本部スタッフブログ

GLホームの本部スタッフが綴るブログ

2017年1月のブログ記事

2017年01月22日(日)九星気学で見る2017年あなたの運勢は?(一白水星~四緑木星)

201701-02-01.jpg

   1月も下旬を迎えました。1ヶ月ほど前には年末だクリスマスだと盛り上がり、3週間前にはお正月休みだったはずですが、楽しかった日々はなんだかずっとずっと前のような気がするのは私だけでしょうか(笑)。

   ふと気づけば日暮れが随分遅くなっていますね。クリスマスの頃、東京地方では午後四時半と言えばもうほとんど真っ暗でしたが、今日はまだ太陽が顔を覗かせていました。寒さはまだまだ厳しいですが、大自然は着実に春への歩みを進めているようです。

   さて、今日は恒例の『九星気学で見る2017年の運勢』。
今年はどんな年になりそうかな?

 

あなたの本命星を見つけてください

   九星気学は、生まれ年によって本命星と呼ばれるご自身の星が決まります。この世に生を受けて一番最初に吸った大気の性質を九つの星に例えて表しているのだと師匠から教わりました。以下の表で確認してみてください。市販されている暦などでも、表紙の裏や一番最後などに一覧表が出ています。そちらをご利用頂いても構いません。

※気学では節分で新しい年が始まると考えます。このため、お誕生日が節分よりも前の方は、前年の生まれとなりますのでご注意下さい。 例:平成5年1月20日生まれの方は七赤金星の欄にありますが、節分前ですので平成4年生まれの方と同じ本命星八白土星となります。

   あなたの星は見つかりましたか?それでは各人の今年の運勢、鑑定結果をご紹介して参りましょう。でもごめんなさい。紙面(画面?)の都合上、一度に九つの星全部の運勢をご紹介するのはちょっと厳しいのです。なので今回は一白水星から四緑木星までの方の運勢をご紹介します。五黄土星から九紫火星までの皆さんは、次回にご紹介しますので、ちょっとだけ待っていて下さいね。気学では節分で年が変わると考えます。まだ暫くは丙申の年ですのでご安心ください!

 

一白水星の方

201701-02-02.jpg

   本年は本命星の一白水星が中央に回座し、9年をサイクルとする運気循環のうち、4年間にわたる陽運期の最後の年です。過去の成果の表現期に当たり、人により良い悪いの違いがはっきりと表れてきます。もちろん運期は強いのですが、トラブルが多く、周囲から厳しい批判を受けたり、体調を崩したりという人も出てきます。そのような時は立ち止まり過去を自省してみると良いでしょう。周囲からの視線が集まる(目立つ)環境にあります。これは良いことである反面、目立つからこそ用心すべきこともあります。ピークとは同時に下降への転換点でもあることから、古来『満は損を招く』と言って、魔が差したり隙が生じたりといったリスクに警戒を怠らないよう戒めています。ここ1~2年の陽運期に慣れ、『まだまだ行ける!』、『更に上を目指そう!』などと考えがちですが、運気の強い今のうちに手堅く足元を固め、来年からの衰運期に備えるようにしたいところです。本年は中央にて暴欲の作用を受けます。欲や争いごとに関わるとご自身の運気を大きく損ねます。運気の強い時期だからこそ、気を引き締め自制してお過ごしください。

 

二黒土星の方

201701-02-03.jpg

   本年は本命星の二黒土星が北西に回座し、9年をサイクルとする運気循環のうち、衰運期の1年目です。運期はまだ盛んなように見えますが、徐々に勢いを失ってゆきます。しかしそれは循環の中の一通過点であり、衰運期だからダメということではありません。運気の局面に応じた適切な対処をすることで、より良い環境を求めてゆきます。本年は事業の拡張、自宅や社屋の新築、増改築、工場や店舗の新設、グループや組織の結成など、長年の宿望を実現するべく東奔西走するといったことが出てきます。運気が下降局面に入ってきますので多少の困難を伴いますが、一応の完成を見ることができるでしょう。しかし実利を手にするのは少し先になります。 ここ数年来の陽運気に慣れ、あれもこれもと一人で空回りしたり、慢心から高慢な態度に出てしまったりしやすい時期です。周囲の評判を落とさないように、落ち着いて丁寧な対応を心掛けるようにします。指導者、資本家、上長など目上の方に縁があります。またご自身がそのような立場に就かれる方もあるでしょう。礼節を守り、気配りを怠らず、周囲に悪い印象を与えないように注意してお過ごしください。

