耐震

ハイパーモノコック工法

「2×4から2×6へ、未来基準をクリア」する構造体。

2×6工法は、「高気密・超高断熱」で家全体をすき間なく断熱!

2×6工法

耐震/制震スタイルに秘めた強さという「美しい品質」。
モノコック構造の家

造りが強い(モノコック構造)

日本におけるツーバイシックス工法の正式名称は「木造枠組壁構法」といい、床1面、壁4面、天井1面の6面体が箱状の形になって建物を支えています。これを「モノコック構造」と呼び、地震の力や揺れをバランスよく分散することで、高い耐震性を得ることができます。

モノコック構造

力を面で支えるモノコック構造の床は、限られた支点で支る床構造に比べて水平にかかる力に強く、ゆがみにくいので、地震などの外力による建物のゆがみを避けることができる、強い構造と言えます。

基礎が強い(ベタ基礎)

基礎は建物を支えるという大きな役割を担います。GLホームでは鉄筋コンクリートの「ベタ基礎」を採用しています。部分欠損のない連続した一体化基礎は、建物の荷重や揺れを無理なく地盤に伝達させます。さらに壁と土台を基礎に、アンカーボルトで固定することで、耐久性の高い構造を実現しています。

基礎

床が強い(モノコック構造)

構造耐力上主要な役割をなす床は、日本の伝統木造の火打などと異なり、構造用合板と根太材の組み合わせによって効果を発揮します。強い剛性を持つ強固な床面は、加わる外力を各所に分散させて、ねじれを防ぎ建物の変形や倒壊を妨げます。

モノコック構造

屋根面が強い(トラス構造)

屋根面には構造的に強度の高い「トラス」を採用しています。屋根の荷重を外周部の壁で支えることで、内部の壁も減らすことができ、大空間も実現できます。

トラス構造

壁が強い

GL2×6の壁に使われている耐力面材は、数々の実験で業界トップクラスの結果を残し、その性能を証明しています。地震による外力を壁倍率5倍(耐力面材4倍+石膏ボード1倍)の壁面全体で受け止め分散するので、地震に強い家になります。

スーパーモイスチャーパネル

「省エネ性アップ」で家計を助ける!

高気密・超高断熱の家は冷暖房費も抑えられます。

だからGLホームの家は強いのです。

※記載内容は、住宅性能表示制度における最高等級の評価基準を満たすよう設計評価したものです。同制度に基づき設計段階で評価したもので、完成後や経年変化を考慮したものではありません。
地域・プランにより最高等級の評価基準を満たさない場合があります。住宅性能表示制度による住宅性能評価書の交付を受ける場合は、登録住宅性能評価機関の評価を受ける必要があります。(申請・評価には別途費用がかかります。)

制震

地震に高い効果を発揮する「制震システム」

過去の地震発生状況

繰り返される地震にも強い「ハイパーモノコック構法」

GLホームの制震システム「GTSウォール」

いつ襲ってくるかもしれない大地震に備え、大切な家族と資産を守り抜くための住まいの地震対策は住宅には欠かせない必須課題となりました。GLホームではもともと優れているツーバイフォー工法の耐震性に加え、大きな揺れや建物の変位を抑える制震システム「GTSウォール」を開発しました。

GLホームの制震システム「GTSウォール」は建物の変形量を半減させ、繰り返しの地震に強い

阪神・淡路大震災クラスの揺れを繰り返す(4回)実験では、一般住宅※1では度重なる揺れを受けることで、建物の変形量が大きくなりますが「GTSウォール」を採用した住宅は、建物の変形量を最小限に抑え強度を保つことができました。

GLホームの耐震保証制度""

だからGLホームの家は地震に強いのです。

※1:一般住宅とは耐震等級1相当の住宅です。※2:地域やプラン・敷地条件、地震の規模や揺れの方位等によっては建物の変形量の低減率が異なります。

商品紹介(ウッズヒル)のトップページ

ウェブサイトでは紹介しきれないウッズヒルの魅力が満載のカタログ
資料請求・お問い合わせ
家づくりのご相談は、お近くのGLホームまでお気軽にお越しください。
お近くのGLホーム