人は無意識に五感を働かせて、常に自分の身に危険が及ばないか周囲の環境をチェックしています。嗅覚もそのチェック器官の一つです。訪ねた家の玄関で『良い匂い!』を感じると、『どんな所なんだろう?』という緊張感が和らぎ、心はリラックス方向に動きます。脳が『良い匂い→良いもの→危険ではない』と判断するのでしょうね。逆にここで嫌いな匂いを感じると、緊張や警戒が強まりWelcomeとしては逆効果になってしまいます。

香りのおもてなしポイント➀ 玄関にアロマを配置する。

201611-02-03.jpg

   この場合の香りは強すぎると悪印象となり逆効果です。控えめに風が動くとふんわり香る程度がお勧めです。アイテムはゲストの到着スケジュールによってチョイスします。集合時間が決まっている場合には、お香が便利です。到着予定時間にちょうど燃え尽きる程度のタイミングで焚いておくと、玄関を開けた時にふんわりと良い塩梅にゲストの鼻に届きます。

   お正月のように集合時間が決まっておらず、随時ゲストが訪れる場合は、液体香料を紙やラタンなどで蒸発させるリードディフューザ―などがベターです。これなら1日中香りが持続しますので、手がかからず効果的です。このような製品は開栓直後は香りが強いですから、2~3日前に開栓し、香りが落ち着いてから玄関に置くと良いでしょう。またユリなどの香りを楽しめるお花をさりげなく飾っておくのもいいですね。香りと共に住む人のセンスの良さをゲストにアピールしてくれます。

 

食事や盛り上がっている時に香りはNG

201611-02-04.jpg

   エントランスでのご挨拶が終わりゲストをお部屋にご案内。テーブルセッティングやお食事の用意が整っていますね。『お客様をおもてなしする香り』と考えると、ついついメイン会場のリビングやダイニングにアロマを・・・などと考えてしまうのですが、これはNGです。お食事の時は食品以外の香りは無いのがベスト。『美味しさ』に香りは不可欠ですから、それをアロマで邪魔するなどもってのほかです。ワインや日本酒などの微妙な香りを堪能するには、嗅覚をニュートラルにしておく必要がありますね。

   少しお酒も入って歓談が盛り上がり、しばし楽しいひと時。こんな時も香りはNGです。香りを立てても誰も気づいてはくれませんし、また香りに注意を向けさせることで、せっかくの楽しい歓談の輪から気を反らせてしまうことになるからです。ここは少々お酒の匂いが気になっても、一気に盛り上がって楽しんでしまった方が良いですね。

香りのおもてなしポイント② メイン会場には原則香りはなし

   どうしてもメイン会場で香りを伝えたい時は、ゲストの到着に前後して燃え尽きるように香を焚きます。香ならではの持続性の無さを上手に利用する方法です。ただし、テーブルの上にあらかじめお料理が並んでいるようなセッティングならやはり香りはNG。お料理と香りは重ならないように注意してください。

香りのおもてなしポイント③ 食べ物と香りは重複させない

 

メイン会場を離れた時にさりげない香りの演出を

201611-02-05.jpg

   『ちょっとトイレに~』と部屋を出てゆく。賑やかなリビングから静かな廊下に出てふと深呼吸。そんなときに爽やかな柑橘系やハーバル系の香りが届くととても気持ちの良いもの。コンセントに直接取り付ける小さなアロマランプや、カードにエッセンシャルオイルを染み込ませたものをドアノブに掛けておくなどして、ほのかな香りが放散されるようにすると良いですね。

   そして必ずゲストが利用するサニタリースペース。ここもできれば柑橘系かハーバル系の香りで演出するのがベターです。満腹だったり、お酒に酔っていたり、あるいは熱気や歓談で上気していたりすると、甘い香りは鼻について気分が悪くなることがあります。また人によって好き嫌いがはっきりしていますね。その点柑橘系やハーバル系の香りは『大嫌い!』という人が少なく、多くの人がリフレッシュを感じる香りですから、歓談のインターバルにはもって来いというわけです。

香りのおもてなしポイント④ 廊下やサニタリーには持続的な柑橘系の香り

 

この家はなんだかいい匂いがする!

201611-02-06.jpg

   ゲストがそんな風に感じて下されば作戦成功!。良い香りは必ず良い印象を形成しますので、ひいてはホストの印象もupupup間違いなしです。   
   このような香りの配置では、ゲストが実際に香りを感じている時間は非常に短いはず。しかしなぜか『この家はいい匂いがする』という印象を持って頂けるようです。メイン会場に香りは無いのに不思議ですね(笑)。私の経験ではその場で口に出して言ってくれる人は少ないですが、後になって知らされることが多いです。

 

   パーティーシーズンが近づいてきたので、今回は実践的な香りの使い方をご紹介しました。本当は香りアイテムそれぞれの特徴や使い方を先にご紹介したかったのですが、順番が前後してしまい申し訳ありません。また追々ご紹介してまいりますので、どうぞお楽しみに!

