本部スタッフブログ

GLホームの本部スタッフが綴るブログ

2017年11月のブログ記事

2017年11月30日(木)家具転倒防止の段ボール、How to Make up

201711-211.jpg11月も月末。東京地方でも季節は晩秋から初冬へと移ろいつつあります。公園の木々はちょうど紅葉の最終章。風が吹くと雪が降るように木の葉が舞い落ちてきます。足元は落ち葉でフカフカザクザク。夕暮れ前の公園を歩いてみたら、自然の優しさに心が和みました。

我が家はお引越しから一月半。ようやく普通に生活できるようになりましたが、まだ行方不明のモノや『あれ?どこかで見たんだけどな~』が頻発しています(汗)。そして食器棚や本棚の上に詰めた転倒防止用の段ボールも未だに引っ越し屋さんデザインのまま。このままお正月というわけにもゆかず、何とかしなければ~!というそのお悩み過程を大公開。真似する方はご参考になさってくださいね。

 

 

201710-02-05.jpg段ボールの表面を加工すればきれいだけど・・・

『段ボール箱の表面にきれいに布や紙を貼って仕上げれば見た目は上々』ということはもちろん最初に考えました。しかしその流れをシュミレーションすると問題点が・・・。

1)その加工を誰がいつやるの?(2段積みなので食器棚の上だけで8個もある。家中全部だと26個もある!)
2)紙を貼ってもベタ貼り(全面に糊を付けてピッタリ貼る)でよほど上手に仕上げないとじきに剥がれてくる。
3)この面積に布をきれいに貼り付けるにはそれなりの腕が必要だし膨大な手間がかかる。 

引っ越し後の煩雑な手続きもまだ全部は終わっていないし、毎日の暮らしはあるし・・・『やってられないわ!』とこの案は一旦却下となりました。

 

次に考えたのはカーテンを付ける案

201711-22jpg.jpg『じゃあ、天井から家具の上端までの丈のカーテンを吊ろう!』壁紙と同じ色合い(白系)なら溶け込んで目立たなくなるはず。収納として使っている段ボールですが、カーテンなら出し入れも楽に出来そうですね。作業も既縫製品のカーテンを丈詰め&レールの取り付けなら一気に出来て簡単そう!『これは名案!』と思ってホームセンターにカーテンを見に行ったのですが・・・

大問題発生!カーテンレールを天井に取り付けたとして、レールの高さが15mm程度ある=段ボールが引っ掛かって取り出せない。容易に取り出せるほど天井との間に隙間を開けたら転倒防止効果が大きく損なわれる。シアータイプでは箱が透けて丸見え&ドレープでフラット(ヒダ無し)にすると、まるで白布を吊ったようでカッコ悪い!

というわけでこの案も却下。ホームセンターからスゴスゴと帰ってきてしまいました。

 

201711-23.jpgならば段ボールを布で包んじゃえば?

『それなら簡単そうだし良いんじゃないの?』と盛り上がって試しにカーテンの裾の方でで段ボールを包んでみました。しかし・・・。ズラリと並ぶとどう見ても怪しい物体。その上段ボール箱全体を包もうとすると結構大きな布が必要になります。26個もあっては、いったい幾らお金が掛かるやら。それに中身の出し入れ時はその都度包み直し?(絶対に開けなくなりそう)
じゃぁ前面だけ一枚の布で上下を挟み込んで包んじゃうとか・・・。出し入れするときは全部外して包み直す?

う~ん、これも現実的ではないということで却下となりました。

 

段ボールにクロス(壁紙)貼るっていうのは?

201710-02-02.jpg『最近はホームセンターでも生糊付きのクロス売ってるから、前面だけ貼るならそれで出来るかも!』壁紙なら周囲との違和感は少なそうですし、紙よりはるかに丈夫で、糊付きなら手間も省けて言うことなし! さっそく近所のホームセンターに糊付きの壁紙を探しに行きました。

最近のホームセンタには補修用ばかりではなく壁紙や道具なども色々置いてあるんですね。職人さん用のお店かと思うくらい何でも揃っています。糊付き壁紙も生糊ではなくシールのようになっていたりして、『これなら楽勝じゃ~ん!』と大はしゃぎ。しかしどれも部分補修用らしくサイズが小さい!1パック1000円弱もするのにです。 段ボールと言っても我が家の物は縦35㎝×横52㎝ほどありますからとても間に合わない寸法です。
 
