本部スタッフブログ

GLホームの本部スタッフが綴るブログ

2017年05月21日(日)玄関ドアの塗装に挑戦!その1

201705-02-01.jpg

 5月も後半、関東地方では可愛かった木々の新芽もいつしか立派な若葉に成長。こんもりと繁ってなんだか風景が変わりましたね。緑道沿いの細い道は、灌木が茂って道幅が狭くなったように感じます。エゴの木の白い花から甘い香りが漂って来ると、季節は初夏へとバトンタッチです。

 さて、蛇口の水漏れ直しに成功したオバチャン部隊は、調子に乗って次の課題を木製玄関ドアの塗装に定めました。これはちょいと大仕事ですね。私もものすごく不安だったのですが、この作業、梅雨入り前にやっておかなければならない事情がありました。ではそのあたりからレポートしましょう。

 

雨の当たる部分は塗膜の劣化が早いようで・・・

201705-02-02.jpg

 M子さんの家の玄関はお洒落な木製框(かまち)ドアです。室内側は木目の見えるニス仕上げなのですが、室外側はなぜかペンキ塗り。ポーチの屋根が高く、ドアの下半分は風向きにより雨が当たってしまう構造です。そのためか屋外側、特に下半分は所々ペンキが剥げたり浮いたりしていて、下地の木面が見えているところもある状態です。右側手前のポーチ柱も塗装が剥げて来ていますね。

 M子さんとしては、ペンキの剥がれた部分から雨水が入りこみ、ドア本体を構成する木部に痛みが広がってしまうことをとても心配していました。『雨の季節が来る前に玄関ドアを何とかしなくちゃ!』というのが彼女の懸案事項だったのです。

 ところでこの玄関ドア、室内側ニス、室外側ペンキとは面白い仕上げだなぁ?と思っていたら、実は今は亡きM子さんのお父様がその昔、DIYで室外側だけペンキを塗られたそうです。確かに木目の見えるニス仕上げでは、雨が当たる場所は厳しいですね。室内側を見る限り工場塗装品のようにお見受けしましたが、それでも良くもって10年と言ったところでしょうね。それである日、M子さんが仕事から帰ってきたら、ドアの色が変わっていたそうです(笑)。とても上手に塗れていますよね。diamond

 

湿度の高い日、雨天の日、塗装工事は避けるべし

201705-02-03.jpg

 『塗装屋殺すにゃ刃物はいらねぇ、雨の三日も降ればイイのさ~♪』なんて職人さんが口ずさんでいるのを現場で聞いたことがあります。『外壁塗装など屋外の塗装工事は雨が降ると出来ないので、雨天が続くと仕事にならず喰い上がってしまう・・・』くらいの意味だと思っていました。しかしDIYの本を読んでみると、屋外ではなくても、やはり雨の日、湿度の高い日の塗装は避けた方が良いと書いてありました。単純に乾き難いことが理由のようです。オイルステインなどのように下地に含侵させる塗料ならまだしも、耐水性の塗膜を作るような塗料は塗ったら早く乾いてくれないと、虫が飛んできて張り付いたり、小さなゴミやホコリが付いたり、人が触れてしまったり、ドアが閉められなくなってしまう可能性もありますね。塗装は空気の乾いた日に手早くするのが良いようです。知らなかった・・・coldsweats02。という訳でとにかく5月中に敢行しようということになりました。

 

塗装ってどうやってやるんだ~?

201705-02-04.jpg

 『ペンキ買ってきて塗ればいいんじゃないの?』 とM子さん。ハイ!私たちはこのレベルですindecision(爆笑)。まずDIYの本を開いて塗装の基本をしらべます。さすがに今どき玄関ドアの塗装は出ていません。古い木製椅子(既塗装製品)の塗り替え作業が出ていたので、これを参考にすることにしました。

 ポイントは、(1)以前の塗装を紙ヤスリなどで落として下地を整えること。(2)綺麗な仕上がりを望むなら、シーラー(下地剤)を塗ってから本塗装をすること。(3)マスキングをきちんとすること。(4)塗料の種類を選ぶこと。(5)雨天や湿度の高い日は避けること。以上でした。

 

以前の塗装を落とすと言ってもねぇ・・・。

201705-02-05.jpg

 玄関ドア片面のみと言っても、高さ2m以上ある大きなドア。加えて元々の製品塗装の上にM子さんのお父様がDIYで塗ったペンキの塗膜がありますから、かなり強固な塗膜であることが予測されます。しかも塗膜が全部剥がれて下地の木が見えている部分もある。加えて框(かまち)ドアなので、凹凸がたくさんある・・・。コレ全部落とすと言っても紙やすりで本当に出来るの?

『落とすだけで一日掛かっちゃうんじゃない?』
『いや、一日掛かっても出来ないかも!』
『う~ん、困ったね。』


実際にやってみないとどんな感じで落とせるのか解りませんが、玄関ドアでは『試しにちょっと削ってみよう』という訳にもゆきません。
『そういえばサンダーという工具をうちのダンナが持っていたかも!』
と気づきました。紙ヤスリを取り付けてガーッと振動させる電動ヤスリみたいなものです。以前日曜大工で棚を作る時に彼が使っていたのを思い出しました。『電動のヤスリがあれば出来るかもね!(^^)!』という訳で一安心です。

 

決行日を決めて今日は散会!

201705-02-06.jpg

万が一当日中に終われなかった場合を考えて、決行日は二日連続してお休みを取れるところで決めました。二日目は『予備日』というアレですね(笑)。用具類は私が準備することにして、塗料だけは色の好みもあるので当日M子さんと一緒に買いに行くことにしました。いやはやこれはまたホームセンターに通って勉強しなければ・・・(汗汗)。それでは失礼してティータイム!cake

次回もお楽しみに!

Writed by S

GLホームへのお問い合わせ

住所
〒136-0071
東京都江東区亀戸1丁目5番7号 錦糸町プライムタワー
TEL
0120-7109-24(なっとくツーバイフォー)(フリーダイヤル)

管理人

GLホーム本部スタッフブログへようこそ。

カレンダー

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

最近の記事

月別バックナンバー