理想のお家&お客様の声

Contemporary Style
コンテンポラリースタイル

玄関の左右の柱にバルコニーのリブ柱とスリットの縦のラインが総タイル張りの外観と相まってどっしりとした重厚感を感じさせながら、明るい色調の細いタイルを選ぶことで重い感じはなく、逆に水平ラインがアクセントとなって軽やかささえ感じさせます。夕暮れ時には、部屋から漏れる光が暖かさをも醸し出します。

アプローチは、エントランスにダイレクトにつなげるのではなく、L字型にレイアウトすることで奥行きを感じさせます。バラなどのお気に入りの花や木を植え、季節ごとの美しい変化を楽しんでいます。

美しく輝く大判のタイルを床に採用し、ラグやアイアン、ステンドグラスを差し色に使うことで、大人のエレガントさを演出したエントランスホール。扉や壁のステンドグラスは、以前から親交のあった作家に頼み、オリジナルで製作しました。

ホワイトを基調とした伸びやかなリビング・ダイニング。グランドピアノを置いてもゆとりある広さです。ホワイトのソファが映え、そして空間に落ち着きが生まれるようにと、壁は薄いグレーを採用しています。折り上げ天井や緩やかなアーチが、空間をより上質に引き立てています。

手持ちの愛着あるダイニングテーブルやキャビネットは、クラシカルな逸品。エレガンスモダンな空間になじませるために、ファブリックの柄や色合い、照明を吟味し、コーディネートしました。

ゲストを招く機会が多いお施主様が、会話をしながらでも家事ができるようにとこだわった、オープンタイプのキッチン。ハイカウンターを造作し、作業する手元は隠れるようにデザインされています。ダイナワン社のモザイクタイルをあしらい、空間に彩りを演出しています。

ミッドテリアのFIX窓が、エントランスの吹き抜けにたっぷりの自然光を届けてくれます。サイレントグリス社のカーテンレールを採用し、カーテンがS字型の美しいドレープラインを描くようにこだわりました。

プライバシーに配慮しながらも、空も存分に楽しめる開放的な2階のミッドテリア。ゆっくりと読書に耽る場所として、ゲストを招いてBBQを楽しむ場所として。オーニングも。BBQコンロが洗える大型のシンクも備えています。

夜はムードあふれる空間に。月や星を眺めながらグラスを傾ける至福のひと時が、心に贅沢な安らぎを与えてくれます。

主寝室は、光の当たり具合によって、壁のぶどう色が鮮やかに感じられたり、落ち着きが生まれたり。絵画の位置も、コーディネーターに最適な位置をアドバイスしてもらいました。

ベージュやグリーン、ぶどう色など、カラーを存分に楽しみながらシックに仕上げた主寝室。アメリカから持ち帰ったベッドや調度品のサイズを計算し、両脇に窓を配置するなどの空間設計を施しています。

1階にあるゲストルーム。気兼ねなく過ごせるようにとリビングの反対の東側にレイアウトしました。ソファをベースに、正面、左の壁にもグリーンを用い、色調を変えることで落ち着きと華やかさを生み出しています。

シンプルかつエレガントなパウダールーム。スペースの奥を吹き抜けにすることで、自然光豊かな清々しい空間を実現しました。高級ホテルのようなデザインが毎日の暮らしをワンランクアップさせてくれます。

イギリスから輸入された壁紙に彩られた1階のトイレ。ゲストが身支度できるように広めの洗面台と鏡を用意しています。