『以前90㎝幅の生糊付壁紙を確かにホームセンターで見たことがある』と思い店員さんに尋ねてみると・・・ありました。柄は数種類ですが、90㎝幅で10m、15まで。しかし私に用途を尋ねた店員さんは意外なことを言い出しました。
 
201711-24.jpg『ダンボルーに貼るのなら、生糊付はやめた方が良いですよ。』その理由は、『糊に水分が多いから、段ボールがヘロヘロになってしまって上手くできないと思います。』なるほどですね。生糊付で販売するためには、長期間ウエットな状態を保たなくてはならないということですものね。
 
そして店員さんは代替案を教えてくれました。『糊のついていないロールの壁紙を切り売りしていますから、それを買って、両面テープで貼付けるのが一番簡単できれいにできますよ!』ということで売り場に案内してくれました。無難なホワイト系ばかりで柄も数種類ですが、我が家もホワイト系ですから柄合わせまではしなくてもOK!ということでとりあえずリビングの食器棚上分だけ5m購入しました。
 
201711-25.jpg安いんです!なんと298円/1mでした。そして言われた通りに強力タイプの両面テープ10m巻を2本。こちらは1本600円弱。以外にお高い印象です。全部で3000円弱。DIYで『とにかくやってみよう!』という時は、お金をかけないのが私流。上手くできるかどうかも解らないですからね。
 
というわけで、ようやく材料が揃った我が家です。大掃除が始まる前に、今度の休みに取り合ず1個やってみようと思います。我が家の検討過程、どれも引っ掛かりそうなポイントです。家具転倒防止&収納段ボールアイディアを採用される方はご参考になさってくださいね。すっきり安全なお正月に向けてもうひと頑張りです!
 
 
201711-262.jpg

家具転倒防止のアイディアは性能を保証するものではありません。家具転倒防止には市販の器具と合せてご使用ください。

Writed by S

 

 

 

2017年11月15日(水)『おなっとう』美味しい美容と健康の救世主?

201711-01.jpg

立冬も過ぎ、東京地方でも銀杏が黄色く色付き始めています。街路樹の銀杏並木が色付き始めると、関東地方もいよいよ秋から冬へ。日暮れの早くなった街にイルミネーションの光が賑やかです。寒気流入の予報もあって、北の地方ではいよいよ雪の季節が始まりますね。

先日所用で長野県を訪れました。その折、農協の直売所で出会った『おなっとう』という食べ物。美味しくて栄養たっぷり!長野県佐久地方の郷土料理(食品)のようです。今日は番外編としてこの『おなっとう』をご紹介しましす。

 

見たことも聞いたこともない食品を発見!

201711-02.jpg

上信越自動車道~佐久小諸JCTを経て中部横断道(山梨県身延~長野県佐久)へ。現在は佐久南ICまでしか開通していないのでここで高速を降りると、目の前に道の駅『ヘルシーテラス佐久南』がありました。『おなっとう』との出会いの現場はココ。地元農産物直売コーナーの一角にひっそりと3個だけ並んでいました。

透明なカップに『麹お納豆』と記したラベルが貼られています。私には生まれてこのかた見たことも聞いたこともない食べ物。『納豆』とありますが、一見するとお粥の中に小豆と思しき豆がチラホラ』といったところ。しかし『麹』と書いてあったので、これは『甘いもの!』と直感してとりあえず1個購入してみました。この時点では本当に甘いか味は全く不明。塩麴だって見た目は甘酒そっくりですからね~。

 

甘酒のような上品な甘さにほんのり甘い小豆が香る・・・

201711-03.jpg

まだ目的地までは随分距離があったのですが、各地の郷土料理や伝統食品が大好きな私は『麹お納豆』が気になって仕方ありません。運転をパートナーに代わってもらい、さっそく『麹お納豆』の容器をOpen! やはりお粥のようなドロドロ状で、スプーンかせめてお箸でも無いと食べられません。仕方なく小指ですくって味見をすると・・・。麹甘酒の様な上品な甘さです。水分のない甘酒といったところでしょうか。見え隠れしていた豆はやはり小豆です。『う~ん美味しい!』。久々に出会った絶品ジモシー(地元)限定スイーツに大感激です。