   素敵なパーティーシーズンをお過ごしくださいね。

Writed by Y

2016年11月06日(日)おうちで干し芋を作ってみました

201611-01-01.jpg

   11月になりました。気温の高い日が多かった関東地方も、さすがに朝晩は暖房器具にスイッチON。そろそろ冬のコートを出そうかしら?と思案する今日この頃です。北日本は早くも大雪。暦の上では7日が立冬ですから、そろそろ冬支度の時期ですね。

   実りの秋は美味しいものがたくさん!栗、柿、りんご、みかん、ジャガイモ、サツマイモetc. 栄養たっぷりで『天高く馬肥える~』の原因になりそう(汗)ですが、旬の恵みはやはり美味しく頂きたいものですね。
そして今日の話題は『干し芋』。実は私、子供の頃から大好物なのですが、最近食べていないなぁ~と。そこでお家で作っちゃいました~!というお話です。

 

懐かしい味『干し芋』

201611-01-02.jpg

   今の若い世代の方はあまりご存知ないのでしょうか。私が子供の頃は、ストーブの上で焼いてよくおやつに食べていました。熱々で甘くて、焼き芋みたいな良い匂いがして、歯にくっつく独特のねっとり感。見た目の地味さからは想像もできない美味しさです。しかし時代は変わって干し芋を焼けるようなストーブは姿を消し、スーパーの干し芋の多くはMade in Cina。いつしかあの懐かしい味から遠ざかってしまいました。先日とても大きな焼き芋をゲット。あまりのビッグサイズに半分残して『さて、どうしようかな?』。ふとその時、『スライスして干したら干し芋できるかな?』と思いついてさっそく実行。僅かな量でしたがあの懐かしい味が再現できました。そこで今度はまじめに干し芋を作ってみることにしました。

 

作り方はいたって簡単

201611-01-03.jpg

   国内の干し芋はそのほとんどが主産地である茨城県で作られています。以前その茨城の方から『干し芋は、芋を蒸して皮をむき、スライスして天日で干すだけ。』と教えて頂きました。それなら私でも出来そうです。確かその時干し芋に適した品種があるとお聞きしたように記憶しているのですが、とりあえず今回は八百屋さんで売っていたサツマイモで作ってみることにしました。さてさて、どうなることやら・・・。

 

 

 

 

蒸して、皮を剥いて、スライスして・・・

   思いつきの初体験ですから(私はいつもこんな調子でトライです)とにかくやってみるしかありません。電子レンジでチンしちゃおうかな?とか一瞬思いましたが、ここは真面目にコトコト蒸すことにしました。

201611-01-04.jpg

201611-01-04b.jpg

   う~ん熱々の皮むきもアッチッチ!でホネでしたが、『このまますぐに食べたい!』といいう欲求に耐えるのもかなり厳しいものがありました(笑)。しかしそこはしっかり堪えて次はスライス。これがまた包丁にくっついてうまく切れません。結局10mm位のかなり分厚いスライスになってしまいました。細い方のお芋はスライスというよりも長手方向に三等分!まぁ良いか。しっとりタイプの方が好きだし・・・ということで網に並べました。

 

陽向と風通しの良い場所を探して待つこと4日

   この時期ちょうど空気も乾燥してきますね。カビが生えても困りますので、ひたすら直射日光と風通しの良い場所を探して家中を何度もウロウロ。時々ひっくり返してみたりしながら乾燥度合いをチェックしていました。

201611-01-05.jpg

   お芋は写真の通り太いものと細いものと各1本ですが、太い方は蒸し上がり時からホクホクタイプ。写真では表面が白っぽく見えています。細い方は蒸し上がりからねっとり。写真で白い部分が無いお芋です。両者は一緒に購入したのですが、品種が違う?それとも加熱の問題?そのあたりは今回解明できていません。

   干し始めて4日目。ホクホクタイプは表面の水分が少なくなり、手でつまんでもベト付かなくなりました。ねっとりタイプはまだ少しベタつきます。売っている干し芋と違い、きれいな黄色のままですが、私はしっとりタイプが好きなので、このあたりで『乾燥終了!』としました。ねっとりタイプの方は売っている干し芋に近い感じですが、ホクホクタイプの方は相変わらずホクホク。少し様子が違います。

 

焼いてみたら~『懐かしい味と匂い!』

201611-01-07.jpg

   それではさっそく試食を・・・と思ったのですが、当然ストーブも火鉢もありません。現代版干し芋焼きはオーブントースターで。端の方からこんがり焼けて、うっすらきつね色になったところで取り出すと・・・あの懐かしい干し芋のいい匂い!そして熱々を口に入れるとやさしい甘さが広がります。『この味この味!』と一人で大喜びしてしまいました(笑)。ただ、ホクホクタイプは昔食べた干し芋とは少し違う食感。むしろホクホクタイプの焼き芋みたいな感じでした。ねっとりタイプの方はほぼ昔の味と食感を再現したので、私としては実験成功!ということにしておきます(笑)。

 

 

   こうして実際に作ってみると、なかなか手間がかかっていますね。お値段が結構するのも解る気がします。忙しい日々の中で敢えて干し芋を作ることもないのですが、なんだかこの手間が気持ちを豊かにしてくれるように感じました。お漬物然り、時を待たないと美味しくならない。そこがまた良いところですね。秋の一日。お時間がありましたらお子様方とご一緒に是非一度作ってみてください。懐かしい味がしますよ~!

Writed by Y

GLホームへのお問い合わせ

住所
〒136-0071
東京都江東区亀戸1丁目5番7号 錦糸町プライムタワー
TEL
0120-7109-24(なっとくツーバイフォー)(フリーダイヤル)