 

三碧木星の方

201701-02-04.jpg

   本年は本命星の三碧木星が西に回座し、9年をサイクルとする運気循環のうち、衰運期の2年目です。西の象意は金銭、飲食、遊興であり、全て人の喜びに通じています。秋の田畑に収穫を見るが如く、運気衰沈の段にあって、陽運期の収穫を得る意味があります。本年は運気にこれまでの勢いが無くなりつつあることを実感するようになってきます。ご自身でも気力が落ちてきますから、集中力が続かない、やる気が無いといった状態に陥り易くなり、ついつい享楽的な方に興味が向かいます。適度なレジャーや息抜きは必要ですが、無気力から逃げて遊興に向かうことは避けねばなりません。日々の生活の中でON・OFFのけじめを付けるように意識してください。 金銭の出入りが多く出費が嵩みます。融通が付くのであれば、いずれ必要になるもの、仕事や学業に必要なものを購入するなど有効な使い方を考えるのが賢明です。但し既に衰運期であることを考え、支払能力を超えた過大な投資をしないよう十分に吟味してください。沈滞気分から精神的に不安定になり勝ちです。健全な心の状態を維持できるよう、適切なコントロールを心掛けてください。本年は大歳方となり事象が増幅され強く表出してきます。諸事想定外の事態に発展する可能性がありますので慎重にお過ごし下さい。

 

四緑木星の方

201701-02-05.jpg

   本年は本命星の四緑木製が北東の鬼門に回座し、9年をサイクルとする運気循環のうち、衰運期の3年目です。運気や周囲の状況に変化が現れます。これまで諸事振るわなかった方は、良い方向に変化して順調となることがあります。一方これまで良好だった方は、その安定が揺らぎ変化の兆候が現れて将来に不安を頂いたりする状況が出てきますので注意が必要です。組織の改編、営業内容の刷新、転職、勤務先を退社して独立する、業績の振るわない会社の清算など、ご自身でも改変、改革を求めるようになってきます。また事業の継承や相続問題を考えたり、家屋の売買、後継ぎ、子供に関する問題に接することが出てきます。これ等の事柄に接した際は事態が悪化しないように先手先手を打って慎重に対処してください。焦って熟慮を欠いた行動に出ると後に後悔します。迷った時は二度目(後)の方が良い結果となりそうです。転職、転業、独立、改変、改革などご自身で自ら行動を起こそうとする場合、三月、四月、五月が比較的順調に運び易いでしょう。親族、身内間でのトラブルは極力避け、何事にも冷静かつ柔軟・慎重に対応し、確実に足元を固めるように致しましょう。

 

   今年の運勢、如何でしたか?
   五黄土星~九紫火星の方については、次回のご案内となりますのでちょっとだけお待ちくださいね。
   気学では節分で新たな年が始まりますので、今はまだ丙申の年。今回ご案内の一白~四緑の方の運勢も、節分以降のお話です。ご了解ください。
   では次回もお楽しみに~!

Writed by S

2017年01月10日(火)2017年はどんな年?勝手に占断予測~!

2017年あけましておめでとうございます。
本年もこのコーナーをご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。

201701-01-01.jpg

   少々遅ればせのご挨拶となりました。既に松は落ちていますが、小正月前なのでお許しくださいm(_ _)m。
皆様どんなお正月を過ごされましたでしょうか? 今年はカレンダーの都合上仕事始めが早めで、なんだか年が明けたらあっという間に『お休みおしまい!』だったような気がします。そしてすぐにまた三連休。『だったら繋げてよ~っ!』って思ったのは私だけでしょうか?(笑)。

   さて、今年もこのコーナーの新春恒例、『今年はどんな年になる?』と各人の運勢を順次ご紹介して参ります。中身は占い師の顔を持つ某スタッフの『勝手に占断~!』なのですが、案外当たるので侮れません。当たるも八卦当たらぬも八卦でご参考にしていただければ幸いです。

 

2017年は丁酉=ひのと・とりの年です

201701-01-02.jpg

   【丁酉】読めましたか?(笑)。二文字目の酉は読めますね。とり年のchickです。最初の文字は一丁目の『丁』ですが、これは『ひのと』と読みます。甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸で構成される十干のうちの一つです。『丙午=ひのえうま歳の女子は気が強い』など古くから干支とセットで語られますね。

丁は火の象であり松明=たいまつを表します。研究、美術、学問、福祉、救済などなどの意味がありますので、これらの分野の事柄やそれを仕事としている人たちは、今年話題になる、注目されるなど、光が当たることが考えられます。また丁は夏を意味するところから、今年の夏は暑くなる確率が高そうですね。