 

麹と言えば美容と健康に良いと評判でしたね

201711-04.jpg少し前に酒粕ではなく麹から作った甘酒がちょっとしたブームになっていましたね。麹甘酒は『飲む点滴』とまでいわれていました。それは麹甘酒に含まれる成分が、ビタミンB1、B2、B6等豊富なビタミン類に加え、必須アミノ酸、大量のブドウ糖など、栄養剤として使われる点滴の成分に近いからだとか。疲労回復、筋肉や肌の再生、腸内環境を整えるなどの効果は確かにあるようです。『麹お納豆を』常食している方々は肌年齢が10歳も若いという情報もありました。真偽はさておいて、ありえない話ではないかもしれません。やはり先人達が伝え継いできた伝統には経験に基づいた知恵が詰まっているということなのでしょうね。

調べてみると『麹お納豆』の作り方は甘酒とほぼ同じ。私が感じた『水分の少ない甘酒』は正解だったようです。むしろ『食べる甘酒』と言えるかもしれません。この地域で昔から食べられてきた伝統食の一つ。佐久地方の郷土食とのことでした。

 

作り方は甘酒とほぼ同じ、家庭でも作れます

201711-05.jpg米麹100gをぬるま湯100mlで柔らかくし、普通に炊いたご飯1合分を少し冷ましたものと合わせて炊飯ジャーの保温機能で5時間程度保温。柔らかくなったら出来上がり。

この工程で『ごはん』を『お粥』に置き換えれば一般的な甘酒のレシピになりますね。やはり『麹お納豆』は『食べる甘酒』と考えて良さそうです。(笑)。出来上がった『おなっとう』に柔らかく煮た小豆や甘納豆、ササゲなどの豆などを入れて食べたり、お餅に付けて食べたりするそうです。そのあたりはお好みでアレンジ~ということなのでしょう。もちろん水で薄めればそのままちょっと粒の多い甘酒になります。

 

『おなっとう』という名前の由来

作り方をお読みいただいて気付かれましたでしょうか? 『麹お納豆』は小豆が入っているから『納豆』なわけではなく、ごはんと麹で作ったベースそのものが現地では『おなっとう』と呼ばれているのです。ごはんと麹で『なっとう』とはこれ如何に?と思って調べてみると、面白いことが解りました。

201711-06.jpg佐久地方では古くから各家庭で味噌が作られており、その際余った麹をご飯に混ぜて炬燵で保温し、おなっとうが作られてきたようです。また豆の納豆(ネバネバなっとう)も作られており、豆で作ったものとコメで作ったものと両方呼び名が『なっとう』だったため、穀類として豆よりも順位の高いコメのなっとうに『お』を付けてこれを『おなっとう』と呼ぶようになった。(以上出典はWikipedia/おなっとう)というのです。

確かに佐久地方に住む友人宅では、現在も90歳を超えたおばあちゃんを中心に冬になると味噌づくりをしています。彼女の家では豆を蒸して麹菌を培養し、いわゆる『味噌麹』を作るところから全て自家製と言うので驚きました。その麹の出来具合で毎年味噌の味が微妙に違うのだといいます。もちろん大変な手間が掛るのでしょう、『オバサン達も集まってみんなでワイワイ味噌づくりはまるでお祭りよ~』と笑っていました。しかし残念なことに『私は母のようにはとても作れない、母が作れなくなったらもう味噌は出来ないなぁ』と言うのです。彼女の家の自家製味噌のお味は絶品!このお味噌を頂いてから他社のお味噌が食べられなくなり、毎年おねだりしています(笑)。

201711-07.jpg佐久地方では昔から人々の暮らしの中で麹が身近な存在だったのでしょうね。そういえば『長野の人は肌がきれい』と言うのを聞いたことがあります。『秋田美人』も秋田は酒の産地だからとか・・・。日本人が古くから活用してきた『麹』。ひと手間を面倒がらず、家庭の味として次の世代にも伝えてゆきたいなと思います。友人にもおばあちゃんの味噌づくりを習得するように発破を掛けなくちゃ!

Writed by Y

 

 

GLホームへのお問い合わせ

住所
〒136-0071
東京都江東区亀戸1丁目5番7号 錦糸町プライムタワー
TEL
0120-7109-24(なっとくツーバイフォー)(フリーダイヤル)