【東北地方】福島県GLホームいわき店

実例紹介

ウッズヒル・アーリーアメリカンスタイル(いわき店モデルハウス)

   GLホームのご提案するアーリーアメリカンスタイルとは、家族を愛し、我が家を大切に守り、家で過ごす時間を豊かに楽しむアメリカンファミリーのスタイルを継承しながら、かつて日本建築のスタンダードであった、縁側や軒先など、自然とふれあう暮らし方を大切にした住まいのあり方です。四季が豊かな日本の暮らしを末永く快適に楽しむための品質を備えた住まいです。

 

正面.jpg
  ラップサイディングのどこか懐かしさを感じさせる外壁に、3つの切妻屋根とポーチ部分が特徴的な外観です・
   切妻屋根の内部はアティックと呼ばれる屋根裏部屋で、そこでの家族との暮らし、ポーチで過ごす家族とのひとときは家族の愛を育み、絆を深めます。

   前面に余裕をもたせたアプローチに植えたシンボルツリーが育つほど、アメリカの郊外住宅のような雰囲気を演出していくのが、今からとても楽しみです。

 

①いわき店モデル_外観写真_500.jpg

 青空をバックに浮かぶ姿はアメリカの住宅そのもの。ポーチからは家族と過ごす楽しそうな声が聞こえてきそうです。

 

 妻飾り.jpg
 妻壁部分の2種類の装飾と窓の上下左右に取り付けた飾り(モール)。アメリカン住宅の雰囲気を十分に演出しています。特に、写真に写っている窓には、さらに左右に飾りのルーバー(雨戸)も取り付けてより一層、雰囲気を醸し出しています。

 

ミッドテリア1.jpg
 ソファやロッキングチェアが似合うミッドテリア(ポーチ)は、家族が四季を楽しみながら深いくつろぎを得られるスペースです。天気のいい日に朝食や午後のティータイムを楽しんだり、仲間を集めてバーベキューをしたり。やさしい雨をゆっくり眺めたり。家族が思い思いの時間を過ごす憩いの場です。

 

リビング1.jpg
 窓まわりの飾り(モール)から壁と天井の取り合い部分の周り縁、壁と床の取り合い部分の巾木、天井の装飾、壁の腰板の装飾と、本場の物を持ってきて設えています。そこに本場の家具を入れたリビングルーム。本物に囲まれて過ごす至福のひとときが何物にも代えがたい充足感を与えてくれます。

 

リビング2.jpg
 寒い日の夜、電気式暖炉の暖かな温風にあたりながら、ソファに座って、ゆったりと読書を楽しむ。また、家事をする奥様と今日一日のできごとを語りあう。そんな憧れの時間を楽しめるのもアーリーアメリカンスタイルの住まいならではです。

 

 リビング3.jpg
 床材は無垢のオーク材。無垢材ならではの肌触りは心地よく、そのぬくもりは裸足のままでも快適に過ごせます。また床材の表面には自然素材のアマニ油を塗ることで、汚れるのを抑えつつも、長い時間にわたる経年変化により、その色合い、質感は、住まわれる人ともに歴史を積み重ね、得も言えない表情に変わっていきます。

 

ダイニング.jpg
 キッチンのすぐ横に設けられたダイニング。壁際にはカウンターも設けられ、家族がいつでもゆっくりと語り合うことができるスペースとなっています。ミッドテリアにつながるドアを開け放てば、心地よい風が入り込み、天気のいい日はそのまま食器を持ち出して、外での食事も楽しめます。



キッチン1.jpg
 アイランド型のオープンキッチン。背部には大きな窓を設け、さらに天窓も採用しているので、いつも明るく輝いているキッチンです。リビングに向いて作業を行いながら、家族との会話も楽しめ、また、子だもたちとお菓子作りを楽しむのにも余裕のスペースです。

 

タタミコーナー.jpg
    フローリングの中央部に薄畳を敷いたモダンなタタミコーナー。
    お客様をもてなす部屋として、親戚や知人が来られた時にお泊りいただく部屋としても重宝します。

 

主寝室.jpg
 屋根の傾斜を生かした天井、寝転がりながら空を楽しめる天窓、アティック(屋根裏)の主寝室はもっと空を身近に感じ、もっと暮らしを楽しむための空間です。居住スペースとして、天井高3mの余裕の、快適性を備えた空間で、屋根裏の隠れ家のようなワクワク感と星を眺めながら眠る夢のある時間が生まれます。
 この部屋には「明かりコントロールシステム」が採用され、就寝前、就寝中、起床時から日中、と3段階に自動で部屋の明かりをコントロールします。

 

書斎.jpg
 屋根裏の隠れ家のようなワクワク感のある主寝室の一画に設けた書斎。ドーマー窓の内側を利用した、ご主人様や奥様が就寝前にご自分の時間をゆったりと過ごす空間です。

 

子供室.jpg
 子供たちにも大切なプライベートな時間。自分たちの時間を大切に過ごしてもらうとともに、隣の子供室とは通り抜けできるウォークインクローゼットでつながっているので、子供たち同士は容易に行き来ができ、兄弟姉妹の仲はいつまでも仲良く過ごすことができます。