本部スタッフブログ

GLホームの本部スタッフが綴るブログ

2016年05月08日(日)バターも卵も使わない美味しいビスケット!

201605-01-01.jpg

    大型連休も終わり、いつもの慌ただしい時間が戻ってきましたね。関東地方では、華やかな春の花々が一段落。新緑の美しい季節を迎えています。これから梅雨入まで、一年中で一番過ごしやすいと言われる季節です。公園へお散歩に行ったりピクニックに出かけたり、屋外で身体を動かすのにも気持ちの良い季節。爽やかな5月の風を楽しみたいですね。

 

 

 

201605-01-10.jpg

   さて、今日は身体に優しくて美味しいビスケットのご紹介です。ハイ!連休中に作ってみましたhappy01。バターも卵も使わない・・・ということは、小麦粉とお砂糖と水とオイルで作ります。『本当に出来るのかしら?』と不安に思いながら、オーブントースターで焼き上げたところ・・・オイシイ!laugh全く予想外の美味しさでした。これならコレステロールが心配な年配の方や玉子アレルギー、乳製品アレルギーのお子様も安心です。ではさっそく作り方をご紹介しましょう。

 

 

ちょこっと混ぜてオーブントースターでチン!

    生地を寝かせたりする必要もないので、材料を混ぜて練って形を整えればすぐに焼き上げ開始!オーブントースターに入れて5~7分で完成です。このお手軽さがまた嬉しいですね。では材料からご紹介しましょう。

201605-01-02.jpg

黒砂糖を使うのは、コクや旨味をプラスして美味しく作るため。無ければ普通のお砂糖でも作れますが、スッキリ単純なお味になります。また、今回使用したミューズリーはレーズンの入ったもの。そのレーズンがまた美味しさを引き立ててくれました。

    シナモンパウダーは無くてもOK.。私はシナモンが大好きなので少し多めに入れました。すると黒砂糖の色と相まってブラウンカラーのビスケットに・・・。仕上がりは見た目も素朴な感じで私としては大成功!でしたが、入れ過ぎ注意です(笑)。

 

調理実習始まり!始まり~!

201605-03.jpg

1)黒砂糖に水を加えて電子レンジで30~60秒温めます。取り出して良くかき混ぜ黒砂糖を完全に溶かします。温度が低く、うまく解けない場合は、更に30~60秒電子レンジで温めます。(出力・機種により時間は異なりますので様子を見ながら行ってください)

完全に解けたらそのまま冷まします。

 

 

201605-01-04.jpg

2)ミューズリー(ドライフルーツなど)を包丁で刻みます。粒の大きさはお好みで良いのですが、大きいほど生地をまとめる時に扱いにくくなりますので、5mm程度以下が作りやすいようです。

 

 

 

3)ボウルに小麦粉を入れ、泡立て器でよくかき混ぜておきます(ふるいに掛ける代わりです)。次に刻んだミューズリーを加え、続けてオリーブオイル、溶かして冷ました黒砂糖液を加えてゆきます。黒砂糖液は冷たくなくても人肌程度になっていればOKです。

201605-01-05.jpg

 

4)箸などを使いよく混ぜます。ボソボソにまとまって白い粉が少なくなって来たら、シナモンパウダーを振り入れ更に混ぜてゆきます。

201605-01-06.jpg

 

201605-01-07.jpg

5)ボソボソになった生地を手で良く練り、一つにまとめてゆきます。水分が少ないので、小麦粉の中のグルテンが働きにくく伸びの良い生地にはなりません。全体が均一になるよう、少し力を入れてしっかり練り上げ一つの塊にまとめます。

 

 

 

 

6)生地がまとまったら、台の上に置き、麺棒で厚さ5mm程度の薄さに伸ばします。手粉は無くても作業可能ですが、一気に力を入れるとボソッと割れてしまうので、向きを変えながら少しずつ伸ばしてゆくようにします。
伸ばし終わったら、3.5cm程度の正方形にカットします。断ち落とした生地は再びまとめて成形し、無駄なく使い切るようにします。(最後は小さな丸型でOK)

201605-01-07e.jpg

 

201605-01-08.jpg

7)1分ほど予熱したオーブントースターに入れ、5~7分ほど焼きます。オーブンの場合は180℃に予熱して10~15分です。機種や出力により焼き時間は異なってきますので様子を見ながら焼き上げてください。特にオーブントースターの場合は温度が不均一で焦げやすいですから、焼成中は見張っていることをお勧めします。焦げやすい場合は、アルミフォイルを被せる、オーブントースターのトレーを使うなどすると改善します。

 

8)少しふっくらとして、焼き色がついたら出来上がり!そのまま冷まして完成です。ちょっと固めのハードビスケットですが、一度食べると止まらなくなる美味しさです。

 

素朴なお菓子がリバイバル?

201605-01-09L.jpg

    私がまだ小さかったころ、母は天婦羅の衣が余ると、粉と砂糖と膨らし粉少々を加えて落とし揚げを作ってくれました。和製ドーナッツです。それが食べたくて、よく母に天婦羅をせがんだものです。あれからウン十年。お菓子の世界もいつしかスイーツと名前を変え、ずいぶんデリシャスに豊かになりましたね。そして昨今、再びバターやタマゴ、乳製品を使わないこうした素朴なお菓子が注目されるとは・・・。身体に優しい素朴なおやつ。是非お試しください。ホントやめられなくなる美味しさです。

Writed by Y 

GLホームへのお問い合わせ

住所
〒136-0071
東京都江東区亀戸1丁目5番7号 錦糸町プライムタワー
TEL
0120-7109-24(なっとくツーバイフォー)(フリーダイヤル)

管理人

GLホーム本部スタッフブログへようこそ。

カレンダー

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

最近の記事

月別バックナンバー