本部スタッフブログ

GLホームの本部スタッフが綴るブログ

2018年4月のブログ記事

2018年04月29日(日)オーブントースターでベーグルを焼いてみました

201804-02-01.jpg

 あっという間に四月も月末、大型連休が始まりました。気温は高めですがお天気にも恵まれて、とりあえず前半は気持ちの良い行楽日和となりそうです。

 私はと言うと・・・特に旅行の予定も無く、仕事と雑用に追われる連休(>_<)。でもせっかくの連休ですから、前回ご紹介した『自宅でベーグル教室』の潤子先生に教えて頂いたベーグルを、自分でも焼いてみることにしましたそれもオーブントースターで!。パン作りは手間が掛かるイメージがありますが、オーブントースターなら何だか手軽に思えてくるから不思議です(笑)。では早速始めましょう。

 

パンなのにゆでて作る?

201804-02-02.jpg

 ベーグルは小麦粉、少量の砂糖と塩、水、イーストだけで作ります。卵やバターが入らないとてもシンプルなパン。発酵も1回だけ、今の時期なら常温で良いので、他のパンに比べ手軽に短時間で作れます。独特のもっちりとした噛み応えある食感が特徴ですね。ベーグルには『カロリー高め』のイメージがありますが、オイル系の材料は使用していないので、同じ重量ならむしろカロリー控えめと言えるの  かも知れま せん。

 ベーグルはオーブンに入れる前にゆでるという工程があります。?!これには私も驚きました。でもこの一手間のお陰で焼成時の膨らみも抑えられ、あの密度が高くもっちりした食感が保たれるようです。思わず『え~っ?茹でるの~?』って聞き返してしまいますね(笑)。

 

では調理実習始まりはじまり~!

 今回はオーブントースターで焼こうと言う作戦です。温度が安定しないので、短時間で焼けるように潤子先生に教えて頂いたベーグルの半分サイズで作ることにしました。材料は以下の通りです。 

201804-02-03.jpg

   ベーグル材料(1/2サイズ8個分)

     強力小麦粉 ・・・・・・・150g
     砂糖 ・・・・・・・・・・・・6g
     塩 ・・・・・・・・・・・・・2g
     水(40℃位)・・・・・・・90ml
     ドライイースト        2g

 

201804-02-04.jpg

1)小麦粉をボウルにあけ、砂糖、塩、ドライイーストを合わせます。泡立て器で全体が均一になるようによく混ぜ合わせます。

 

 

 

2)混ぜ合わせた小麦粉の中央部に拳で窪みを作り、40℃~45程度のお湯(90ml)を静かに入れ、中央のぬるま湯に周囲から粉をかけるようにしながら、全体が一つになるようにすり混ぜてゆきます。水分が少ないように感じるかもしれませんが、よく捏ねて水分を引き出すようにすると次第に一つにまとまってきます。足し水をしないでください。

201804-02-05.jpg

 

3)生地が一つにまとまったら捏ねの作業に入ります。生地を台の上に出し、ぐ~っと伸ばす→半分に畳む→伸ばす→畳むetc. といった感じで繰り返し、全体が均一で滑らかになるまで10~15分程捏ねます。捏ねあがったらりです。スケッパーなどを使って約40gずつ8個に分割します。(生地は全体で約240gあるはずです)

201804-02-06.jpg

 

4)生地の中側のきれいなところを出して丸く形を作り、裏側でつまんで閉じます。(一見肉まんのような形?)とじ目を下にして並べ、濡れ布巾をかけて10分ほど休ませます。

201804-02-07.jpg

 

5)成型作業です。綿棒を使って細長く伸ばします。両サイドは少し厚みを残しておきます。長手方向を軸にして3回折りたたみ、細長い棒状にしてとじ目を指でしっかり押さえます。両端を指で伸ばして少し薄くし、重ね合わせてドーナツ型を作ります。合わせ目は外れないようにしっかり押さえておきます。(ぎゅっと力を入れて押さえる感じです。)

201804-02-08.jpg

 