   皆さんよくご存じの酉。このトリにも実はちゃんと意味があります。酉はお酒や飲食を象徴します。このことから本年は飲食を伴う会合、イベント、祭事、儀式などに絡んで良い縁を得る象意となります。或いはこのような事柄が何かと話題になることが考えられます。また酉は秋を意味し、これは収穫や熟した収穫物を表すことから、本年は逡巡していた物事の結論が出たり、機が熟す、或いは収穫物(農産物)に関する事柄が話題になるでしょう。

   酉年は飲食や接客に関する分野に関わる人々にとっては、活躍のチャンスを得やすい時期です。また習い事や新たな学習を始めるのにも良い年と言われています。

 

九星では一白水星中宮の年、どんな年になる?

   一白水星は九星の中の一つ。二黒土星、三碧木星、四緑木星etc. 暦に出ていますね。今年は一白水星が九星盤の中央に来る=一白水星の年ですので、今年生まれた赤ちゃんは、本命星一白水星と言うことになります。

201701-01-03.jpg

   本年は一白水星が中宮の年ですので、世の中全体に水気、一白水星の影響が生じると考えます。表面的には次から次へと動きや変化が起こりますが、根本的には水の冷気に依る停滞・収縮の機運に支配されて大きな成果には繋がらないと考えられます。急激に拡大したり注目を浴びることがあっても一時的となりやすく、本格的な拡大、発展に至るにはまだ少し時間が掛かります。『ヨシ!来た来た!』と早合点して本気になると『あれ~???down』と失速してしまった・・・などと言うことが起こりやすいものです。『来た来た!』と本気になる際は、短期間に起きる変化にも対応できる準備をして臨みたいところです。

   このような環境の中で本年は、これまでとは異なる考え方、新しい仕組みや技術、提携やコラボレーション、M&Aなど未来に向けた新たな視点や取り組みが生まれて来ます。それらは本年が始まりであって直ぐに大きな成果に繋がるとは限りません。今後の発展、展開の礎となるものです。

 

201701-01-04.jpg

   人々の生活一般においても、明るい期待や兆しはあるものの、現実にはなかなか停滞感を抜け出せないでしょう。格差が明確になり、困窮する人たちに社会の目が向けられて彼らのための施策が話題となるでしょう。また少子化や結婚を望まない若者たちの問題も話題になり対策が検討されますが、即効性は期待薄です。

   一白水星には『交わる』という意味もあります。外国人の流入など人的文化的にも『集まり・交わる』現象が広く見られ、良い意味での混とんとした状態が予想されます。現代風に言うとグローバル化というのでしょうか・・・(汗)。

 

 

201701-01-05.jpg

   自然現象に関しては過去100年を見渡してもとにかく一白水星の年は水害が多いです。雨だけではなく、豪雪の年もありました。水の気の影響を受けるわけですから、水害が多いことについては『さもありなん』と思いますね。しかし不思議なことに一白水星の年には猛暑、暖冬、異常高温などが水害と共に発生しています。さらに『観測史上初!』といった極端な気象現象の記録が多いのも一白水星の年です。ただでさえ近年激しい気象現象が増加していますから、今年はゲリラ雷雨、集中豪雨、長雨、台風、暖冬、異常高温に注意を払う必要がありそうです。特に本年は十干が丁=ひのとで火の象ですから、高温傾向になることが予想されます。侮らず早め早めに備えと対策を講じるようにしたいものです。

 

201701-01-06.jpg

過去の一白水星の年を振り返ってみると・・・

   1945年第二次世界大戦終戦、1972年沖縄返還、日中国交回復、1990年湾岸戦争勃発、東西ドイツ統一、1999年ユーロ運用開始、2008年リーマンショック、オバマ大統領就任などなど。大きな変化、新しい体制や仕組みの始まりとなった事件が多いですね。今年はすでにトランプ氏の大統領就任というインパクトのある出来事が決定済み。何が起きるかちょっぴり不安もありますが、多分これまでとは異なる新しい何かが始まるのでしょう。良い方向への変化であることを期待したいですね。

   次回は各人の本年の運勢をご案内します。どうぞお楽しみに!

Writed by Y

GLホームへのお問い合わせ

住所
〒136-0071
東京都江東区亀戸1丁目5番7号 錦糸町プライムタワー
TEL
0120-7109-24(なっとくツーバイフォー)(フリーダイヤル)