【東北地方】福島県GLホームいわき店

実例紹介

絶景を楽しみながらキッチンに立てる家

町の景色を見下ろす高台に建つこの建物は、海からの風をいかし、夏にエアコンをかけなくても住めるような家を目指しました。

窓を開けて風を通し続けるためにも、軒の出をしっかり確保する事で、小雨程度なら室内に入り込まないように作ってあります。

 

090725_ot2.jpg

建物を建てる土地からお客様のご要望に応じてお探しした土地です。

建物の周囲には遊歩道があり、そこに咲いているハーブが花をつける季節は窓を開けた室内にまで、木々の匂いが入り込みます。

 

090725_ot6.jpg

設計者も、お施主様も一番のお気に入りポイントです。

キッチンに立つ奥様が、目を向ける窓の先にはいわきでも名高い湯の岳という山が見えます。

南側から北側を見る景色は、太陽に照らされた山肌や、明かりが漏れる建物が一番きれいに見える方角です。

 

090725_ot9.jpg

 この夕焼けに照らされた街並みと湯の岳が最高の酒の肴です。

 

 090725_ot5.jpg

 夏を涼しくすごすためのもう一つの工夫。
空気は温まると、密度が薄くなって上へ上がります。


天井を高くすることで、居室を涼しくし、その温まった空気は温度センサー付の天窓で外部へ放出する仕組みです。

 

090725_ot4.jpg

寝室の床にはウレタンマットを敷きこみ、その上から健康カーペットを敷きこみ、素足での踏み心地にこだわりました。

当然スリッパなどは要らず、冬もひんやりする事は一切ありません。