201804-02-09.jpg

 

8)およそ8cm角程度にカットしたオーブンペーパーの上に乗せ、濡れ布巾をかけて室温で発酵させます。濡れ布巾は電子レンジで40℃程度に暖めたものを使うと発酵がスムーズです。ふっくらと一回り大きくなればOK。今の時期なら30~40分です。その間に鍋にお湯を沸かしておきます。

201804-02-10.jpg

 

9)発酵が終わったら、オーブンペーパーごと沸騰したお湯に入れ、片面30秒ずつ茹でます。ここでオーブンペーパーは外します。生地を茹で始めたらオーブントースターのスイッチを入れ予熱を開始します。生地が茹で上がったら水を切り、暖めたオーブントースターへ。5~7分程度でこんがり焼けたら出来上がり。オーブンの場合は190℃で7~8分です。

201804-02-11.jpg

※オーブントースターは温度が安定しないので、焼成中はしっかり見張りをし、位置を入れ替えるなど適宜世話をしてください。焼き時間は一般的な目安であり、機種により変わってきますのでご注意ください。

 

意外に簡単!焼きたてはサイコー!

201804-02-12.jpg

パンは『捏ねるのが大変!』とまず思いますよね。でも量が少ないと意外に簡単!大変という感じはありませんでした。次は『発酵が面倒!』と思いますね。でも常温発酵ならそんなに手間はかかりません。それも1回だけなら尚更です。最後の難関『オーブン使うのがなんとなく面倒!』と思いますね。これもいつも使っているオーブントースターならお気楽に使えます。茹でるのがちょっと面倒かもしれませんが、保温発酵や二次発酵を考えたら楽勝でした。やっぱり焼き立てのパンは美味しい!思わずニッコリです(笑)。ものぐさの私でも美味しく出来ました。ぜひ一度お試しください。

Writed by Y

 

 

2018年04月14日(土)『自宅で〇〇教室』成功のポイント?

201804-01-01.jpg

新年度が始まりました。新入学、進級、就職、移動など、新たな一歩を踏み出された方も多いかと思います。今年の関東地方は例年よりも季節の歩みが早く、ヤマブキや藤、ハナミズキなど例年なら大型連休頃に見頃を迎える花々が早くも満開。我が家の近所ではツツジも咲き始めていてビックリです。昔から『ヤマブキは春の終わりを告げる花』と言われます。と言うことは、関東地方は既に初夏!。こんなに何もかも前倒しで一体今年はどうなってしまうのでしょう?少し心配ですね。

さて、今回の話題は『自宅でお教室』。雑誌で紹介されている『自宅でお料理教室やってます~』みたいなのって憧れですよね。そんな私達の夢を実現している素敵な方に会ってきました。

 

地元で大人気のベーグル教室

201804-01-02.jpg

先日友人が『ベーグル教室に参加しない?』と誘ってくれました。話しを聞くと、ご自宅でされているお教室とのこと。ムムム!これはあこがれの『自宅でお教室』ですヨ!。『なかなか予約が取れないんだけど、入れてもらえたのよ~!』と友人は上機嫌。『行く行く!』と二つ返事で了解して、間も無く当日を迎えました。

実際に参加してみて『なるほどなぁ、これが人気のヒミツなのね』と納得。私自身、とても楽しいひとときを過ごさせて頂きました。『また行きたいな』と思わせる楽しさがそこにはありました。そこで今日は私が『人気のヒミツ』と感じたポイントをご紹介してみようと思います。いつかは『自宅でお教室』を実現したい方必見ですよ~。

 

おしゃれな空間と家庭的な雰囲気

201804-01-03.jpg

先生のご自宅にお伺いして最初に感じたのは『素敵な(可愛い)お住まいだなぁ』ということ。路地状敷地の路地部分に駐車スペースがあり、エントランスへのアプローチもハーブが植えられてきれいにお手入れされていました。玄関ポーチの横には手作りのボードに『ベーグル&Cafee』のペイント。これから始まる楽しい時間へと期待が膨らみます。

