本部スタッフブログ

GLホームの本部スタッフが綴るブログ

2014年04月22日(火)在来工法とはここが違う!ツーバイフォーの作り方(1)

201404-02-05.jpg4月も下旬。東京地方ではツツジやハナミズキ、チューリップなどが咲き競い目を楽しませてくれています。木々の新緑も眩しいばかり。いのち溢れるすてきな季節を迎えています。大型連休ももうすぐですね。

さて、今日は実際にはあまり見る機会の無いツーバイフォー住宅を建ててゆく過程をご紹介しましょう。名付けて「ツーバイフォーの作り方」です。昨今は安全面とプライバシー両方への配慮から、現場は直ぐにシートで覆われて外から見えなくなってしまいますね。ですから『ツーバイフォーは壁を立てて作る』と頭では解っていても、実際にどんな風にして作ってゆくのかを一般の方が目にされる機会は少ないと思います。今日は現在建築中のジーエルホームいわき展示場の現場写真を使って、その一部をご紹介して参ります。

 

ツーバイフォー 工法との違いが解りにくくなった最近の在来工法

201404-02-06.jpg平成7年1月に発生した阪神大震災。早いものであれから来年で20年になります。この時、古い在来工法の木造家屋に被害がたくさん発生し、その後建築基準法の耐震基準が見直されることになりました。これを機に、在来工法もより高い耐震性能を求めて工夫が重ねられ、柱と梁の接合部を金物で剛接合にしたり、筋違いだけでなく、壁面にボードを貼る(従来は貫板と言ってスノコ状に板を張っていました)ことで面としての剛性を担保する・・・といったことが一般的に行われるようになってきました。一部ではこれら進化した在来工法を『新在来』などと呼んでいるようです。

こうなると、スタッド(間柱)をボードで挟んだパネルを作り、これを構造体として家を組立ててゆくツーバイフォー工法と、一見しての違いはわかりにくくなってきました。そもそも在来工法は柱と梁=軸組で建物を支える工法。壁は筋交いを入れて軸組の剛性を補助する役割で、筋交いを入れた壁そのものが建物を支えると言う考え方ではありません。一方ツーバイフォー工法は、壁、床、天井などの面剛性で建物を支える構造。もちろん壁パネルの中にはスタッドと呼ばれる間柱が入っていますが、柱そのもので建物を支えるという考え方はありません。しかし壁には石膏ボードを貼ことが一般化した現在、建築現場をチョロッと覗いてみると、在来工法もツーバイフォー工法も間柱があって、ボードがあって、そっくりに見えてしまいます。

しかし実際に建ててゆく過程を見ればその違いは一目瞭然。建物を支える構造の考え方が異なりますから、建てる手順も異なるのです。さぁ、その辺りの違いもご説明しながら、お話を進めて参りましょう。

  

ではさっそく『ツーバイフォーの作り方』 写真でご紹介しましょう。

まずは基礎の配筋作業から~

201404-02-01.jpg

左の写真:基礎の立ち上げ部分=上に建物を支える耐力壁が来る部分=の鉄筋を組んでいるところです。地面を掘って砂利を入れ、外周部の型枠を作って捨てコンクリートを打ち、その上に防湿シートを敷き、ようやく基礎の配筋作業に入ります。

右の写真:配筋検査をしているところ。鉄筋を繋いでいるところの重ね部分の長さがきちんと取れているか、計っています。鉄筋はコンクリートを打設してしまうと外からは見えなくなってしまいますので、こうしてコンクリート打設前に間違いがないかしっかりチェックをします。

 

201404-02-02.jpg

左の写真:鉄筋の交差部。ズレないようにこうして一つ一つ結束しているのです。クローズアップして撮影していますが、家全体になると一体いくつ結ぶのでしょう!鉄筋屋さんの作業って、結構細かくて繊細なんです。

右の写真:配筋が終了した全体の写真。 これだけの広さ一面に設置された鉄筋が全て手作業で結束されていると思うと、やはり頭が下がりますね。私たちの住まいは、こうした職人さん達の手作業の積み重ねて出来てゆくのです。

 

次は基礎のコンクリート打設 

201404-02-03.jpg

左の写真:コンクリートを流し込んでいるところです。左の人が持っている黒いパイプはポンプ車から繋がっていて、生コンクリートが送られてきます。これ、けっこ重くて重労働なんです。右側の人は、流し込んだコンクリートが気泡を作ったりせず、きちんと充填されるようにかき混ぜる担当です。

右の写真:木で作った巨大なヘラ?登場。グラウンド均しにもこんな道具がありましたっけ・・・。そうですここでもやはりコンクリートの表面を均すのに使います。しかしグラウンドと違って足元はズブズブの生コンクリート。チカラが入り過ぎれば高低が出来てしまうし、楽な作業ではありません。

 

201404-02-04.jpg

左の写真:今度はこんな長柄の道具です。型枠の外に出て、最後の部分を均します。

右の写真:細かいところはこうしてコテでで整えて・・・。私たちが見るコンクリートの表面が平らに整っているのは、こうした職人さん達の細かい作業の賜です。決して打設しただけできれいに平らになるわけではありません。でもこんな工程はご存知ない方の方が多いですよね。

 

09.jpgコンクリート底板の打設完了。柵のようにコンクリート面から覗いている鉄筋は、基礎の立ち上がり部分の鉄筋。この上には建物の構造を支える耐力壁が来ます。底板部分のコンクリートが固まったら、その上に再び型枠を組んで打ち継いてゆきます。

・・・とここまでは正直なところ在来工法もツーバイフォー工法も作り方に大きな違いは有りません。しかし建て方が始まると、はっきりとした違いが見えてきます。

今日一日の作業が終わって静かになった現場。打ったばかりのコンクリートが固まってゆく大切な時間です。陽も傾き、職人さん達も片付けを終えて家路についたようです。私も今日はこの辺で筆を置く?(キーボードを離れる?)ことにしましょう。次回は土台敷込みから1階の床へと工事が進んでゆきます。お楽しみに!

 

sunGLホームいわき店は5月17日にグランドオープンの予定です。みなさん遊びに来てくださいねsun

Writed by S

GLホームへのお問い合わせ

住所
〒136-0071
東京都江東区亀戸1丁目5番7号 錦糸町プライムタワー
TEL
0120-7109-24(なっとくツーバイフォー)(フリーダイヤル)

管理人

GLホーム本部スタッフブログへようこそ。

カレンダー

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

最近の記事

月別バックナンバー