本部スタッフブログ

GLホームの本部スタッフが綴るブログ

2015年06月21日(日)エコポイント 名前を変えて実施中!

2015-06-02-01.jpg

6月も下旬を迎え、日本列島は梅雨の真っ最中ですね。今年は早い時期から西日本で集中豪雨に見舞われ、逆に東北地方は雨量の少ない状態が続いているようです。偏西風やちょっとした大気の変化で地上は『異常気象』。大自然を前にして、人の営みのなんと非力なことかと改めて実感します。局地的なゲリラ豪雨や記録的な大雨、竜巻などが頻発する昨今。想定外のことが起きる可能性も十分考慮して、早めの避難、万が一への備えと対応を怠らないようにしたいものですね。

避難したり、準備したりして何も起こらないと『な~んだ大したことないじゃない!損しちゃった!』と思いがち(私自身も御多分に漏れず)ですが、そこは『良い防災訓練をしたな』と大人の解釈をしましょう。消防隊員の友人曰く、『訓練でできていないことは、現場ではなおさらできない』のだそうです。
体験して身体で覚えてこそ、非常時に役に立つ。これからの季節、心に留めておきたい言葉です。

さて今日の話題はエコポイント。最近巷ではあまり話題になっていないようですが、実はちょっぴり名前を変えてしっかり実施中。せっかくもらえるボーナスですから、活用しない手はありませんね。

 

省エネ住宅ポイント

これが現在実施されているポイント制度の正式名称。以前は『エコポイント』と呼ばれていましたので、そちらの方が耳馴染みが良いような気がしますね。今年のお正月に正式決定された制度で、平成26年12月27日~平成28年3月31日までに着工、平成27年2月3日以降に完了された工事が対象です。『締め切りはまだ先のことだから慌てなくても大丈夫!』と思われましたか? しかしよ~く見ると、エコポイントの発行申請については、『予算がなくなったらそこで打ち切り!』加えて小さな文字で遅くとも平成27年11月30日までには締め切りますと書いてあるのです。現在もう6月下旬ですから、締め切りまで最長でも5ヶ月ちょっと。『先の話』と悠長に構えているほどの時間はなさそうです。

2015-06-02-02R.jpg

 

どんな工事でポイントがもらえる?

その名の通りポイントの対象となるのは、一定の省エネ基準を満たした住宅の建設や完成済新築住宅の取得、既存住宅の省エネリフォーム、加えてバリアフリー化及び耐震改修にもポイントが付与されます。

2015-06-02-03.jpg

左の表は国土交通省発行の省エネ住宅ポイントに関するリーフレットからの引用です。赤い文字は前回の『住宅エコポイント』からの変更点。制度としては若干ですが対象となる住宅・工事の範囲が拡充されています。

住宅の新築をご検討の方の場合、設計者や施工業者さんもこの制度についてはよくご存じですから、気づかずにスルーしてしまうなどということは、まず無いでしょう。しかしリフォームとなると少々事情が異なります。今すぐどうにかしなければならない雨漏り、水漏れ、設備機器の故障などはともかくとして、改良リフォーム工事の場合、やらなくても明日困るわけではありませんから、ついつい決断を先送りしてしまいがちです。でも今決断すれば、省エネ住宅ポイントがもらえてお得にリフォームすることが可能。更に住まいは確実に快適に、省エネになるとしたら『やるなら今でしょう!』ですね。

 

リフォームでもらえるポイントは?

省エネ住宅ポイント制度で付与されるポイント数は以下の表の通りです。

2015-06-02-04.jpg

そしてゲットしたポイントは、以下のものに交換可能です。

club省エネ・環境配慮に優れた商品(エコ商品、エコ商品券等)
fuji地域振興に資するもの(地域商品券、地域商品、復興支援商品)
present全国で使える商品券・プリペイドカード(商品の提携事業者が環境寄附を行うなど、環境配慮型のもの)

ちょっと制限付なイメージで『どこまで使えるの?』と思ってしまいますが、三番目の『商品券、プリペイドカード』には旅行代理店のギフトカードや、全国に展開する大手量販店グループの商品券などが含まれますので、かなり自由に使えそうです。(詳しくはこちらでご確認ください)

 

こんなリフォームで上手に活用

2015-06-02-06.jpg

Exp.(1)『そろそろおばあちゃん、階段に手すりをつけてあげないと心もとないなぁ』このケースでは、省エネ住宅ポイントはもらえません。でもついでにお部屋の窓に内窓を取り付ける省エネ工事をすれば、内窓設置で一か所当たり8,000~20,000ポイント(窓のサイズによる)+手すり取り付けで6,000ポイントもらえます。壁は10センチも厚みがあるのに、窓はガラス一枚。ここからの熱損失は実はかなり大きいのです。内窓をつけるだけ、ぐっと断熱効果が高まり、防音効果も相まってお部屋の環境はグレードアップ。ボーナース付のこの機会に検討してみる価値アリです。(リクシルの内窓はこちら)

 

Exp.(2)『最近地震多いしなぁ、ウチも耐震改修やるかなぁ、でも費用かかるしなぁ』とAさん。耐震改修単独では、省エネ住宅ポイントはもらえません。それならばと水が溜まるのに時間がかかるトイレの便器を節水タイプに交換することにしました(リクシルのトイレはこちら)が、それでもポイントはもらえません。ここがポイント!住宅設備のエコ改修では『太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓』の中から3箇所以上設置しないとポイントの対象になりません。でも窓の断熱改修または屋根、壁、天井または床の断熱改修を伴えば設備は一か所でもOKです。

2015-06-02-07.jpg

そこでAさんは冬場の結露が気になっていたリビングの掃き出し窓と腰窓に内窓をつける改修工事、そしてトイレを節水型の便器に交換、ずっと気にしていた耐震改修を決行することにしました。これでももらえるポイントは、窓(大)20,000ポイント+窓(中)14,000ポイント+便器交換24,000ポンと+耐震改修150,000ポイントで合計208,000ポイントゲットすることが可能になりました。20万円というと、大卒者の初任給1ヶ月分相当ですから、これは嬉しいですね。さらにリビングは冬暖かく夏涼しく、静かな環境に、トイレも快適、耐震改修で安心! 工事が入るからと家の中の不用品を整理したので、ごちゃごちゃしていた室内が片づいてスッキリ! 良いことづくめです。

 

貴方のお住まいでも・・・

さぁ、善は急げです。せっかくボーナスがもらえるこの機会に、迷っていたリフォーム、耐震改修、思い切って決行しませんか? 毎日の暮らしを支える住まいが快適になること請け合いです。ジーエルホームの各営業店でも、リフォーム工事のご相談を承っております。まずは相談。やるやらないはそれから決めても遅くありません。今度の週末、ぜひご来店ください。スタッフ一同お待ちしていま~す!
省エネ住宅ポイント制度の詳細については、省エネ住宅ポイント事務局のWebサイトをご参照ください。

Writed by S

GLホームへのお問い合わせ

住所
〒136-0071
東京都江東区亀戸1丁目5番7号 錦糸町プライムタワー
TEL
0120-7109-24(なっとくツーバイフォー)(フリーダイヤル)

管理人

GLホーム本部スタッフブログへようこそ。

カレンダー

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

最近の記事

月別バックナンバー