玄関ホールから続くリビングダイニングは、16畳ほどのオープンスペース。その先の対面キッチンまで一つの空間になっていてとても広々と感じられます。インテリアはナチュラルウッドと白い壁で統一され、壁に飾られた装飾フレームがシンプルな配色に彩りを添えています。家具は食器棚とダイニングテーブル、小さなフロアテーブルのみですっきり。少し雑然と置かれた小物の生活感が、どこかのペンションに迷い込んだようなホッとする空間です。

 

友人の家に招かれた様な居心地の良さ

201804-01-04.jpg

ダイニングテーブルにセットされたコネ台(パン生地をこねる台)の状況から考えて1回の定員は4名と推測。少なめの人数も『気の合う仲間と楽しく』というアットホームな雰囲気を維持するのに大切ですね。
当日の参加メンバーは誘ってくれた友人(女性)と私、友人の友人である年配の男性が2名。それぞれ手作りのチーズケーキと野菜スープを持参されていました。私は初対面でしたが、ベーグル作りが始まると、そこは同じ目標を目指す生徒同士、『そっちはどうなった?』と様子を確認したり先生の指導を一緒に聞いたり。ぐに打ち解けることが出来ました。

美味しそうなベーグルが焼き上がったところで、これをベーグルサンドに加工。持ち寄りのスープやケーキ、コーヒーやハーブティーでランチタイムです。まさにホームパーティー状態。『パン作り』というイベント付きのホームパーティーに参加したような感覚でとても楽しい時間でした。

 

人気のヒミツは?

201804-01-05.jpg

人気のカフェ、などに共通するのは、おしゃれで居心地の良い空間。憧れるけど、なかなか自宅では実現出来ていない素敵な空間を体験することが大きな魅力なのでしょう。今回参加させて頂いたベーグル教室も、その点はきっちりクリアしていると感じました。『自宅教室』を考える際、とても大切な要件だと思います。
今回の主催者=潤子先生は、ご主人と中学生・高校生のお子様の四人家族。ご主人やお子様方の居ない平日日中の時間帯でベーグル教室をされています。ふとこの素敵な『家』で過ごす家族4人の暮らしをイメージしてしまいました。もう雑誌に出てくる『素敵な家族』のイメージそのものですsign01(笑)。憧れちゃいますねheart04

もう一つ感じたポイントは、『お茶会』の重要性。学ぶことの興味深さももちろん大切ですが、その後のメンバー同士の交流も楽しみの一つ。今回は『自分で作ったベーグルでランチ』でしたから楽しさも倍増です。楽しい=人の集まる『自宅教室』には、ベースとして『素敵な空間とメンバーの交流』が重要な役割を果たしていると実感しました。もちろん今回の『ベーグル作り』と言う学びの内容もとても魅力的。美味しそうなツヤツヤのパンが焼き上がると誰もが笑顔になりますね。

 

素敵な暮らしのお裾分け

201804-01-06.jpg

潤子先生曰く、現在のお住まいを10年ほど前に新築され、その後お教室を始められたとのこと。好きなことをお仕事に、そして自宅なので通勤の時間ロスも無し。子供達が帰ってきても家に居られるので安心。『もう少し外に出てみようかなぁと思うこともるけれど、今のこの暮らしを中心にしたペースを崩したくないとも思うし・・・。』と潤子先生。多少迷いもあるみたいですね。しかし最後に『私、幸せなんです~!heartと極めつけの一言。そりゃぁそうですよ!皆さんあこがれの『自宅でベーグル教室』ですものwink

ジーエルホームのモデルハウスみたいな自宅だったら、私だって『自宅教室』やりたいですよ~!って何を教えましょうか???(笑/汗)。次回は当日教えて頂いたベーグルの作り方をご紹介します。

Writed by S

 

 

GLホームへのお問い合わせ

住所
〒136-0071
東京都江東区亀戸1丁目5番7号 錦糸町プライムタワー
TEL
0120-7109-24(なっとくツーバイフォー)(フリーダイヤル)